花火満開

2006年08月16日

神宮の花火に麻子さんにお誘いいただいた!
麻子さんは神宮球場のすぐ近くのお家だ。目の前で花火が見られる。

隅田川やら東京湾やら行ったことはあるけれど、
隅田川は人混みがすごすぎて上を向いている暇がない。
東京湾は花火から遠くて小さい。
人一人分のスペースがない状態の路上はすざまじい。

19:10過ぎに外苑に到着するとまた人混み!
でも「私はお呼ばれしてんのだぁー」とちょっと気分良く人混みの中をかき分けて麻子邸に辿りつきました。19:30ぎりぎりセーフぅ。
先に到着していた佐藤さん。
その後komaさんが到着。そしてはぐれでぐやん到着。

目前の花火に大感動の私たち。
迫り来る花火。
次々満開、花咲かじいさん。
神宮の花火はのっけから盛大。見たことがない形が多かった。
携帯のカメラはイマイチですが載せときましょう。
jingu06hanabi01.jpgjingu06hanabi02.jpgjingu06hanabi03.jpgjingu06hanabi04.jpg
jingu06hanabi05.jpgjingu06hanabi06.jpgjingu06hanabi07.jpgjingu06hanabi08.jpg
jingu06-01.jpg佐藤さん、うちわで花火の煙を仰いで退かしてます。

jingu06hanabi09.jpgjingu06hanabi10.jpgjingu06hanabi11.jpgjingu06hanabi12.jpg
jingu06-03.jpgう〜〜〜〜〜〜ん、枝豆&ビール最高〜♪

jingu06hanabi13.jpgjingu06hanabi14.jpgjingu06hanabi15.jpgjingu06hanabi16.jpg
jingu06hanabi17.jpgjingu06hanabi18.jpgjingu06hanabi19.jpgjingu06hanabi20.jpg
ラメラメの花火とか閃光弾みたいなのとか、とにかく明るい!
爆発だ!と思えるような花火。
jingu06hanabi21.jpgjingu06hanabi22.jpgjingu06hanabi23.jpgjingu06hanabi24.jpg
jingu06-04.jpg最後はなんだか運動会のお知らせみたいな花火。パンパンパン…。
いつまでも盛大なフィナーレを期待する人々。でもなかったのだぁ。


jingu06-06.jpg1時間の花火だけど、大興奮。疲れたぁ。
麻子さんお手製の紫蘇まぜご飯、上品なお味の角煮、きゃべつのサラダ、ぬか漬け、たっくさんいただいてお腹も満腹。
食べるのに夢中になって料理の写真撮るのを忘れた!
でも食べていったらお皿が髑髏!よく見たら模様が全部髑髏!聞いたら横尾忠則のお皿だった。んーおしゃれ。


jingu06-05.jpgおかげさまでゆったり見られました。
ゆったりを通りこして最高の贅沢な夜でした。

by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | bike>*…* | *
この記事へのコメント
ほんと、花火って疲れる。
後にして思うと、花火見てるときって瞬きするの、忘れてるんじゃない?
びっくりしたときの子どもみたいに。
それにあの大爆音に毛穴も開きっぱなしだし。
そうそう、うーたん達は「また爆撃だ〜」とか騒いでたね。
お疲れさまでした。
Posted by あ! at 2006年08月18日 14:31
網戸にへばりついてたセミの写真、きれい!
Posted by あ! at 2006年08月18日 14:32
まさに毛穴開きっぱなし!
感動ってとても心地よいです。
すばらしかった。
あさこさんありがと〜。
Posted by うーたん at 2006年08月18日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック