9連休8走*栗ぱぱと@真壁 beta125

2015年12月31日

31(木)栗ぱぱと@真壁 beta125
戻ってきました6連走。
ヘトヘトですが、やらなきゃ気が済まない。
遊びっぱなしにはできないのです。
なぜなら、

トラ → KTM = 上達している
KTM → トラ = ヘタになっている

ヘタのまんま年越せない!

KTMに乗ると、途端に前乗りになってしまうトラ。
一生懸命直します。
そして、クラッチレバーもデフォに戻しました。
ZETAに変更したんですが、クラッチのつながりがいまいち分からない。
betaの良さが使えないということで元に戻したけど、
クラッチのつながり位置が合わせられず、一日苦労しました。

私の欠点
「ラインを読めない」
そう、エンデューロや山遊びでは、ラインをほとんど読みません。
行き当たりばったりでこの辺(30cm範囲)に行きたいなって程度。
しかしトライアルではタイヤ一本分で違ってきます。
そしてその一本へタイヤを乗せる技術。
これはやっていかないと身に付かない。
読む力、正確性を身につけたいと思います。

校長が言ってた
「うーたんは通りたい所を決めてない、そこに行こうとしてない、惰性でいっちゃってる」
その通りです。。。克服します。

そして頭では分かっていたけど、
リアタイヤの通すラインの重要性を改めて感じました。

栗ぱぱさんから良い言葉をもらった。
「生きるお金の使い方」
死に金は使うな。将来に繋がる生きるお金はどんどん使いなさいというもの。
お金を使うことが苦手な私にとっても刺さりました。
そういう意味では去年、とても生きるお金の使い方をしたと思います。
だからこんなに仲間が増えた、今が楽しい。
年末最大の素敵な言葉のプレゼントでした。人生に影響があるくらい衝撃的な言葉だと思う。
735218_973595089401727_5409416630850754621_n.jpg

みなさま良いお年をお迎えください。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *

9連休8走@KT KTM125exc

2015年12月30日

30(水)@KT KTM125exc
メンバー:ナナミン、まーさん、s-motoさん、とみさん
10441277_972981066129796_6467597030010091780_n.jpg
ずーっと前、トラ車では来た事があったけど、
とっても厳しくて、トラ車じゃなきゃ走れないだろうと思っていた山。
根っことガレガレの沢。
10311832_972981062796463_6546375570031284380_n.jpg
しっかし楽しくって仕方ない。
が最後の根っこ地獄はラインが長過ぎて読む事ができなくって途中で止まっちゃって、
再発進が出来ずに撃沈でした。

楽しい楽しいお山遊びでした。

さて明日は真壁だっ!早く帰らねばっ!
お風呂もご飯も無しで帰る。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>山遊び | *

9連休8走@AT KTM125exc

2015年12月29日

29(火)@AT KTM125exc
メンバー:同じ +s-motoさん
1935429_972539242840645_4163814500242189749_n.jpg

ここは岩がガラガラ。。。笹ヤブヤブ。
しかし、南牧耐久で慣れてしまった目は、行こう!行こう!という。
枯れ沢の行く手も、筋道がみえる。
それを思い通り行けた時の快感!

二段ステア(といっても、上段はホイールベース一個分ある)も行けたし、
超絶かっこいい、自分!
(けっしてナルシーではありません)

しかしヒルクはやっぱり苦手で、上がれない。
防火帯のヒルで転けたら、転けた地面が竹串になってた。
竹を20cmくらいで伐採していて、切った先が鋭利な竹串状態になっているので。
「ブスッ〜!」っと腕をやられた(T T)
青タンと流血。。。
やる気を削がれ、人のをみてたら、
まーさんが…
バイクを投げて崖に落っこちてしまった。

かすにんさんの10kg超のリュックの中身が大活躍。
ロープとカラビナで滑車を作り、引き上げる。
ガソリンタンクのキャップも吹っ飛んだが、
ガソリンは無事。キャップも見つかり、事なきを得る。
KTMって丈夫だね。

もう一丁ヒルク。
KTMfreerideのブレーキ不具合にすっかりやられてしまっているs-moto君は下りが苦手になってしまっていた。
s-moto君が下車するくらいの下りだから危ないんだろうと、下車していた自分だが、今日は違う!
トラ練習、KTMの山走りと磨きがかかり、イケイケでそのまんまスタンディングで下る。
これが激下りだよ!って下りを下れた。
すばらしい自分。
(けっしてナルシーではありません)

そして上がれない自分(T T)
裏道ルートで登ります。

と、ここで、何度もヒルにトライしていたかすにんさんがクラッシュ。
膝を強打したとのことで、もしかしたら皿が割れてるかもって。
急いで帰ります。がトラブルは続きます。
私が長い下りでプラグかぶり。
つづいてまーさんがかぶり。
日が暮れてしまってからのトランポ到着でした。

かすにんさんはそのまま自力で帰着。割れてなかったそうで、しばし安静とのこと。
よかったよかった。
71799_972539246173978_1483096992417312893_n.jpg
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>山遊び | *

9連休8走@FJ KTM125exc

2015年12月28日

28(月)@FJ KTM125exc
メンバー:ナナミン、まーさん、かすにんさん(初)
1150178_972001609561075_2127290408063946906_n.jpg
朝4時。起きられた。。。
課長に連絡して有休を取得。さあ年末だ!
どこまで自分が持つか、試す事にした。

前日、なんか乗れてた気がするKTM125。
後ろを走るまーさんに「うーたん上手くなってる」と言われた。

でも濡れた斜め倒木にやられまくる。。。
ちゃんとフロントをリアが上がるくらいあげにゃー亀の子だろ。

そして大事な事を気づく。
アンダーガードを付けるの忘れた!
ここは結構岩がガラガラなのだ。、。
明日も明後日も。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>山遊び | *

9連休8走*調査隊忘年会ツー KTM125exc

2015年12月27日

メンバー:鬼軍曹、17号、bigmanさん(初)、アライダーさん(初)、長谷見さん、案内人さん、へーちゃん、よねさん

一年間の修行の成果を出す日だ。
「打倒17号!」

初めて17号と一緒に走ったツーリングの後、なぜだかライバル視され、
「女子供を相手にする男なんて、倒してやる!」と打倒に燃えているのだ。
もちろん冗談だけど、おもしろいから話しに乗る。
そして17号と戦えるのはこの忘年会くらいしかない。
さらに今回はKTM、同じ土俵で参戦だ。
1927727_971347546293148_1066334835017967313_n.jpg
結果、ヒルクで登れず負けた。。。(T T)
花をもたせてやるぜ。こんちくしょ〜。

でもさすが調査隊ルート、楽しかったです。
10398744_519594918200285_4577019525925138607_n.jpg

ひさしぶりのKTM、負けたとしても上手くなった自分を感じた。
とても安定している。
行けないと思ってたところが、行けるようになってる。

公道仕様のgasgasは封印したのでKTMしかなくなった。
betaはトライアル競技に専念させたい。
トライアル競技車をツートラに使用すると途端にぼろくなるから。
できるだけ、できるだけ、KTM。(イーハトーブはどうしようかな…迷)

んで、明日からの予定は決まってない。
ナナミンに山遊びのお誘いをお願いしたら、3連走だって。
28(月)は会社の納会。休んで行ったとしてもKTMで3日間はやりすぎだろ…
31日は栗パパに真壁での練習をお願いしているから、26日から6daysになっちゃう。
トライアルの復習もしたいし、ウェアも無いし、疲れてるし、。。。

とりあえず帰宅して、3日分の山遊びと1日分のトライアル練習できるウェアを用意して、
寝て、起きられたら行く事にした。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>山遊び | *

9連休8走*よしろーと@真壁

2015年12月26日

26(土)よしろーと@真壁 beta125
よしろーが真壁で遊んでくれるというので、これはまたとない機会!と一緒に遊んでもらいました。
ぴょんぴょん系で唯一気軽に遊んでくれるよしろー。
だけれどもまだ16歳で運転免許が無いから、お母さんに送り迎えしてもらってます。
お母さんも巻き添えにして遊んでもらってます。。。
よしろーが免許とったら連れ回そう〜。

まずは慣熟走行から。と思ったらトンデモナイ!
真壁中のあらゆるところを走っていたつもりだったのに、
さすがIB!トンデモナイところを走っていきます。
おばさん大変…。
「こんなところ下りるのかよ!」「落ちる!」「ここ登るの!?」「汗まみれ」「ひえぇ〜」
と、走った事が無い、下りた事が無い、登った事が無いところを走らせてもらい、
「行けない」と思う気持の壁がまた薄くなりました。

そしてリア飛ばしの練習の仕方を教えてもらう。
これは毎回練習しよう。
リアサスのバネを使う、そして送り出すのが重要かもしれない。

と、楽しく練習できました。
復習に燃える女w

そして夜は調査隊の忘年会へ。
ギリギリ間に合った。
ひさしぶりのスチーム係長!!!元気そうで、タイガ君も元気になったって、ほんとによかった。
太田ホルモン、
ホルモンっていうから肉嫌いの私が食べるものがあるのか?って思いましたが、
食べログの評価が高得点!
これは行かねば!と行って正解。
肉はもちろんのこと、野菜が多い。
そして味付けが絶妙!すばらしい。
卵焼きにはニラがいっぱい。
焼きそばの味付けもソースじゃない。
焼き鳥レバーも絶品。
685_971402082954361_3896723352082159806_n.jpg 10156074_971402079621028_4079954373634889101_n.jpg

564440_971402076287695_7402721958095038121_n.jpg

おいしかったぁー。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *

アカデミー#6

2015年12月13日

image-16512.jpg
ご心配おかけして、ごめんなさい。

昨日はアカデミー@もてぎ。
SUGO2daysに続いて休むわけにはいかなかったのだ。
小指の怪我の具合を確認し、
アカデミーは見学、良ければバイクで見学できたらいいなぁと思う位で行きました。

ごめんなさい。
がっつり乗りました。
心配おかけしてごめんなさい。

でも爪はありません。
それでもステアも出来ました。

あぁ、これじゃ、どこぞの金属屋さんと同類に見られてしまう。

by yumuy at 08:53 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | bike>school | *

外科 v.s. 整形

2015年12月11日

いちはら病院へ到着すると、
すぐ先生は見てくれた。

病巣を見たくない私は顔をそらす。
「これは、もう爪は使えないかもしれないなぁ」
「爪は最近じゃ取らないんだけどねぇ」
「骨に異常がないか調べるから、レントゲンね」
「レントゲン技師を呼んでるからちょっと待合室で待ってて」

と、
待つ事20分。
包帯のまま、撮影。

わざわざこの為にだけ来てくれたレントゲン技師の方へ感謝をお伝えし、
現像を待つ。

絶対何ともないと思う(このぶつけ方、痛みは違う!)と
思った通り、骨は異常なし。
腱も、指が曲がるので異常なし。

傷口を縫うのかと思いきや、
そのままガーゼ巻いて、
「血がにじんでくるかもしれないけど、このままで居て」
「お風呂はシャワーね、幹部濡らさないようにしてね」

その間中もやさしいかわいい看護婦さんが寄り添ってくれて、
心配そうな私を気づかってくれた。
なんて良い人なんだー。

もう今後は外で怪我したら、絶対「整形外科」!
外科の救急なんて行かないぞ!!
真壁で怪我したら「いちはら病院!」もう決めた。

金がない私はQちゃんのバイト代からお借りした。
会計士がいないから預かり金5000円。
また行かねば!

Qちゃんも疲れてるのにずっと待ってくれてて、
結局9時前。
Qちゃんは、仮眠して帰ると。そこまで付き合ってくれてありがとう(T T)

私はちょっぱやで帰る。

そりゃ痛いけど、そこまで酷くない。
麻酔が聞いている今日中に洗車してしまいたい。
片付けしてしまいたい。
洗濯してしまいたい!

ということで、すべて終了して、深夜0時。

明日の仕事より、我が身!
撮影だったけど、午前半休をもらって、東京の病院に行く事にした。

痛くて寝れない夜…。
by yumuy at 18:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

絆創膏でOK

2015年12月11日

明日行く病院を探さなきゃならない。
どこに行く?
ずっと通院する病院になる。
今度は間違えられないぞ。

ということで、
目をつけていた手外科があるラグジュアリーなメディカルモールに目星をつける。

四谷メディカルキューブ
http://www.mcube.jp/operative/hand_surgery.html

いざとなったら、爪の移植手術もできると書いてある。
最後の望みだ。

月曜の朝9時になると同時に電話をかける。
ずっと電話中。
わかってる。
人気の病院はずっと電話中。
根気づよく電話。
そして30分経過。
拉致があかない、。

HPを見渡すと、急患はこちら。とあったので、
そこへ電話したら出てくれた。

事情を説明すると、
緊急で受け入れてくれました。

電車で行くと面倒なので、自転車。
あぁ運転はできるな。
怖いけど。

病院について、入り口はいると、
「ここはホテルですか?」っていう
黒服きた執事みたいな人と、綺麗な受付嬢達。

電話した爪剥がしたものです。と伝えると、すぐ対処してくれて、
先生に通してもらえました。

そして、巻いている血がにじんだ包帯を外す。
が、血がくっついて離れない。

私は怖くて患部を見られない。
液体でやわらかくする。
ようやっとはずれた(らしい)

空気がしみる。痛い。

先生、写真取る。

「これは…形成外科の先生にみてもらうから明後日きて」

それだけかよ! と思いつつ、
手を保護して、仕事場へ。
みんなに心配かけながら、仕事をする。

そして、水曜日の形成外科。
菅野ゆり先生。

いきなりの包帯の剥がし方が雑!
おばさんみたいな雑さ加減。

私、まだ怖くてみてないのに、
今日から流水で洗えと!

えー!!

100キンの大きい絆創膏貼れば良いと!

えー!!!

絆創膏だけで良いと!

えー!!!!

「あの〜これじゃ心もとないんですけど…」
「じゃぁこれ巻きます?」って出て来たのがこれ。
3Mコーバン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00385CT3U
12366275_961382040623032_3694539188836786284_n.jpg
これ、自着性で、テープが要りません。
便利なもんができてるんですね。
しかも100キンでも売っている。
togariamigasatake1.jpg
似てますね。

「まず、爪をどうにかする前に、傷を直してから考えましょう」
とのことで、傷口を塞ぐ事からはじめることになりました。

絆創膏で良いなら、そんなに酷い怪我じゃないんじゃないかと思い出し、
まぁ、週末のアカデミーも、見学でバイク乗るくらいならできるかなと思い、
参加することにしました。
グローブ入った!
12345569_961659923928577_4412576443301615873_n.jpg
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono****** | *

たらい回し

2015年12月07日

変な病院に行って、治らなくなったら大変だ。
だめだと言われても、爪が再生できるように、できるだけ努力するのが希望だ。

どこだ、どこの整形外科がいい?
自分の家と、職場と、近くをあたる。

手外科がある、女子医大
形成外科もある、帝京大学、医科歯科、
近いところは都立大塚。

まずは、女子医大。
A)受付に「小指の爪がもげてしまって、救急に行ったところ、整形外科を受診しろといわれて電話しました」
というと、救急に電話が回され、
B)「小指の爪がもげてしまって、骨と腱がみえていて、整形外科を受診してくれといわれた」と伝えると、
C)「整形外科の先生が当直じゃないから、受け入れられない」といわれる。

帝京も、
医科歯科も、
都立大塚病院も!

すべてに対して、ABCのやりとりをする。
いちいち、ぞわぞわする話をしなければならない。
自分の左手が痛いのに、さらに痛さ倍増。
「何回言わすねん!?」と、切れかかる。
いや、口調は切れてたと思う。
『東京の病院ならすぐ見つかる』って言ってたくせにぃいいい!もー。

万策つきたので、
救急を紹介してくれる電話番号にかけた。

3件教えてくれた…

また自分で問い合わせるのかよっ!!orz落胆

一心病院と、どこかとどこか。
どれも心もとない地元の小さい病院。
大丈夫か???
いやダメだろう。

紹介状は一回しか使えない。
東京の病院はこれぞと思う病院じゃないとだめだ。

でも整形外科は行かなきゃならない。

んー。。。。

そうだ!最先端技術の街、「つくば」で見つけよう!!

ということで、つくばの救急でやってる整形外科を探りに消防へ行く。

ここで榎本さんとは別れ、
私のお世話をQちゃんがしてくれることになった。
ありがたい。
Qちゃんに送ってもらい、消防へ到着。

で、整形外科を教えてもらうと、メディカルセンターか、いちはら病院だという。
だという?

また自分で問い合わせるんかい!?
聞いてくれないんだ。。。。(口あんぐり…)

とっとと時間がないので、メディカルセンターへABCを説明する。
が、整形外科の先生がいないと言われる。

落胆してる場合ではない、
いちはら病院へ電話。

受付から整形外科の先生が居た!
その先生と話す。
どんな症状か伝えると
「えっ爪取っちゃったの?!見てないから分からないけど、取らない方が良かったのに!」
と聞いた瞬間、緊張の糸というか、仕方なかったと言い聞かせてきた心がはじけた。
泣きそうになった。
「えぇ‥…。。。」
それを見ていた消防の人達、Qちゃん、さぞや居たたまれなかったと思う。

そして先生が「東京の方?うーん。東京で受けた方がいいかもねぇ…」

またタライ回しだ。
「先生、東京でもう5つも電話してどこも受け入れてくれなかったんです、もうどうしたらいいんですか…」
と泣きながら訴えた。
「じゃぁ、とりあえずうちに来てみて。19時までに来て」
「ありがとうございます!」

で、いちはら病院へ出発。
途中、真壁に置いて来た自分のステワゴを迎えに。
麻酔は局所だから、運転も大丈夫そう。

そして、Qちゃんと二台で、つくばへ向かう。
by yumuy at 23:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

バイバイ 小指の爪

2015年12月06日

12316254_959940167433886_3741298182710261649_n.jpg

ど・びぎ@真壁に初めて参加。
まったくダメダメだったんだけど、それより何より怪我をしました。

大会が終わってから練習しようと走ってたら、
走行中に小指を岩に打ち付けて、
「いてっ!」となった。
まぁいいか、と思ってたけど、なんか力が入らんなぁと、
グローブの上から血が滲んでる…
グローブを脱いだら、、。絶句。。。
あわわわわ…
小指の爪を押したら、根元からスライドして動く。。。

やべぇ!

スライドを元に戻して、押さえるも、
血が湧き出る。
あわわわわ…

と沖ママと石川さんが来てくれた。
あら大変!と、医療道具を持って来てくれた。

その間も湧き出る血。
気丈に、沖ママは血を拭いて、裂傷幹部に消毒液をかけてくれた。

そう、一番心配なのは、破傷風。
破傷風になると、指が残ってても、壊死して切り落とさねばならぬかもしれない。
さらに、死に至る危険がある。

消毒の後、大きい絆創膏で多い、圧迫止血。
トラ車に乗って、本部へ。
Qちゃんに、どえらい事になって病院に行かねばならないことを伝え、
榎本さんに病院を聞いてもらうことに。

とにかくもう乗れないから、アドレナリンが出てる今、
トラ車を車に積む。
そして榎本さんに病院を聞きにいった。

骨が出てるか出てないか、
それで病院が決まるらしい。

骨が出てたら整形外科の先生が必要、
出てなかったら外科の先生でいいらしい。
整形外科の救急担当は皆無っぽかった。

骨は出てない。指も曲がるし、骨折もしてなさそう。
外科で良い!と判断。

これが間違いだった…。。。

もげた爪を、メスで完全に取られてしまった。
使えないからと言われて。。。
爪もあきらめるしかないと言われた。

後から振り返ると、たぶん使えた。
取らなくても良かったと思う。
感染症が怖いけど、取らなきゃくっ付いたと思う。

前もそうだよ…
結局、外科のお医者は、
自分が切ったところは縫えるけど、
そうじゃない対処はできないんだ。

続く。。。
by yumuy at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

2015年12月06日

県西病院の救急に榎本さんの車で送ってもらった。
すぐ救急室に。

入るなり、流水で傷口を洗えと。
すげー痛い。。。
しみる…

洗い終えて診察。
ピンセットで患部を触られる。
ぱかぱかされる度に、痛いが、我慢だ!
怖くて、傷口を見られない。

寝てほしいと言われて横になり、
手術体制に入る。

麻酔なし。
空気がしみる。。。

先生「んー、。これは、…」
「んー。。」
「鉗子ちょうだい…」
「んー。。。」
「キシロカイン」
「んーーー。」

「申し訳ないんだけど、この爪はもうダメかもしれない。
それでね、残念なんだけど、根元も取れちゃってるから、爪ももうあきらめるしかないかもしれない。」

私は、なんとなくわかってたけど、改めて突きつけられた事実に衝撃を受ける。
仕方ない。この趣味をやってたらこういうことも覚悟の上。
そう、心に言い聞かす。
だけど、。やっぱり40年も一緒に生きて来た爪がなくなってしまうのはショックだった。

「だめなので、切り取らせてもらうよ」
と、パチンパチンとまだくっ付いている指先の肉を切っていく小さい音が良く聞こえる。

消毒液をかけられ、その間中も麻痺している小指、
痛いけど、キシロカインのおかげか、我慢できる範囲。

「これから痛くなるから痛み止めを打っておくね」
「ちょっと痛いよ」

びっきーーーーん!!!
ぎゃーーーーーー!!!

どえらい痛い!我慢できない!
さらに、指先になんども刺される。
刺されて注入する時が、どえらく痛い!

う"〜〜〜〜〜〜!
ぎゅーーーーー=!
うぬぃいいいいいい!

そんな声が外の待合室で待ってくれてたQちゃんと榎本さんに聞こえてた。

「落ち着いたかな?」
「それでね、実は、骨に到達してないといっていたけど、骨が見えててね、腱まで見えてる。これが大丈夫か、僕は外科で見られないから、整形外科のいる救急に行ってください。整形外科で処置されるだろうから、このまんま縫わないでおくよ」
「通院するだろうから、東京の救急で探してね、東京ならいっぱいあるだろうから。大学病院なら日曜でも開いてるし。できるだけ早く行った方がいいよ」

「えっ?」自分で探すのかよ!?

「見つからなかったら、教えてくれる電話があるからそこへかけてみて」

それがたらい回しの刑のはじまりだった。。。
by yumuy at 23:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *

爪はがれレントゲン

2015年12月06日

00000001.JPG
市原整形外科
検査日 2015/12/06
検査時刻 19:45:04

骨は綺麗。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | vita | *

2015参戦レース

2015年12月03日

TR関東選手権@もてぎ(初)
TR県大会NB@嵐山(初NB)
TR平谷
TRイーハトーブ
ED八坂(初)
EDナイトED@なみあい(初)
ED日高3days(初)
TR南牧耐久(初)
ED SUGO2days(初)

2つ以外はすべて初めて。
よく一人で挑戦したよ。
それだけでもよくやったと思う。
怪我のリスクはあるし、整備だってやらにゃならんし、
まぁそれが普通なんだけど。
今年はやべーわ。出過ぎ。
やっと落ち着いて練習ができる。
このレースで課題が山積み、一つ一つ克服していこうっ。
そうすればもっとライディングが楽しくなる♪
参戦201501.jpg
KTMとgasgasを丁寧に洗って、次に備える。
KTMはチャンバーがベコベコだぁ。。。
gasgasは息絶え絶えの見た目…。
参戦201502.jpg
by yumuy at 18:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>race | *

よちゃん農園のゆず

2015年12月03日

ゆず01.jpg

ゆずをいただいて、ゆずジャム。
おいしくできたっ♪
ゆず02.jpg
by yumuy at 18:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | buono>buono****** | *

ちゃりぱんっ

2015年12月03日

常盤台駅でパンク。
チャリパン.jpg
てくてく歩いて帰ってきたけど、
チューブ替えれば良かった!
次は歩ける距離でも替える!もーへとへと。
by yumuy at 18:11 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | bike>monty | *