里芋の煮っ転がし

2006年08月31日

0608312.JPGこれ、入院する前のお昼ご飯。
筍ご飯、里芋の煮っ転がし、山芋のあんかけハンバーグ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

最高においしい茶碗蒸し

2006年08月31日

0608311.JPG小林さんからまたいただいた。茶碗蒸し。
こんなにおいしい茶碗蒸しは食べたことがない!くらいおいしかった。
生地は口にいれるた途端、出汁がふわーっとひろがる。全然固体じゃない。
いろいろ具も入っているけれど、出汁がものすごくおいしい。
茶碗蒸しは苦手だったんだけど、こう作るとすごくおいしいんだなぁ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

都市対抗野球

2006年08月30日

今年もこの季節がやってきましたね。
このブログを始めたのもこの前年の都市対抗野球らへんから。
ということは祝一年!(というのに、入院してしまうとは…)
baseball0608.JPG
さて今年は行く気は全然なかったのですが、isgkさんから再び誘われ、O里さんも来るというし、東京ドームは会社から歩いて数分。
顔出ししちゃいました。が、最後。
野球そっちのけで話に花が咲いて、近くの中華料理屋で盛り上がりました。
揚州商人
ここで佐藤さんが言ってたスーラー湯麺をはじめて食べたけど、おいしかった!
しかもmixiでおいしいって情報が沢山あったここの杏仁豆腐もすごい濃厚でおいしかった!黒酢チャーハンもおいしかったなぁー。ここ合格!
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

たぶん鰯

2006年08月30日

いやぁー入院しているうちに何食べたんだか記憶が薄れていってしまってます。
0608301.JPGたぶん鰯のソテー、いんげんともやし炒め?
トマト、きゅうりと茄子のぬか漬け、生姜の酢漬け。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

夏野菜

2006年08月29日

0608291.JPG夏はさっぱり酸っぱいものが食べたくなる。
レンコンの酢漬け、きのこご飯、これは小林さんからのいただきもの。
ブロッコリーとパプリカとジャガイモのサラダ、ゆでとうもろこし、きゅうりと茄子のぬか漬け、プチとまと。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

型がはずれた

2006年08月28日

unacasa08281.JPGunacasa08282.JPGunacasa08283.JPG
ほとんど型枠がはずれました。
unacasa08284.JPGunacasa08285.JPGunacasa08286.JPG
3Fは支柱がいっぱい残ってるけど。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

光の館

2006年08月25日

04nakag01.jpg

再びやってきました、光の館。
04nakag02.jpg04nakag03.jpg
私はこの作者ジェームスタレルのおっかけでもあります。
今回は同泊の方が他に2チームいらっしゃるようです。
5人+2人+3人(私たち)=10人がこのアート施設に泊まります。
普段は美術作品として公開しているのですが、予約をして宿泊ができます。
到着したときは誰もいらっしゃってないようでした。
一応チェックインしてこのあたりを散策することにしました。

04nakag04.jpgここら一体はナカゴウグリーンパーク。

04nakag05.jpgキャンプもできる公園なのです。この公園内にはいろいろ作品があります。
まずコテージ。光の館と同時期にできたものですが、石井大吾という建築家の作品。
一度は泊まってみたいなぁ。


じつはモトクロス場が近かったりして、もしかすると新潟のレースとかあったりするのかも…と思ってます。
とゆっくりしていたらsunsetのイベントに間に合わない!車を飛ばして光の館へreturn!!


Sunset Sunrise

光の館に見学という形ではなく宿泊にこだわるわけ。
それは宿泊しないと体験できないイベントがあるから。
そのイベントとは2つあります。
光の間という部屋で体験する「日の入り」と「日の出」の色の移り変わりによる錯視を体験する事。
そして体が発光するお風呂。

このジェームスタレルという作家は光をテーマにした作品を作り続けています。
建物内もこだわった照明の明るさが随所に見受けられます。

2504hikarimaa01.jpg2504hikarimaa02.jpg2504hikarimaa02.jpg2504hikarimaa04.jpg2504hikarimaa05.jpg2504hikarimaa06.jpg2504hikarimaa07.jpg2504hikarimaa08.jpg2504hikarimaa09.jpg
光の間は天井部分の正方形が開閉します。
そして白い壁には間接照明があてられているのですが、これが外の光と連動して変化するのです。

3年前は雨で残念ながらこの体験はできませんでした。雨が降ると天井が開けられないからです。
でも今回は真夏の太陽が照っています!
無事イベント開始。
天井を開け、みんなで寝そべって上を見上げます。

写真取り忘れた。ごめんなさい。

まず、青空が広がります。
太陽が沈み始める頃、妙な現象が起こります。
青空の四角の際がやけにスカイブルー。まるで色を乗せたよう。
そしてそれは視点とは逆の方向の四角の際によくあらわれます。
目を動かすとそのスカイブルーのある位置が動くのです。

2504hikarimaa10.jpgそれと同時にあらわれるのが補色みたいな効果。
部屋の間接照明があたっている白い部分、これも正方形の際がやけに黄色です。
しかも視点の方向の際がすごい黄色。
こんなかんじ。


それが日の入りと連動して変化します。それがおもしろい!
どうおもしろいかは体験してください。

そして空が真っ暗になり、一番星だけが輝いている状態になったら部屋の明かりを消します。
その瞬間、うわっ!と広がる星空。…やられてしまいました。


タレル風呂

2504hikaribath01.jpg地下に行くとお風呂があります。
お風呂の手前にはとても美しい空間。そこを右手に曲がると真っ暗な部屋。

2504hikaribath02.jpg青い光の入り口がお風呂です。


お風呂に入ると真っ暗です。真っ暗で入るんです。
真っ暗なのでわからないと思いますが、こんな感じの浴槽です。
2504hikaribath03.jpg2504hikaribath04.jpg
浴槽に入ると入った部分だけが光ります。
浴槽の脇に光りが仕込まれているんです。

裸はお見せできませんが、足をなんとか撮るのに成功いたしました。
2504hikaribath05.jpg

それほど微妙な光です。
水につけた部分はまるで白タイツをはいたみたい。
何度入ってもおもしろい。
2504hikaribath06.jpg浴槽から入り口を見てもとてもきれい。


さて種明かし。
2504hikaribatha01.jpg2504hikaribatha02.jpg2504hikaribatha03.jpg
明るくするとこのようになってます。
おしゃれです。

浴槽は石で出来てます。
とても肌触りが良い。
洗い場と浴槽の高さが一緒なので洗った水が入らないように気をつけねばなりませんが、とてもおしゃれな浴室です。

2504hikaribatha05.jpg他にも自炊ができるようキッチンは充実しています。
食器やナイフスプーン、オーブンレンジ、IH。食材以外揃っています。



十日町のお祭り
2504maturi01.jpg

私達はお風呂の後、外食のため十日町市街にでました。
昼食の時に気付いたんだけど、今日はお祭り!的屋さんがいっぱい並んでました。
わにつりってなに?
2504maturi02.jpg2504maturi03.jpg2504maturi04.jpg2504maturi05.jpg
ここでちょっと遊んで、近くのご飯屋さんに入りました。
前菜屋たんと 安い旨いサービスgoo!しかもすごいイケメンばかり、新潟ってすばらしいかも。

そしてライトアップされているという山奥の作品へ。
あたり真っ暗、どこだよっ!と迷いつつ行ったのにライトアップされてなかった!
残念ー。友達は怖がってたのにごめんよ。
私は蜘蛛の巣にひっかかった。ぶべっ。


眠いSunrise

日の出は3:47。眠すぎる。けれど見なきゃもったいない!
一番大人数の岡山からお越しの木口さんグループは光の間で就寝。
日の出の時間だけお邪魔してみることになりました。
今回は写真撮っておきましたぞ。長いです。スクロールして見てください。
2504hikarima01.jpg
2504hikarima02.jpg
2504hikarima03.jpg
2504hikarima04.jpg
2504hikarima05.jpg
2504hikarima06.jpg
2504hikarima07.jpg
2504hikarima08.jpg
2504hikarima09.jpg
2504hikarima10.jpg
2504hikarima11.jpg
2504hikarima12.jpg
2504hikarima13.jpg
2504hikarima14.jpg
2504hikarima15.jpg
2504hikarima16.jpg
2504hikarima17.jpg
2504hikarima18.jpg
2504hikarima19.jpg
2504hikarima20.jpg
2504hikarima21.jpg
2504hikarima22.jpg
2504hikarima23.jpg
2504hikarima24.jpg
2504hikarima25.jpg
2504hikarima26.jpg
2504hikarima27.jpg


すがすがしい朝食
2504breakf01.jpg

朝食は縁側?でいただきました。
2504breakf02.jpgキッチンがあると知っていたので、チーズとエスプレッソを用意してきた。
眺めも最高。信濃川とその後ろの山の風景が広がります。
幸せじゃー。



アンケート

光の館でアンケートのお願いをされました。
やはり今回が最後ということで、続けていくとしたらどうしたらいいのか、というアンケートでした。
行政からの援助や、ボランティアの力、住民の力、いろいろとそのアンケートにはこのトリエンナーレの裏側がかいま見えました。
これは良い資料になる。と思い、アンケートをいただけるようお願いしたら、作成された事務局の方に話しを通していただき、その事務局の方の連絡先もいただきました。しかも事務局の方も是非お話したいとおっしゃっていただけたんです。うーん、これも縁?


ルームシェア
2504roomsh01.jpg

同じ日に宿泊したという記念に一枚みんなで写真を撮りました。
そこでお互いの事をちょっと話したらビンゴ!
なんとこの真ん中の男性は岡山の廃校に住む家具作家さんだった。(左隣お二人はご家族)
お名前は木口秀一さん
廃校に住むということ、どんなんなんだろう?
家具職人として生計を立てる、どういう大変さやおもしろさがあるんだろう?
いろいろ聞きたい。
そしてこの手前のロマンスグレーの女性は木口さんの作品を扱うギャラリー栂(とが)のオーナー栂さん。(右横は娘さん)
なんかすごい縁を感じた瞬間でした。
連絡先を交換したので、話を聞いてみたいと思います。
地中海博物館(四国の直島)とあわせて訪ねてみようかな。新しい目的ができちゃった。

つぎは沢山の作品を周ります。
お楽しみに。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | arte | *

越後妻有トリエンナーレ大祭01

2006年08月25日

詰め込んで満喫しすぎて疲れちゃいました。
もう鳥肌立ちっぱなし、感動しっぱなし、驚きっぱなし。
ほんと行って良かった。

多摩美の同窓会
今回は多摩美の同級生だった友達2人と一緒の旅。
当初は5人だったが、みんな予定があわず、、、。
朝6時に柏で待ち合わせ。
免許をとったばかりだという取手の友達の軽で行くのだ。
軽はキャロル。とっても小さい。車の運転は大分慣れたから私が…と思ってたけど、
前日にマニュアル車だということが発覚して青ざめた。
一応MTで免許は取った。けれど教習車意外でマニュアル車を運転したことがない。苦笑
ということで柏から関越練馬を目指し取り立てほやほやの「赤沢ちゃん」にドライバーになってもらう。
しかーし渋滞で外環に入れない。遠回りして3時間かかってようやく練馬到着。
もう一人の友達「もえちゃん」と合流。なんと3時間も待たせてしまったー。

ごはんがおいしい妻有
関越道は順調そのもの。1時には新潟六日町に到着。そこから十日町へ。
まずは狙っていた天丼屋「志天」へ。十日町駅の目の前にあります。
天丼がおいしいです。実はここ十日町市は山間だけど新潟の海もあるので山の幸・海の幸が豊富。米もおいしいときたもんだ。

最後なの?
おなかも一杯になったところで十日町のキナーレでパスポートをもらう。このパスポートはスタンプラリーになってるんだけど、その数なんと360!360個の作品があるのだ。
これはすべてが今回のトリエンナーレで作成されたものではなく第一回目の2000年から固定で常設されている作品を含めての360個。2000年、2003年、2006年…
これからずっと続いていったらどうなるんだろう〜。ふと表題に目をやると「大祭」とある。「大祭」その意味は、最後ということだ。
2000年に行政の支援を受けるにあたって、3回ということが条件だったらしい。
3回でほんとに終わっちゃうの?ってみんなが疑問に思うくらいにだんだんと充実したイベントになってるのにもったいない。

最初の作品へ
十日町市外から車を走らせる。山道に入るとすぐに最初の作品。
車からおりて矢印の示す作品のある方向へ歩いていると、初老の夫婦が同じようにその作品に向かっていた。
「こんにちは、暑いですねぇ〜」と声をかけると「どこからお越しになったの?」とおばあちゃんが聞いてくれた。
その初老の夫婦は地元に住んでいて休みにトリエンナーレを回っているらしい。
「休みにゆっくり回れていいですねぇ」とうらやましがったら、
「一生懸命いままで働いてきたんだから楽しませてよぉ」と自慢されてしまった。
この夫婦にちょっといろいろ聞いてみた。
新潟の大震災のこと、ここは小千谷の隣町なのだ。でもそんなに大きな被害はなかったらしい。
そして当初のトリエンナーレのこと。やっぱりだんだんトリエンナーレも成長してきて、回を重ねるにつれ楽しくなってきているとのこと。
いろいろ聞いていると「ここに来なさいよ」と移住を勧められる。ん〜、楽しそうだ。
さて、作品。

250101SpiralWorks.JPG

▲戸高千世子 (日本)Chiyoko Todaka
山中堤 スパイラル・ワーク Yamanaka Zutsumi-Spiral Works(作品番号:9)
"雨や雪代水を集め、棚田を潤す溜池。その溜池にパネルを浮かべ、陶とガラスによる壺の「花」を約200個咲かせる。土からうまれるやきものと作物。山道を歩いて目の前に広がる光景、その静かな時間。"

250102SpiralWorks.JPG水辺にたたずむ白いサギのような姿。
サギの上のにはガラスでできた水のよな溜まり。
水に浮かぶパネルは風で動く。気持ちよい作品だ。
ちょうど作家さんもいらっしゃって解説を聞けた。(一番左の女性)
作家と見る側が近いのもこのトリエンナーレの良さだと思う。


炭化
さて、今回の同行人の紹介。
2502moe&aka.JPG右がもえちゃん、絵本作家を目指して修行中。子供の行動を学ぶため、保育園に勉強に行っているらしい。
左が赤沢ちゃん、もと「あずみ」の制作アシスタント、現在漫画家デビューを目指して奮闘中。


さて次の作品。ぼろぼろで良い雰囲気の空屋におかれた作品。
丹念に描かれた日本画の蓮。周りには蓮がちらばっている。裏側には枯れたあとの蓮の絵。
250201lotusland.JPG250202lotusland.JPG
▲松岡真澄(日本)Masumi Matsuoka
蓮渡り-逸楽郷へlotus land(作品番号:10)
"照りつける夏の陽光のもと、蓮の大輪が咲き匂う。秋、ハチスが落ちて立ち枯れた蓮池は、寂しさをもたらす。表裏二面に描かれた六面半双の屏風が、ハチスの敷き詰められた池の上に浮かび上がる。"


2Fにあがると見たかった作品が。
彫刻によって面白い形になった木を炭化させてもの。重厚感とともに、面白い質感を醸し出している。この近くに炭化する工場があって800度の高温で一気に炭化するらしい。
250201PHOLOGISTON.JPG250202PHOLOGISTON.JPG250203PHOLOGISTON.JPG250201moe.JPG
▲山本浩二(日本)Koji Yamamoto
フロギストンPHOLOGISTON(作品番号:11)
"ブナ、ミズナラ、トチ、イタヤカエデ、ケヤキ、クリ……。越後妻有の山や里を象徴する約30種の樹木を焼成し、炭化させる。炭と灰になった樹木は、新たな美しさを獲得する。その肌合いや風合い。"

250201moe&aka.JPG250201e.JPG
2Fの窓から外に広がるのは田園風景。黒い陰と田んぼの緑のコントラストがすてき。
階段を降りるところには地元の子供たちが描いた絵が貼られていた。



ここは南米?
太陽が近くて暑い。そんな光景が目の前に。土を掘って作られた作品だ。
中に入ってみると確かに大地を掘られて作ってあって、ここから私たちは生まれて排出され育てられているのかな…などと考えてしまう。
陰の黒さと土の色が強さを感じるなぁ。
250301placenta.JPG250301placenta.JPG250303placenta.JPG250304placenta.JPG250305placenta.JPG
250306placenta.JPG250307placenta.JPG250308placenta.JPG
▲古郡弘(日本)Hiroshi Furugori
胞衣 − みしゃぐちThe placenta-Misyaguchi(作品番号:12)
"3回目の参加となる。特に下条の住民と共同で田の土でつくりあげた土の家、2003年の「盆景-U」は感動を呼んだ。今回も、土地の力を持ち上げ、過去から未来をつくるような空間をめざす。"

空家プロジェクト
この土地は過疎が進み、また高齢化により空家が増えているのです。
それに輪をかけて新潟の震災で空屋が廃屋になりつつあります。
そんな状況の中、今回のトリエンナーレでは空家を再生しようというプロジェクト生まれました。
これがかなりおもしろい!大胆なことやってしまうアーティストだからこその発想。
それに加えて地元の大工さんの技術的協力。
新しい命を与えられた家が沢山ありました。
その最初の空家。
2504akiya01.jpg2504akiya02.jpg2504akiya03.jpg
家の玄関はあけっぴろげ、そこにはすてきなかまどが! つられて入っていきます。
2504akiya04.jpg
2504akiya05.jpg
2504akiya06.jpg

かわいいー、すばらしいぃー。こんなの見たかったんだよぉ。
2504akiya07.jpg2504akiya08.jpg2504akiya09.jpg2504akiya10.jpg
かまどの脇には台所があり、この土地のおばさま達がちゃきちゃき働いてます。
忙しそうだけど、半分は井戸端会議に忙しいみたいです。笑

2504akiya11.jpg2504akiya12.jpg2504akiya13.jpg2504akiya14.jpg
2Fに上がるとそれぞれ小さな部屋に陶器が展示されています。
金箔の部屋、白い陶器の部屋、けっこう斬新な陶器達。

2504akiya16.jpg2504akiya15.jpgお風呂も!おしゃれ。陶器の床になっています。色の変化が美しいっす。

ここは喫茶になっていて、お食事もできるし、甘味もいただけます。すべておばちゃん達の手作り!おいしいもんばっかり。
2504akiya17.jpg2504akiya18.jpg2504akiya19.jpg2504akiya20.jpg
ということで、手作りアイスクリームとコーヒーゼリーなどをいただきました。
食器はここで展示されている作家さんのもの。スプーンも漆塗りでできてて舌触りがいい。
アイスクリームは生クリームの味が濃く、ほんとおいしかった!

さて、他にも色々と作品をみて、本日の宿泊「光の館」へgo!
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | arte | *

FireWire壊れる

2006年08月23日

知らないのが悪いのか。。。泣
FireWireポート2基が突然お亡くなりになってしまった。

状況はOSXでMOドライブをバスパワードでFireWireからつなげていた。
それをイジェクトしたらずっと待ち状態になってしまったので、MOドライブを電源オフにしたのだ。
そしたらいきなり認識されなくなってしまった。

まず、システムの機能拡張系がやられたのではないか?と思ったけど、OSXを再インストールするもダメ、OS9でつなげてみるもダメ。
次にMOドライブを疑ってみたけれど、会社のMacで認識できた。壊れてない。

検索でようやくたどり着いた答え。
FireWireポートの破損。

通常FireWireは起動中につなげたりはずしたりできる装置のはずだけれど、
私のMac+FireWireMOドライブ+バスパワード+OSX で破損する状態が起こるそうだ。

OS9では全然壊れなかったのでOSXにしたせいだと思うんだけど、
そんな情報知らなかったのでやってしまった。
むぅーFireWireが壊れるとiPodもマウントしない。。。困った。

修理となると、ロジックボード交換で直るって話だけど、52000円だって(苦笑)
代替案はPCI拡張スロット。まだ拡張したことないけれど、やってみるかぁ。これなら1万でおつりがくるもんな…うぅ。。。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | computer | *

felt ballの携帯入れ

2006年08月20日

携帯入れがどうしても欲しくなった。
前使ってた携帯入れをなくしてしまってから、不便だ。
ポッケに入れようにも大きすぎる。
よっしゃー作るぞ。

と張り切るが、、、
ぬぅー、ひさしぶりに作ったら収縮率が思った以上に高かった…模様がうまく出なかった。くじけぬぞ。
felt0820.JPG
by yumuy at 23:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | mia arte | *

3Fコンクリ打ち

2006年08月19日

unacasa08200.JPG

コンクリ打設がすべて終了しました。無事終わりました。
父ちゃんこれで一安心。
設計段階から遅れに遅れて、今年の1月にとにかくはじめちゃいましょうーとなって、当初はコンクリ打設が2月終わり頃。冬にコンクリを打つ時は速乾剤を入れるため少し高くなる。けれど結局は梅雨〜真夏になった。

さて、2Fの階段からあがってみました。
unacasa08203.JPGunacasa08204.JPGunacasa08205.JPGunacasa08206.JPG
たくさんの鉄骨がくまれています。天井を見ると水分がしみ出している。

3Fは斜線規制があるので部屋が小さくてバルコニーがあります。バルコニーに出てみました。
unacasa08207.JPGunacasa08208.JPGunacasa08209.JPGunacasa08210.JPG
ちょっと開放的?、でもしっかり重厚感ばっちし。

1Fに戻ってみる。
unacasa08212.JPGunacasa08211.JPG
しっかりとした陰影をつくってます。土間もできてる。
1Fは父ちゃんが仕事をするための場所なのでめずらしく土間があるのです。

unacasa08213.JPGunacasa08214.JPG
1Fのコンクリはピカピカしてきてます。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

やっと Tiger

2006年08月17日

OSXdesktop.jpg

HDは128GBのままですが、不具合はなさそうなので、OSX入れちゃいました。
OSに困ったことがなかった私はwin2000が発売されるとき、なんであんなに行列するんだろう?って思ってました。がそれがわかりました。

OS9だとアプリケーション開発がなくなった。
webは進化するのでOS9既存のアプリだと見られないサイトがでてきた。
IEは5.1からサポート・開発が終了。
メーラーがサポート終了された物が多く使い勝手の良いメーラーがない。
テキストエディタなど、容量の多いデータがを開くのが困難。
OSXだとAというアプリの裏でBのアプリを動かせる。
9の映像系のアプリが全然ない。
iPodの同期ができない。今までは会社のiTunesからこっそりやってた。
と、いろんな要因がある。

入れてみて。。。
すっすばらしいっ〜なんじゃこりゃー!
ダッシュボード?なんだか天気予報がリアルタイムで表示、翻訳機能もある!
んーすばらしいぞ。すばらしすぎる。
がんばったかいがあった。

芋づる式にappleにやられてしまっているようだけど、この際マウスがほしい。
チューチュー。…ミッキーマウスではない。

次のOSはレオパードというらしい。よく思いつくなぁ、猫科。
こちらはwinとMacを切り替えて使えるようになるらしいです。

佐藤さーん
ということでいただいた動画が見られるようになりました!
今度撮って〜♪
by yumuy at 23:31 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | computer | *

鯛めし

2006年08月17日

0608171.JPGいつも鯛のアラを買う。
入っているのは頭と中骨。でも他の魚と違って「かま」の部分がしっかり頭についている。
蒸かしてタレにつけて食べるのもおいしいし、かるく塩ふって塩焼きなんかもおいしい。
一番大変なのが「うろこ取り」。痛い。爪の間にうろこが突き刺さる。
そんな大変な苦労をして母ちゃんは鯛めしを作ってくれた。


0608172.JPG0608173.JPG
そして小林さんからは里芋煮と色とりどり野菜の酢漬けをいただいた。
里芋にしいたけの出汁がしみ込んで良いお味です。
by yumuy at 23:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

花火満開

2006年08月16日

神宮の花火に麻子さんにお誘いいただいた!
麻子さんは神宮球場のすぐ近くのお家だ。目の前で花火が見られる。

隅田川やら東京湾やら行ったことはあるけれど、
隅田川は人混みがすごすぎて上を向いている暇がない。
東京湾は花火から遠くて小さい。
人一人分のスペースがない状態の路上はすざまじい。

19:10過ぎに外苑に到着するとまた人混み!
でも「私はお呼ばれしてんのだぁー」とちょっと気分良く人混みの中をかき分けて麻子邸に辿りつきました。19:30ぎりぎりセーフぅ。
先に到着していた佐藤さん。
その後komaさんが到着。そしてはぐれでぐやん到着。

目前の花火に大感動の私たち。
迫り来る花火。
次々満開、花咲かじいさん。
神宮の花火はのっけから盛大。見たことがない形が多かった。
携帯のカメラはイマイチですが載せときましょう。
jingu06hanabi01.jpgjingu06hanabi02.jpgjingu06hanabi03.jpgjingu06hanabi04.jpg
jingu06hanabi05.jpgjingu06hanabi06.jpgjingu06hanabi07.jpgjingu06hanabi08.jpg
jingu06-01.jpg佐藤さん、うちわで花火の煙を仰いで退かしてます。

jingu06hanabi09.jpgjingu06hanabi10.jpgjingu06hanabi11.jpgjingu06hanabi12.jpg
jingu06-03.jpgう〜〜〜〜〜〜ん、枝豆&ビール最高〜♪

jingu06hanabi13.jpgjingu06hanabi14.jpgjingu06hanabi15.jpgjingu06hanabi16.jpg
jingu06hanabi17.jpgjingu06hanabi18.jpgjingu06hanabi19.jpgjingu06hanabi20.jpg
ラメラメの花火とか閃光弾みたいなのとか、とにかく明るい!
爆発だ!と思えるような花火。
jingu06hanabi21.jpgjingu06hanabi22.jpgjingu06hanabi23.jpgjingu06hanabi24.jpg
jingu06-04.jpg最後はなんだか運動会のお知らせみたいな花火。パンパンパン…。
いつまでも盛大なフィナーレを期待する人々。でもなかったのだぁ。


jingu06-06.jpg1時間の花火だけど、大興奮。疲れたぁ。
麻子さんお手製の紫蘇まぜご飯、上品なお味の角煮、きゃべつのサラダ、ぬか漬け、たっくさんいただいてお腹も満腹。
食べるのに夢中になって料理の写真撮るのを忘れた!
でも食べていったらお皿が髑髏!よく見たら模様が全部髑髏!聞いたら横尾忠則のお皿だった。んーおしゃれ。


jingu06-05.jpgおかげさまでゆったり見られました。
ゆったりを通りこして最高の贅沢な夜でした。

by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

大漁のアスパラ

2006年08月16日

0608161.JPG田舎からアスパラをいっぱいいただいた。
天ぷらにして、たっくさんいただいた。
すっごいやわらかくておいしい。
天ぷら、アスパラとベーコン炒め。
きゅうりとにんじんのぬか漬け。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

ヤングコーン

2006年08月15日

0608151.JPGヤングコーン入りラタトゥイユ。
茄子とベーコンのバルサミコソース。
セロリと黄パプリカのぬか漬け。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

恐縮なのです

2006年08月14日

よく考えたら次の土曜日は成田さんとこにホイール取りに行かねば9月になっちゃう。
と思ってたら省造さんからお電話がっ!

ホイールのことじゃなくて、北海道の話しに混ざってデベ悪さんがいた!とか、私の知り合いがお店に来た!とか。。。
なんも面白くない娘に電話をいただけるとは恐れ多いですっ。
私にとって省造さんは神様に近い人なのですっ。
でも省造さんはそんなそぶりもないっ、恐縮ですっ。
by yumuy at 22:32 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

きゅうりのラタトゥイユ

2006年08月14日

0608141.JPGきゅうりじゃおいしくない。やっぱズッキーニだ。
ラタトゥイユ、舞茸と白たきいり白カレイの煮付け、枝豆。
by yumuy at 22:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

土とのふれあいの芸人

2006年08月13日

芸なんです。
別にこうしなきゃいけない!とかないと思ってます。
良い形を見い出すことが大切だと思います。
komaさんの陶芸に触発されてopen。
kaki06081.JPGkaki06082.JPG
大学の頃、丹波でちょっとやってみた陶芸の一品。
これは、「手捻り面倒ー」「ろくろ回せないー」と自由気ままに作った花器です。
野草を飾りたいなぁと。ほんとは5本で一対なんだけど、倉庫に埋まってます。
by yumuy at 22:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | mia arte | *

3F型枠

2006年08月13日

コンクリ投入を待つばかりの3F型枠。
屋根ができて部屋らしくなってる。
んー落ち着いちゃいそうな部屋だなぁ。
unacasa08121.JPGunacasa08122.JPGunacasa08123.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

お盆…ぎょっ

2006年08月12日

朝から船橋のホームセンターに行かねばならない。
両親はお墓参りに行くという。
構わずホームセンターに行くが、なぜか引きよせられて一人お寺へ。

お墓も地元。しかも2つある。
06obon01hon.JPGこちら本家の本妙寺。
遠山の金さんが眠ってるらしい。

06obon02reng.JPG06obon03.JPG
そして父ちゃんの育ての母の兄弟のお墓がある蓮華寺。
その父ちゃんの叔父さんにあたるお墓の横に父ちゃんがもらった土地がある。
なぜもらったかというと、ここのお寺の表札と風鐸を父ちゃんが作ったから。
すげーもんもらうなぁ。
06obon04.JPG

と手を合わせてたら何やら気配が……
*&^い”っ
一瞬左横に1m強縦長の黄土色の物体がみえた。

子供の頃から霊感がとんとない私。
仏壇の部屋でずっと寝ていても感じない。
でもこれはびびった。

unacasa06134.JPGまぁそれはそれとして、船橋へ。
ビバホーム・ロイヤルホーム・ケーヨーD2。どこもお目当てのものがないとわかった。
いやーん。便器ー。

雨に降られるのはわかっていたので、カッパは持っていったんだけど。
財布忘れてハラペコ、水分不足に陥りながら、雷雨の中を走り抜けたのでした。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | vita | *

あぶくま

2006年08月12日

一歩大きく前進したようです。
3つある廃校のうち1つの3小を使えることにほぼ決定。
本決定のために提案書を作成しなければならないのだけど、
そのお手伝いをしたいのだけど、前のようにはできない。

会社の環境が変わってしまった。
webの閲覧ができない。よって調べられない、原稿授受ができない。
まっそれは我慢しよう。

2人で1台のPCになる…かもしれない。全社的に。
今時、手書き、計算機のアナログ世界に戻るのか。
でも得意先に対して申し訳がたたないのでPC待ちして作成することになる。
残業するなと言っておいて、残業だろう。
やってられないな。ついていけないかもな。

でも、
来年は家も建ってるだろうし、ひとの駅も進みそうだし。
明るいな。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あむくま | *

舞茸といんげん

2006年08月11日

0608111.JPG舞茸といんげんのバルサミコソース炒め、
ラタトゥイユ、きゅうりとかぶのぬか漬け。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

06新潟トリエンナーレと光の館

2006年08月11日

今年は新潟トリエンナーレ開催の年です。
トリエンナーレと言われるとおり3年に一回のアートフェスティバルです。
野外アートを中心に、新潟の4エリアを美術館にして夏の間(7/23〜7/10)繰り広げられます。
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006
p_shushi.jpg

私は前回行ったのがはじめてでした。バイクで一人旅。
手首を折って6ヶ月、やっと治った頃。林道を探しつつ、新潟のスキー場の山を越え、もう一山越えた時に迷子になって駆け込んだ公民館に最初の作品がありました。
作品よりも、その公民館にいた作家のおばちゃんとお茶してトリエンナーレのおもしろさや美術について盛り上がったのを覚えています。
それから雨の中、色々巡ってオカユウ達のいる宿「かやぶきの里」を目指しました。
なかなか辿り着けず、真っ暗になって山の中を走っていると突然巨大な作品が建ってたり。ずぶ濡れで真っ暗な中うろうろしてやっと目の前にしたかやぶきの家の明かりの暖かいこと。
作品で一番感動したのが、「お茶をいただく」という作品。
そこは山の中の集落。山の中にツリーハウスがあります。
そのツリーハウスでお茶をいただくのです。ツリーハウスの谷側の壁はありません。
目の前には絶景。田園、それを囲む山。それを独り占めしながら一人静かにお抹茶をいただきます。
その抹茶茶碗はその集落の人々が絵付けしたもの。お茶を飲み干すと底に書かれた集落の人から自分へのメッセージが出てきます。
なんだか「ほっ」と気が抜けて微笑ましくなりました。
本当に良い作品でした。
その作品は期間限定でしたが、数回続いているトリエンナーレの作品はずっと残っています。
top_img_11.jpg
スー・ペドレー「はぜ」*稲を乾燥させるはぜに赤いウールを掛けてある作品らしい

毎回トリエンナーレでは大きな象徴的建物が建てられます。
その中に「光の館」があります。作家はジェームスタレル。異次元体験をさせてくれる作品を作ってくれています。これも3年前に行ったのだけど、また行きます。
8/25とイーハトーブと重なって残念なんですが。
トリエンナーレと光の館、どんな体験が待ってるのか楽しみっ。

こう思うとバイクに乗ることで地方の色々な作品を見に行けているなぁ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | arte | *

さごち:さわら

2006年08月10日

0608101.JPGさわらの粕漬け。塩ふり忘れて、イマイチだったけど醤油さしたらおいしい。
レタスとエビのゴマ油ドレッシング、切りこんぶ煮、きゅうりのぬか漬け。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

肉の日・魚の日

2006年08月09日

今日は東武でダブルにお得な日だ。
「9」がつく日は「肉の日」
毎週水曜は「魚の日」
大量に買い込んだ。えいひれ、メバル、さごちのアラ、白カレイ、鶏の胸。
かなり重い〜けど筋トレだ!とばかりに池袋からてくてく歩く。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

切りこんぶ

2006年08月09日

0608091.JPG切りこんぶ、ごぼう、しらたき、ねぎ、トウモロコシの煮物。
茄子のトマト煮。きゅうりのぬか漬け。はたはた。

by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

タイフーン

2006年08月09日

朝から大雨。台風だ。
今日は3Fコンクリ打設予定だったけれど、延期された。
父ちゃんがっかり、ブツクサ言って、母ちゃんさらにげんなり。
私は延期で良かった〜と思った。失敗したら取り返しつかないもんね。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

western degital HD

2006年08月08日

富士通のHDはすぐ壊れるらしい。
確かにうちの壊れたHDも富士通だった。
元からMacに付いているHDは火事に遭っても元気に生きているというのに。

うちのMacはOS9。
ちょっと限界が近づいているのでHDを増設してOSXを入れることにした。

HDWD060808.JPGまずはHD。250GBのHDを買ったのに、125GBで認識する。
どうしてじゃー???まっ使えるからいいか。。。
色々調べたらBig Drive問題ってのがあって、137GBの壁が立ちはだかっていた。
知らなかったよぉー。。。まっ使えるからいいや。

by yumuy at 23:51 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | computer | *

グリーンカレー

2006年08月07日

0608071.JPG暑い時に食べたくなるグリーンカレー。
普通のカレーよりココナッツミルクのさっぱり感があっておいしい。
でもうちの家族に辛過ぎる食べ物はNG。
グリーンカレーペーストとココナッツミルク缶を買ってきてたのだけど、
普段はペーストを1/4、ココナッツミルク1缶で作るのに、
母ちゃんは作り方がわからず、グリーンカレーペースト1袋と牛乳で作ってた。
もちろん激辛〜!!!
あとでココナッツミルクを足して、汁を抜いた具を入れて味を調える。
でも辛いのもおいしいね。

キャベツとニンニクの芽のグリーンカレー、粕漬けニシン、きゅうりのぬか漬け、パイナップル。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

ビバビバ…はずれ

2006年08月06日

たしかにトイレがあった。
でもどのホームセンターだか忘れた。。。
場所船橋とわかるが、名称がわからない。。。
船橋はとっても混むから行きたくない。支店に行けばいいんだけど名前がわからない。

たしか、ビバホーム?ジョイホンでもなくカインズホームでもなかった。
ということでトイレ探しの都内の旅へ。

viva08051.JPG最初に来たのが会社の裏にあるというビバホーム。
なんて近いんだっ、こんなところがあっただなんて♪

でも目当てのものがない。

その後王子のケーヨーD2に行く。がやっぱりない。

toto08507.JPGもう一つ行かねばならないとこがある。それはTOTO。ショールームが新宿にある。
TOTOのキッチンにしたのはいいけど、水栓が特種で、フレックスシンクという斜めったところから出ている水栓。これが困ったちゃんで、ビルトイン浄水器をつけたいのだが、このフレックスシンク用の水栓がなかなか探してもない。で、聞いてみた。
「うーん、難しいですね…」
難しいっていうのはつけられないってことか。
なんだそりゃ、天下のTOTOの設計にあるまじき行為じゃん。
工場注文時にしか対応ができないらしい。それじゃ水栓だけ壊れたらもうそのキッチン使えないのか。
んなこたぁないはずなのに、ショールームのお姉さんは「難しいですね」を繰り返す。
キッチン決める前からここのショールームの印象はよくなかったから、TOTOの製品は避けようと思ってたんだった。

たまたま行ったらトイレの歴史という展示がやってたから気分転換。
toto08505.JPGtoto08504.JPGtoto08506.JPG
一番右のトイレは女性用立ちしょんべんトイレ。昔の方が良い形してんじゃん。

次は秋葉原へ。
家のMacのHDが壊れて、なんとかやってきたけど容量がたりずに限界だ。
IDEのHDを買い足す。昨今は250GBで8000円台、価格ドットコムで調べて安い店に行くと売り切れだった泣。けど、そこの店舗の3Fにバイク用品屋があってMOTULの300Vだかトラ車で使っているオイルが2870円で売ってた。4stのMOTULオイルも980円。びっくりしながらもマニアの街をそそくさと退散。

viva08053.JPG日が暮れてしまいましたが、豊洲のビバホーム。
ここにもなーい。ビバホームじゃないのか。

でもいろいろ見つけた資材。
viva08052.JPGviva08054.JPG
viva08055.JPGkeyo08053.JPG
あとで電話しまっくって調べたらロイヤルホームセンターってところだった〜。
by yumuy at 17:23 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | casa* | *

3F壁型枠

2006年08月06日

unacasa08061.JPG unacasa08062.JPG unacasa08063.JPG
3Fまでの足場階段ができてる。クレーンがついてる。2Fのトイレの窓が開けられた。

unacasa08064.JPGunacasa08065.JPGunacasa08066.JPG
3Fに上がってみると型枠の壁ができてた。すっごい狭いなぁ〜。

狭いと思ってた1Fは型枠とその柱が外されて、そんなに狭くないかも…と思ったけど、荷物が入ると狭いんだろうなぁ。
今住んでいる家より涼しいじゃん。なんでこんなに暑いんだ、この家。
by yumuy at 16:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

キンメの煮付け

2006年08月04日

0608041.JPGめずらしくキンメなんて買ってみた。
普段は高いから買わないんだけど。

こんにゃく・にんじん・ごぼうの煮付け、きゅうりときゃべつのぬか漬け。


by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

さばの味噌煮

2006年08月03日

0608031.JPGごまさば3匹400円〜。
キンメ1匹400円〜。
イカ5杯で500円〜。は持てずに買えなかった。

0608032.JPGごまさばをさば味噌に。
赤カブの酢漬け、ネクタリン。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

まぐろの甘露煮

2006年08月02日

0608021.JPG魚屋に行ったけど、本まぐろのアラしか目にかなう魚がなかった。
さっそく甘露煮。
やはり本マグロ。さすが美味しく煮えました。

昨日に引き続き、温野菜の胡麻ソース、出汁ふわふわ玉子焼き。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono** | *

温野菜×ゴマ

2006年08月01日

0608011.JPG温野菜のゴマソース。
すりゴマ+しょうが+ねぎ+みょうが+醤油+みりん+ちょっと出汁。
じゃがいも、にんじん、しめじ、ブロッコリー、もやし、たまねぎ、えび、豚肉と盛り沢山。

最近日照不足で野菜が高い〜。
by yumuy at 23:52 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | buono>buono** | *