光の館

2006年08月25日

04nakag01.jpg

再びやってきました、光の館。
04nakag02.jpg04nakag03.jpg
私はこの作者ジェームスタレルのおっかけでもあります。
今回は同泊の方が他に2チームいらっしゃるようです。
5人+2人+3人(私たち)=10人がこのアート施設に泊まります。
普段は美術作品として公開しているのですが、予約をして宿泊ができます。
到着したときは誰もいらっしゃってないようでした。
一応チェックインしてこのあたりを散策することにしました。

04nakag04.jpgここら一体はナカゴウグリーンパーク。

04nakag05.jpgキャンプもできる公園なのです。この公園内にはいろいろ作品があります。
まずコテージ。光の館と同時期にできたものですが、石井大吾という建築家の作品。
一度は泊まってみたいなぁ。


じつはモトクロス場が近かったりして、もしかすると新潟のレースとかあったりするのかも…と思ってます。
とゆっくりしていたらsunsetのイベントに間に合わない!車を飛ばして光の館へreturn!!


Sunset Sunrise

光の館に見学という形ではなく宿泊にこだわるわけ。
それは宿泊しないと体験できないイベントがあるから。
そのイベントとは2つあります。
光の間という部屋で体験する「日の入り」と「日の出」の色の移り変わりによる錯視を体験する事。
そして体が発光するお風呂。

このジェームスタレルという作家は光をテーマにした作品を作り続けています。
建物内もこだわった照明の明るさが随所に見受けられます。

2504hikarimaa01.jpg2504hikarimaa02.jpg2504hikarimaa02.jpg2504hikarimaa04.jpg2504hikarimaa05.jpg2504hikarimaa06.jpg2504hikarimaa07.jpg2504hikarimaa08.jpg2504hikarimaa09.jpg
光の間は天井部分の正方形が開閉します。
そして白い壁には間接照明があてられているのですが、これが外の光と連動して変化するのです。

3年前は雨で残念ながらこの体験はできませんでした。雨が降ると天井が開けられないからです。
でも今回は真夏の太陽が照っています!
無事イベント開始。
天井を開け、みんなで寝そべって上を見上げます。

写真取り忘れた。ごめんなさい。

まず、青空が広がります。
太陽が沈み始める頃、妙な現象が起こります。
青空の四角の際がやけにスカイブルー。まるで色を乗せたよう。
そしてそれは視点とは逆の方向の四角の際によくあらわれます。
目を動かすとそのスカイブルーのある位置が動くのです。

2504hikarimaa10.jpgそれと同時にあらわれるのが補色みたいな効果。
部屋の間接照明があたっている白い部分、これも正方形の際がやけに黄色です。
しかも視点の方向の際がすごい黄色。
こんなかんじ。


それが日の入りと連動して変化します。それがおもしろい!
どうおもしろいかは体験してください。

そして空が真っ暗になり、一番星だけが輝いている状態になったら部屋の明かりを消します。
その瞬間、うわっ!と広がる星空。…やられてしまいました。


タレル風呂

2504hikaribath01.jpg地下に行くとお風呂があります。
お風呂の手前にはとても美しい空間。そこを右手に曲がると真っ暗な部屋。

2504hikaribath02.jpg青い光の入り口がお風呂です。


お風呂に入ると真っ暗です。真っ暗で入るんです。
真っ暗なのでわからないと思いますが、こんな感じの浴槽です。
2504hikaribath03.jpg2504hikaribath04.jpg
浴槽に入ると入った部分だけが光ります。
浴槽の脇に光りが仕込まれているんです。

裸はお見せできませんが、足をなんとか撮るのに成功いたしました。
2504hikaribath05.jpg

それほど微妙な光です。
水につけた部分はまるで白タイツをはいたみたい。
何度入ってもおもしろい。
2504hikaribath06.jpg浴槽から入り口を見てもとてもきれい。


さて種明かし。
2504hikaribatha01.jpg2504hikaribatha02.jpg2504hikaribatha03.jpg
明るくするとこのようになってます。
おしゃれです。

浴槽は石で出来てます。
とても肌触りが良い。
洗い場と浴槽の高さが一緒なので洗った水が入らないように気をつけねばなりませんが、とてもおしゃれな浴室です。

2504hikaribatha05.jpg他にも自炊ができるようキッチンは充実しています。
食器やナイフスプーン、オーブンレンジ、IH。食材以外揃っています。



十日町のお祭り
2504maturi01.jpg

私達はお風呂の後、外食のため十日町市街にでました。
昼食の時に気付いたんだけど、今日はお祭り!的屋さんがいっぱい並んでました。
わにつりってなに?
2504maturi02.jpg2504maturi03.jpg2504maturi04.jpg2504maturi05.jpg
ここでちょっと遊んで、近くのご飯屋さんに入りました。
前菜屋たんと 安い旨いサービスgoo!しかもすごいイケメンばかり、新潟ってすばらしいかも。

そしてライトアップされているという山奥の作品へ。
あたり真っ暗、どこだよっ!と迷いつつ行ったのにライトアップされてなかった!
残念ー。友達は怖がってたのにごめんよ。
私は蜘蛛の巣にひっかかった。ぶべっ。


眠いSunrise

日の出は3:47。眠すぎる。けれど見なきゃもったいない!
一番大人数の岡山からお越しの木口さんグループは光の間で就寝。
日の出の時間だけお邪魔してみることになりました。
今回は写真撮っておきましたぞ。長いです。スクロールして見てください。
2504hikarima01.jpg
2504hikarima02.jpg
2504hikarima03.jpg
2504hikarima04.jpg
2504hikarima05.jpg
2504hikarima06.jpg
2504hikarima07.jpg
2504hikarima08.jpg
2504hikarima09.jpg
2504hikarima10.jpg
2504hikarima11.jpg
2504hikarima12.jpg
2504hikarima13.jpg
2504hikarima14.jpg
2504hikarima15.jpg
2504hikarima16.jpg
2504hikarima17.jpg
2504hikarima18.jpg
2504hikarima19.jpg
2504hikarima20.jpg
2504hikarima21.jpg
2504hikarima22.jpg
2504hikarima23.jpg
2504hikarima24.jpg
2504hikarima25.jpg
2504hikarima26.jpg
2504hikarima27.jpg


すがすがしい朝食
2504breakf01.jpg

朝食は縁側?でいただきました。
2504breakf02.jpgキッチンがあると知っていたので、チーズとエスプレッソを用意してきた。
眺めも最高。信濃川とその後ろの山の風景が広がります。
幸せじゃー。



アンケート

光の館でアンケートのお願いをされました。
やはり今回が最後ということで、続けていくとしたらどうしたらいいのか、というアンケートでした。
行政からの援助や、ボランティアの力、住民の力、いろいろとそのアンケートにはこのトリエンナーレの裏側がかいま見えました。
これは良い資料になる。と思い、アンケートをいただけるようお願いしたら、作成された事務局の方に話しを通していただき、その事務局の方の連絡先もいただきました。しかも事務局の方も是非お話したいとおっしゃっていただけたんです。うーん、これも縁?


ルームシェア
2504roomsh01.jpg

同じ日に宿泊したという記念に一枚みんなで写真を撮りました。
そこでお互いの事をちょっと話したらビンゴ!
なんとこの真ん中の男性は岡山の廃校に住む家具作家さんだった。(左隣お二人はご家族)
お名前は木口秀一さん
廃校に住むということ、どんなんなんだろう?
家具職人として生計を立てる、どういう大変さやおもしろさがあるんだろう?
いろいろ聞きたい。
そしてこの手前のロマンスグレーの女性は木口さんの作品を扱うギャラリー栂(とが)のオーナー栂さん。(右横は娘さん)
なんかすごい縁を感じた瞬間でした。
連絡先を交換したので、話を聞いてみたいと思います。
地中海博物館(四国の直島)とあわせて訪ねてみようかな。新しい目的ができちゃった。

つぎは沢山の作品を周ります。
お楽しみに。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | arte | *
この記事へのコメント
こんな写真見てると、やっぱり行きたくなっちゃうねぇ。
タレス風呂なんて、なかなか入れないぞ!
夜明の写真、いいね。
しかし妻有→直島とは、できすぎの話しって感じですごい!
Posted by あ! at 2006年08月31日 14:03
できすぎでしょー!
麻子さんも今度ぜひ!ここらへん温泉の宝庫です。
Posted by うーたん at 2006年09月06日 00:02
こんにちは お久しぶりの4年ぶりですね。たまたまネットで自分の名前を見つけたらここに来ました。木口です。あの時は楽しかったですね。翌朝お別れして我々は夕方まで妻有にいて夜に金沢入りする予定でしたが急なアクシデントがあり昼前にあわてて岡山へと帰りました。学校のアトリエのほうは去年からアートスペースを兼ねたカフェもオープンしました。またこちらのほうへ来られることがあればお立ち寄りください。

cafe & artspace 風舎
http://kiguchi.biz/fusha
Posted by 木口秀一 at 2010年11月18日 15:08
木口さま

ようこそおいでくださいました!
びっくりですね。
あれから4年も経ってしまいましたか。。。
いかがお過ごしでしょうか?
私が少し関わらせてもらった福島川内村の廃校は
コミニティスペース「ひとの駅かわうち」としてスタッフの方々ががんばって運営しています。
http://hitonoeki.com/
http://hitonoekidaihyou.blog89.fc2.com/
微力ながら手伝わせてもらったりしております。
廃校の活用ってかなり大変ですよね。

実は今年の夏休み、四国の芸術祭にも行ってきました!
その時、本州岡山に渡って高速使って帰ってきていたので、
木口さんのアトリエに是非行きたかったなぁ!
今度、そちらに行った際には寄らせていただきます〜
今後ともよろしくです!!
Posted by yumuy at 2010年11月26日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック