稲城のS邸

2006年03月12日

麻子さんの甥っこさんの友人の坂本さんという方のオープンハウスに行かせてもらいました。
ちょっと遅くなっちゃって家を出たのが1時。2時待ち合わせ…ちょっと間に合うか微妙でしたが、稲城大橋までなんとか辿り着いて電話できた…。はぁ〜良かった。
inagiStei01.JPG

坂本さんは若い建具職人。斬新なアイディアの建具がいっぱいあった。

障子の作りはすべて木わくの外を和紙で覆ってしまい、樹脂のようなものでコーティングされている。取っても丸三つでかわいい。
inagiStei02.JPGinagiStei03.JPG
実は障子はうちも作ろうと思っておった。水張りが得意なのでそのくらいはできると思う。1フロア壁がないので障子のようなもので仕切ろうと思ってた。なにも薄い和紙じゃなくてもいいので絵でも描けるようにしようかと思ってたんだ。まぁ暇ができたらやろうと思う。
inagiStei04.JPGinagiStei05.JPG

inagiStei06.JPG

玄関の扉も立派だが網戸はおもしろい!
寒冷紗のような透けたガーゼのような素材を木わくに貼ってある。
inagiStei07.JPGinagiStei08.JPG
家の中のドアはどれも引き戸で吊り戸。吊り戸は床に溝を掘らなくていいからとってもうらやましい。
inagiStei09.JPG

inagiStei10.JPGinagiStei11.JPG
1F2Fで113�А�
構造は中にコンクリートの柱を建てて、強度はそこでもたせている。
階段部分が家の中心にあり、その左右に1部屋ずつ。
階段の障子の窓がそれぞれの部屋を区切り、開けるとつながる。
inagiStei12.JPGinagiStei13.JPGinagiStei14.JPG
1Fの階段下にバストイレ。
inagiStei15.JPGinagiStei16.JPGinagiStei17.JPG
2Fの片方の部屋にキッチン。キッチンも造作で水切り台が広くていいなぁ。
その上の収納は後ろからのライトアップがきれい。
収納もたっぷり。うーん…いいなぁ。
窓もペアガラス。いいなぁ。

お金があればなんでもできるが、金がないので贅沢は言ってられん。
我慢するところは我慢せねば。
必要なところは出すけどね。

うちのコンセプトは、白いキャンバスのような箱だから中身は何にもない。作っていくことが楽しい家にするんだ。(たぶん)
by yumuy at 14:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *
この記事へのコメント
この報告、坂本ちゃんやよしまさに教えてやりたいけど、
まずいか…な?
Posted by あ!さ!こ! at 2006年03月22日 17:09
別に教えてもらって構いませんよー。
どんな人が見てるのかわかればOKです。
相手の顔がわからないのに、一方的に書くのはちょっと私にゃできないのでパスをかけてるだけです。あと迷惑対策のため。
Posted by うーたん at 2006年03月22日 21:34
うーたん、こんばんは。麻子ちゃんの甥のてらもとです。
叔母からこちらのブログを聞いて覗かせてもらいました。
なんだか実物もいいけどそれ以上に素晴らしく見える写真に関心しっぱなしです。
そのうち僕も作品をお目にかけられたらな。と思います。
また色々よろしくです。
Posted by てらもと at 2006年03月24日 22:27
いつぞやはお世話になりました。ちょうどドンピシャ、良いもの見せてもらいました。
が、うちの工事は進まず…地盤改良で見積もり中です。トホホ。

作品楽しみにしております。(作品と聞くとプレッシャー感じてしまう…)
こちらこそよろしくです。

麻子さんを男にするとてらもとさんになるんだなぁーと麻子さんの顔をマジマジ見てました。
Posted by うーたん at 2006年03月24日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック