2005年10月31日

豚肉の醤油焼き。ブロッコリーのソテー。トマトときゅうりの漬け物。
0510311.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

また鮭

2005年10月28日

秋鮭。厚揚げとオクラとししとうの煮物。きゅうりのぬか漬け。
0510281.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

スパゲッティー

2005年10月25日

今日のお昼はスパゲッティー。シチューの残り物。セロリとりんごのサラダ。
0510251.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

トホホ研究会

2005年10月24日

・佐藤家来場の特典・
トホホな自分のトライアルライディングとイケてる選手のライディングを見比べて改善を研究する会
縮めて「トホホ研究会」
自分のトホホなライディングを理解し、日夜瞑想の世界イメージトレーニングをするようになります。
電車のホームで傘をクラブ代わりにゴルフの練習をするオヤジのように、通勤電車でもフロントホップのFサスを縮め引くタイミングと角度を考え勝手に体が動いてしまう…
あなたはすでにトライアルの世界へドップリとはまっているに違いありません。
夢のような世界へ!その扉はトホホ研究会にあります。
是非参加されてみてはいかがでしょう。

日時:不定期
場所:主に佐藤家
客員講師:佐藤クロ先生
費用:佐藤クロ先生を有頂天にさせる
資格:トホホなライディングをしているトライアラー
by yumuy at 15:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *

マリネ

2005年10月24日

安かったアジの小魚を大量に仕入れて揚げてマリネにしました。野菜もいっぱい食べられて日持ちもするしgooです。
0510241.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

Fサス・Rサスを動かせ!

2005年10月23日

ブッシュガードを完璧につける研究のため佐藤家へ出向く。

陽が出てる時にトラ車で走ると、皆に注目されます。
バイクの人々はもちろん、車の人も、ジロジロ見られます。車の中の犬にも吠えられました。
信号が赤の時、隣のバイクの人に「それどこに座るの?」と聞かれ「ないです」と答えました。
「それで公道走っていいの?」とも聞かれました。
代官山に近くなると今度は外車のオフ車でステッカーを一杯貼ったヤンキー兄ちゃんが2人。
また信号赤で一緒になったとき、発進の際ウィリーを見せつけられました。
やっぱり日中はトラ車で走りたくないかも…

やっとのこと佐藤家へたどりつくと、重傷患者の佐藤さんがガレージで待っててくれました。

前日にブッシュガードを装着はできてたんですが、やっぱりクラッチホースと干渉しそうな位置でした。
油圧クラッチの油をためている所からのホースの出方が、gasgasと他のバイクと違うようでした。
同じAJPって書いてあるのに。
で、そのホースの取り付け口の角度を変えただけで解決してしまいました。
私の中ではそんな方法は思いつかなかったー。

当初の問題のブッシュガードはすぐ解決したんです。が、恵比寿まで自走でがんばってきたのに、これだけじゃぁなぁ〜と思って、佐藤さんをこき使いました。

チェーンの張りが緩いと指摘され、チェーンを張り直し。
エアフィルターの漏れ箇所をシールド。
あとは…そういえばメーターが動かない。のはなんでか?
佐藤さんがよーく見ると線が細くて断線してる…
つなぎ直すことになったんですが、それが大変で、2時間くらいやってました。

整備が終わるとトホイケ研究会が始まりました。(詳細別途)

小川塾と黒山ケンイチ4のビデオを見てから、この前の道志の自分達のライディングを見ました。

小川塾では丸太越えから始まり1mはあるステアまで。
すべてリアタイヤを壁にブチ当てる!
自分のを見るとブチ当てる前にアクセル閉じてる。だから亀の子。
フロントを上げる時にも問題があって、ヨロヨロ振られずきちんと上げられないからタイミングとれずそのまま丸太へ突入。V字バランス体勢に少しでも近付けるように、きちんと上げられなきゃだめですね…
正しいステアの越え方の基本はなんとなくわかった。
でもきっとやっていくとそれだけではないなにかがあるはずだけど。

黒山ケンイチ4ではスタンディング〜リアホップ〜フロントホップ(〜ウーポンできるわけがないから見てない)
スタンディングはまぁ、がんばろう。
エンジン停止してる状態からのフロントホップ。うーんやってみたくなった。
だいたいFアップもできてないのはサスが使えてないせいだ。

と帰り際、すっかり暗くなってしまったが、佐藤家の前でフロントホップ練習。
全然できない。まるで黒山ケンイチの姉さんのように全然できない。
骨折している佐藤さんにささえてもらいながらやってもだめ…
まず、Fサスを縮めてないから反動が少ない。その小さい反動が来る前に引っ張り上げている。タイミングもズレている。
まずはフロントサスをしっかり縮めて後ろに引く。フロントサスを縮めて返ってくる反動のタイミングを探る。スッゲーフラフラ…かなり力が必要。だけれども2〜3回フロントホップが軌道に乗りはじめると疲れないらしい…
何度やっても疲れるし、はねてくれない…2回目以降は力はいらないということは、力ではなく、力を入れる方向が違うのか!ひっぱり上げたあと、Fサスの縮める方向の角度が甘くないか?だからFサスが力をいれないと縮まらないんだ!とちょっと気付いてやってみると、だんだんムダな力が抜けて来た。
そりゃ縮ます力は必要だけど。上手い具合にいくと循環する。でも一つ動作を怠ると悪循環、体力を使う。その差がすごいシビア…まだまだですがなんかきっかけは良くわかったかも。実践では全然使えるレベルではありませんが…

フロントアップの力の入れ具合イメージ図
FupFhop.jpg

そのあとはリアホップ
これも重傷の佐藤さんにリアを持ってもらってスタンディング。
それからやってみると…うーん…よく分かってませんが、とにかく
サスを踏み込んで反動を得る。これがちゃんとできません…

リアホップの力の入れ具合イメージ図
Rhop.jpg
アフター7に倉庫で練習だ!
by yumuy at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *

さんまのソテー

2005年10月21日

厚揚げと切り干し大根の煮物。昨晩余った天ぷらボール。材料がなくてあまり野菜を全部角切りにしてあげた天ぷら。あまり物のわりにはおいしいです。
0510211.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

¥100オンパレード

2005年10月20日

今日は激安弁当。ししゃも。厚揚げの煮物。きゅうりとカブのぬか漬け。ししゃもも厚揚げも¥100
0510201.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

ブッシュガード×トラ車

2005年10月19日

ブッシュガードをトラ車につける…これがなかなか一筋縄ではいかない。つきそうもない…

DSC00324.JPG
山遊びでは薮漕ぎをするといちいち左右のレバーが薮に引っ掛かり、失速して止まってしまう事が多い。
道志の沢では岩にクラッチレバーを当ててしまい、薬指を挟む。すごい勢いで挟まれるので激痛!3回同じことをして薬指が逝ったかと思った。
先日のギャロップでは森の中で結構速く走っている時に急にレバーにツタが引っ掛かり、思いがけなく急ブレーキしたもんだから体がついていかずに放り出されるところだった。
しかも治りかけていた薬指の打撲なのに、またクラッチレバーに挟んでしまう。
こんなのを繰り返していたら治るものも治らない…

トラ車といえどブッシュガードをつけたい!!と以前から思っていたけど、
トラ車にブッシュガードなんてフロントが重くなるからナンセンス!という声に負けていた。
がもうこれ以上我慢ならんっ。

トラの競技に出るならば外せば良い。
重さがどうのこうのという場合は、ライトだって外さなきゃ。
ちゃんと状況を把握して選べばいいわけだし。

ということで実行。
無くしていたブッシュガードの留め金をトシヨシさんからもらえたのでつけることができる。
しかしそのままポンッとつかなかった。
留め金を広げてハンドルにつけると、広げたのをきちんと閉じれなくてハンドガードの装着部にはまらない…

トラ車をいじるのはあまりやったことがない。
タイヤもはずしたことがない…
ハンドルだってはずしたことがない…
けどハンドルをはずさねばならなくなった。

まずはマーキングから、エンドキャップ、アクセルホルダー、でんでん虫、キルスイッチ…とどんどんはずしていく。

キルスイッチとともじめになっていたアースはむき出し…
DSC00321.JPG
留め金をハンドルエンドからいれていくとギリギリはいるかはいらないかの直径でちょっと開いてやって無理矢理入れた。
が、左のクラッチホースと干渉してブッシュガードがつかない。
ホースとブッシュガードのハンドルに対する角度が一緒。余裕もなく、付きそうにない…ということがわかった。

ここでこんな初心者が思考錯誤しても時間がかかるだけなので、
確かkomaさんがプラスチックのハンドガードをつけていたのを思い出し、聞く事にした。

今日はここまで、おやすみなさいzzz…
by yumuy at 20:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>整備 | *

また鮭

2005年10月18日

鮭、きのこと絹さや炒め。カボチャそうめん。ミョウガの酢漬け。
0510181.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

05'HG-ED in 加山

2005年10月15日

今年もisgkさんに誘ってもらいました。本田の運動会。
毎年加山キャプテンコーストで行われるEDレース。マジになってはいけません、これは運動会。で、一番楽しんだものが勝ち!

今年のisgkさん、自前の万全なCRF230で、私とO里さんを誘い3人で楽しむ予定でした。が!、不慮の体長不良の為、見学にまわることに…
で、急きょO里さんのCRF230が出されることになりました。
最初は出場を見送ろうとも思っていたのですが、商品が結構良いので商品狙いで私達2人が走る事になりました。

05HG306.JPG

いつものように関越道のトンネルを抜けるとやっぱり暗い…天気優れず、雨模様。
駐車場について、isgkさんと合流して、さくさく用意をしていると、隣の人から「美女軍団ですか?」と女二人で出走するのに驚いてました。ですが、O里さんがいてくれたおかげで全然不安には感じてませんでした。

着替えたり、ピットに行ったり、バイクの準備をしている時は雨は小雨、もうちょっとでやみそうな雰囲気でした。

05HG307.JPG
まったりムードのスタート前

HGEDのスタートは普通のレースとは違います。
エアクリーナーを外しておいて、スタートと同時に装着してから走り出したりします。
それがシートだったりした時もあります。
今回は、その脱着が難しいCRF系が多いせいか、スキー場中腹から走って下りてきてバイクに駆け乗る、というスタートでした。

トップバッターはもちろんO里さん。私の場合帰って来れないで、またバトン渡せず…っていうことがあり得るのでO里さんにお願してしまいました。

スタート!旗が降られると一斉にヘルメットかぶったライダー達が斜面を駆け降りてきます。
かわいいです♪
中にはバイクに乗らせたら凄腕もいらっしゃいますけど、かわいかったです。
05HG312.JPG05HG313.jpg05HG314.jpg
普段走らない安っさんが走ってる!

そのままピットアウトの所で待っているとすぐにO里さんは帰ってきました。おっ速いっ!
その時には雨は止んでいて、難所もなく、どうも走りやすそうな勢いでみんな周回していきます。

3周、4周した時点で交代。
そして本格的には初めてCRF230に乗らせてもらうことになりました。
05HG309.JPG
CRF230 O里号

230が出た当初、スト辺さんやヤマザキさんが感動したこと。ちょっと私も味わいました。
そのちょっとが、私にとっては異次元でした。

どこでもトコトコ登っちゃうのはズルいです。
少しガレ坂の渋滞
takeさんが嬉しそうにスタックしている人達を助けて?ました。
以前、HGの時に230で見事な轍切りをしているtakeさんを目にしていました。
あんなことは絶対できん。と思ってました。
それが今回スタックをしている人をスルスル避けて登って行けた。なんとなく小さい轍切りもできた。
こんなこと今まで出来た試しはありません。いっつも渋滞の後方にいて坂を見上げて開くのを待ってたのに。だいたい坂でうねうね方向を変えながら上っていくなんて考えられなかった。それでも2回転けましたけど…
坂道発進もすごく楽。ヌタ場でも全然登りそう…でもヌタ場は修羅場だろうなぁ。

安っさんすごいよ〜と思って走ってました。
はじめて座って乗れるバイクでした…。なんで今まで座れなかったんだろう???って思う程。
ここにも安っさんの血が流れているのかー?と思ってしまいました。

下手なやつこそ、良い筆を持たないと上手くならないわけで、230はEDをきちんと学びたい人にはぴったりな感じがしました。ストレートで加速、コーナー減速ブレーキターンアクセルターン加速…坂道発進・後輪グリップ・ギャップ処理…フロント・リアサスの衝撃の吸収と挙動。それが感じられる。ということはそれらを考えて乗れるわけで、同時に自分のダメさ加減もよーくわかる…泣。もっと良くしよう、こうしよう…バイクとともに自分の目標を一つ一つ上を目指せる。だから楽しいバイクでした。
あとはリアブレーキがピキンっと効いてくれたら嬉しいな。

4周かな?した時点でまた交代になりました。
ここでホース監督はいつものように頼りになりません。
タイムキーパーしてくれないので、O里さんは笑いながらドンドン周回を重ねます。1時間半くらい走ってました。すっごい楽しかったみたいです。単調なコースにtakeさんが罠を作ったおかげでした。

そして残り時間は私が走ることになりました。
十分満喫。疲れもいつもY2とか山遊びをさせてもらってるせいかあまり感じません。
そしてゴール!

さてどんな商品が当たるのか楽しみです。

が…

37/97位、ぞろ目賞・5飛び賞・ラッキーセブン賞、全部はずれ。
しかもその後のじゃんけん大会でもみんな負け。
それでもミカン一箱、ビール一箱いただきました!

お決まりの温泉に行って、ゆっくりその日の楽しかった事で話が盛り上がり、湯沢の町でご飯を食べて、isgkさんに送っていただきました。オプションのドンキーでは久々にソフトクリームを食べてしまいました。23時なのに…
05HG316.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>race | *

きのこの炊き込みごはん

2005年10月14日

卵焼き。手羽元とこんにゃくの煮物。レバーのカレー粉炒め、漬け物。
0510141.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

秋鮭

2005年10月13日

秋鮭、インゲンと椎茸のいためもの。キャベツときゅうりのぬか漬け。
0510131.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

炒め

2005年10月12日

筍レンコンとちくわ炒め、とり肉のカレー粉炒め、キャベツときゅうりのぬか漬け。
0510121.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

代田村選手権 in 真壁

2005年10月09日

トライアルは頭脳ゲームだと気付き、目の前の道のりがまた長くなり、先が全然見えない。
だから楽しいのか?
makabe01.JPG

初真壁。
以前ジッタのセローで教えるトライアル?ビデオで見ていたように、真壁は岩盤と岩だらけだった。
先週ギャロップXのEDレースに出ていたせいでスピード感覚で乗り込んでしまったので、全然体が高さを乗り越えるようなトライアル感覚になっていない。

ちょっとした高さの坂でも行けるのか行けないのか自分が迷っている。
トラ車は全然行けるのに。
岩岩のガレ場ではいつも私だけ引っ掛かって止まってしまう。
岩一つの段差が高い…と感じてしまって、その度にフロントを上げなきゃ、と思い、
上げられない自分は止まってしまう。

チーム分けで、私以外の人々はみんな上手かった。
うーむ…いつになったらこんな走りになれるのか…これはいつも思うこと。
しかしそんな人の通る道は行けるはずがなく、自分が行くクラシックラインがどこを行けば良いかわからない。
ラインにはクラシックとチェレンジがある。チャレンジは難しいラインで高さがあったり曲がり角がきつかったり路面がわるかったりする。クラシックはその道をもっとひろげて、その中ならどこでも通ってOKというライン。
ラインを見る頭も必要だった。
しかしなにぶん経験がないのでどのラインが行きやすいかが全然わからない。



1周目は平たんなライン、高さがないライン、岩にあたらないラインを選ぶ…何故かわからないが、ひっかかる。曲がれない。
2周目も……これはおかしいぞ。違うラインがあるのか?と2周目を終えてようやく気付いた。
3周目は違うラインで…とコースをまじまじ見て考えるが、ここも高さがあってだめ、ここも岩があるからだめ、と岩があってフロントを上げなきゃいけない所は削除すると1周目のラインになってしまう。ラインが見つからないので1周目2周目とも同じラインを行くとやっぱりだめ。

makadai01.JPGmakadai02.JPGmakadai03.JPGmakadai04.JPGmakadai05.JPGmakadai06.JPGmakadai07.JPGmakadai08.JPGmakadai09.JPGmakadai10.JPGmakadaia1.JPGmakadaia2.JPG

その途中でアドバイスをいただいた。「ここの岩にフロントをあてて、ターンしていけばいい」
フロントタイヤは岩を乗り越え、リアタイヤはグリップがいい場所を通す。
言われてできるわけでもなく、やっぱり足をついてしまう。むむぅー

と、できないことばかりがわかっただけで終わってしまった。

悔しいので7secを練習することにした。
スタートから岩盤を下って、ちょっとした凸凹のあるタイトな曲がりをターンしてそのまま元の位置に坂を上っていく。
そのタイトターンが大きくなってしまい曲がりきれず、登るところで止まってしまう。
先人に、フロントをこの岩の上に通して曲がるんだ!と見本を見せてもらった。
おぉ!初成功〜
やっぱりフロントを一番平たんな所に通そうとして大回りになってしまっていた。
リアをいかにいいところに通すか…それを考えなければ先がないとわかった。
けどフロントアップができない自分は、やっぱりフロントをそんな岩の上に上げたりグリップの悪いところに通すのは怖い。

しかし、当初止まっていた岩岩のガレ場を何度も行くうち、だんだんガレになれてきたのか、徐々にではるけれど止まらずいけるようになり、スムーズにいけるようになり、速くもいけるようになった。
トラ車はこんなところ行ける…とだんだんトラ車を信じられるようになってきた。それとともにトラ車が好きなくせに、全然信用してなかった自分にも気付いて悲しい…

代田村選手権表彰。
また佐藤さんに負けてしまったが、その佐藤さん、表彰されてもいないのに、シャンパンをぶん取って飲んでいる。止めておけばよかったー。
その後、2secで練習が行われた。
makadaia3.JPG
成田さんに、ウータンラインを作ってもらい、猛練習。
やっぱり曲がれない。行けない。上がれない。うーん…
とここで伊藤さんにラインを教えられる。
このターンで次の場所に行くには、この岩にフロントをちょっと乗っけてリアはここを通す。
っていわれればわかるけれど、言われなきゃ全然わからない。ラインが読めない。
ラインが読めないのは置いておいて、やってみる。
フロントを岩に通すのが怖くて曲がれない。何度も練習するうちに1回まぐれでも出来た!
2回出来た!、そうかこうやって通るのか!とそのラインだけわかったが、まだラインは読めない。

lineiwa.jpg

ラインを見つけるには頭をものすごく使うことがわかって、ラインが読めるようになるのか、この先がとっても長いことにも気付いて未来が重くのしかかる。ゴールを決めてたわけでもないのに、ゴルフのグリーン上のカップの旗が山の奥へと消えて行ったように感じた。


ラインを読むには経験が必要。

リアの通る場所を考える、それにはフロントをどこに通したらいいのかを考える。
フロントはどんな険しいところでも行く能力がある。フロントさえ行かせればリアはついてくる。
逆にフロントが邪魔をし、リアは行かなくなる。

んー勉強になったなぁー

そんな中、佐藤さんは大岩に挑戦し、背中から落ちて岩に強打し、骨折してしまった。
車に乗るのもなんとも痛そう。背中がまげられない。背中をねじれない。思った方向に顔を向けられない。そのうち冷や汗が…熱だ。薬を飲んで、ちょっとだけ回復したのかギャグが出てくるようになったけれど、息をするのにも痛いのに、笑うともっと痛そうだ。
その後病院に行った佐藤さん。ろっ骨骨折4本!そりゃー痛いはずだよ。
飲酒運転は控えましょう。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *

小林さんからのいただきもの

2005年10月06日

オイスターのバージンオリーブオイル漬け。血液さらさらにするそうです。
0510061.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

ボリューム感

2005年10月04日

チンジャオロース。鮭。昨日余った天ぷら。
0510041.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *

gallopX2005

2005年10月02日

行ってきました、ギャロップX2005。

gallopX05.jpg

雨乞いをしたんですけど、すずめの涙くらいしか降りませんでした。
ギャロップFUN-C 約7km
森の中を越えて、中坂、キャンバーターン、ウォッシュボード状になった轍、それを抜けると広大に広がる牧草地、油断をしてると長い坂、登って下って、疲れた最後は林の中でハンドル一個分しかない木の間をすり抜け。そんなコースでした。
晴れてるEDコースをトラ車で走ってみて思ったのは、佐藤家で見た自転車レースのような感じで楽しく走れました。
みんなが言う程、トラ車でああいう所を走るのは首を傾げるようなもんでもなくて、トラ車でも十分速く走れました。ただトラ車自身が壊れるというのを除けば…

まずXR250と違って走ってれば疲れない。XR250は走ってても重くて腕があがっちゃう。
タイトターンが得意。XRだとボテ転け。
立ち上がりが速い、きもちいいー。
ちょっとしたギャップにも前後のサスがきちんと吸収してくれる。
迂回路を見つけて迂回できる!
でも操作がシビアなので一個間違うととても怖いことになる…2、3突っ込みそうになった。
で、まだまだなのがハイスピードでのギャップの処理の仕方。
後輪のサスを使いながらポンポン超えなきゃならないのはわかったんだけど、どういうタイミングでどう動けばいいのかわからない…
あとブッシュガードがないから数回ツタに絡まって転ける…また薬指をレバーの間に挟む!すげー痛い。ブッシュガードの金具もらったからつけるぞ!と心に誓う。

そんな中…抜かすチャンスがっ、と気負ったが最後、まっすぐのストレートなのにちょっとしたギャップにハンドル取られてハイスピードで転けた。
アクセルホルダーがハンドルの内側に行っちゃってデンデンムシ壊れて、走れるのか?と思ったけど、「一周しなきゃだめ」とマーシャルに言われたのでそのまま行くことに…まぁオカシイけど、走れたので、もう一度ピットに行って自分でヘキサゴンレンチで直す!、気付いたらキャメルバックの水がこぼれて0!一口も飲んでない!!でも飲む暇ない!で、もう2周いって終わりました。大コケしなきゃ7周走れたのに!
あーもう一周できたのに!とはじめて周回にこだわった程、楽しく走れました。

ガスガスよく見なかったけど、壊れてなきゃいいけど…クラッチが不安…

今回のギャロップは主催者達のすごさを感じるレース・コースでした。
本当に気持ち良かった。
屋台も出てて、川内の地ものが安く買えて嬉しかった。
どんどん良いレースになっていってます。
八木澤さんお疲れ!
by yumuy at 10:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>race | *

ギャロップランチ

2005年10月02日

ギャロップのお食事。は豪華!今回は松茸おにぎり、とり肉のちまき、豚汁。ちまきがとっても美味!青空の下で絶品お昼をいただきました。
0510021.JPG0510022.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono* | *