豪華ちらし

2006年09月09日

0609091.JPG

また小林さんからいただいた。
最高に贅沢なちらしだ。
蟹がたくさん混ざったご飯に、エビ、いくら、あなご、鯛が入っている。
こんな贅沢な組み合わせ、幸せ過ぎる。
が、小林さんいわく、いろいろ入れすぎて失敗だったって。
失敗でも成功でもおいしいよぉ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono*** | *

楽しくなってきたぞ

2006年09月09日

今日は建築家の先生達とホームセンターで試行錯誤する日。
なにを試行錯誤かというと、「手すり」「裏のバルコニー」「玄関ドア」「トイレドア」。
早朝、建築家の長洲さんと助手のキムさん(韓国人の方です)と守谷のジョイホンへ。
長洲さんの車はAudi。乗ったことがなかったんですが、やっぱり新しい車は違うなぁ。
八木澤さんのS2000に乗ったときも思ったけれど、地面への吸い付く感じと加速感、それに伴うサスペンションの固さが絶妙だなぁ。
と40分で到着!

さてまず単管売り場へ。

外階段・3Fバルコニー・すべての窓に手すりをつけないと、検査が通らない。
既製品のやつはちゃちいし、なんだかおもしろくない。かといって一品ものってぇには銭がない。
ということで工事現場の単管を利用することになってたのだ。
が、どうやってつけるのか話を詰めて行く。
裏のバルコニーも建築現場工事の足場を利用する。
ここは以前の現場でも作ったことがあるらしいので話ははやかった。
単管クランプを60コ程購入。

そして問題の玄関ドア。

木材を利用して、吊り戸。ということだけ決まってる。
幅広の木は高いし重い。工場の玄関ドアは幅3000mm以上あり、3〜4枚ドアになる。
どうやって解決すればいいんだか皆目検討がつかない。
問題は暗いからガラス戸をはめてほしいという母の希望。
ガラスをどうやってはめ込むのだ?
ともかく試しにやってみるということで試作用の材料を買った。

現場に戻って、まずは単管クランプをはめてみる。
特に問題なし。

unacaza090901.JPGさて、玄関ドア。
長洲さん達がぱぱっと作成してくれた。
木材をかすがいで合わせて一枚の大きな板にする。それを吊り戸にする。
これにニスで色に深みを持たせればいい感じ。
かすがいは一個15円!それを見た父ちゃんは作ると言い出した。
父ちゃんの目が輝いているので、まぁ作ってくれるだろう!と期待。
あとはガラスがちゃんと入ればいいなぁ。


その後、お風呂場のドアやらバルコニーの手すりなどの話を現場でつめた。
こういう話をしていくと、やっと作ってるという実感がわいてくる。
なんだかわくわくする。
そして住宅メーカーや他の建築家さんに頼まず、長洲さんに頼んで良かったと思った。
住んでみなきゃわからないっつうのはわかるけど、まずはその家が気に入るかどうかが大事だから。

そして工事の足場をつたって屋上にあがってみた。
真っ平ら!爽快!
unacaza090902.JPGunacaza090903.JPGunacaza090904.JPG
ということで、完成した時にはここでバーベQをすることになりました。
楽しみぃ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *