温泉ざんまい

2006年09月19日

翠の湯

2701midori01.jpg

松之山温泉にきたら目をつけていたのが露天風呂。
翠の湯という美人林の中の露天風呂。

2701midori02.jpgおじいさんに300円渡して入ります。


男女別で小さい小屋がついた露天風呂。
山の風景と木々の緑の中でとても気持ちよいです。
2701midori03.jpg2701midori04.jpg2701midori05.jpg
しかし、ここで虻の襲来にあってはやばやと退散。
2701midori06.jpg2701midori07.jpg2701midori08.jpg
でも気持ちよかったにゃー。


松之山温泉
2702onsen01.jpg


2702onsen02.jpg3年前に来た時にひなびた温泉街らしい松之山を見て一度泊まってみたくなりました。
お世話になったのが旅館明星。素泊まり4100円!しかも芸術祭にきた学生さんは朝食付きでこのお値段。私たち学生と間違われてこのお値段でした。


2702onsen03.jpg2702onsen04.jpg2702onsen05.jpg
朝一があったのですが、朝の7時〜8時で、すでに行ったら終わってた。
それでもひなびた温泉地を歩きます。
ここは谷になっていてかなりいい雰囲気の温泉地。
途中の温泉宿ではここのおいしい湧き水があったり足湯があったり。
谷間の川を眺めながら足湯をいただきました。
2702onsen06.jpg2702onsen07.jpg2702onsen08.jpg2702onsen09.jpg

2702onsen11.jpg2702onsen10.jpg
滝見屋旅館を通り過ぎるとき、へんな看板がみえました。
そばとジャズの店だって。
不良中年15箇条?

これをみて誰かさん達を思い浮かべるのでした。
あてはまってる?笑


夢の家
2703dream01.jpgいつか行こうとは思ってたけれど、写真で何度もみているのでそれで満足しちゃってたとこ。
夢の家。


いつか泊まるぞ!と思うんだけど、夢をみるということは寝心地最悪ってことでもあり、一歩が踏み出せないでいました。
古民家を活かした造りの夢の家。

作品の体験の仕方は
ここらへんの薬草をいれたお風呂に入って体を清める。
2703dream02.jpg 2703dream03.jpg

4つの色の部屋にそれぞれ泊まる。そのためにそれぞれの部屋の色のスーツを着る。
緑の部屋、青の部屋、紫の部屋、赤の部屋。
2703dream04.jpg2703dream05.jpg2703dream07.jpg2703dream06.jpg
そこで就寝し、夢を見る。
そしてベッドに装着されている夢の日記に夢を書きつづる。

赤い部屋がきついです…
この作家さん、どんな人か知らなかったけど、かなりエグイです。
2703dream08.jpg2703dream09.jpg
2703dream10.jpg2703dream11.jpg
でも、お手伝いしているのはこの地区のおばちゃん達だったりするところが、ほっとします。
いろりとかいいなぁー。



薬酒
2704furo01.jpg
不老長寿の家はいろいろな薬草をつけたお酒がたくさん!
2704furo02.jpg2704furo03.jpg
漬け込まれた薬草もまた綺麗。
2704furo06.jpg2704furo07.jpg
2704furo04.jpg2704furo05.jpg


収穫の家
2705shuka01.jpg「夢の家」「不老長寿の家」「収穫の家」が近くにあります。


2705shuka02.jpg2705shuka03.jpg2705shuka04.jpg


怪しい廃校
そとは夏空、蝉も鳴いて、暑いです。
2706haiko01.jpg

それとは反対にこの廃校の中、怖いです。
2706haiko02.jpg2706haiko03.jpg


キョロロ
2707kyoro01.jpg
入ってみたかったキョロロ。
松之山ではキョロロという施設があり、ここでは里山の生物や植物などの博物館的な役割を担ってます。
でも普通の博物館っていうよりはアートが入ってます。
2707kyoro02.jpg2707kyoro03.jpg
外観は錆でおおわれた要塞って感じ。
この鉄板はある錆がでても鉄板の中までは錆が進行していかない素材。
いい味出してます。

中にはいって棚があります。
ここの地区の人が採ったここの里山にあるものが詰まってます。
かわいいものをみつけました。
2707kyoro04.jpg2707kyoro05.jpg
かじか、「死んでも別れたくないので標本にしました」だって笑

そのほかにも生きたまんまのマムシとかシマヘビとか。マムシははじめてみたなぁ。
2707kyoro06.jpg2707kyoro07.jpg
やもりいっぱい。。。スズメバチ生きてます。
2707kyoro08.jpg2707kyoro09.jpg

2707kyoro10.jpg蝶の標本部屋は圧巻。


2707kyoro11.jpg川に住む生き物も展示されています。

なまずー。
2707kyoro12.jpg2707kyoro13.jpg2707kyoro14.jpg
もりあおがえる!川内村で有名だけど、見たことなかったのがここにいた!
2707kyoro15.jpgザリガニ釣り、大人気。


塔の上に上っていきます。
2707kyoro16.jpg 2707kyoro17.jpg
真っ暗です。足下だけに照明があります。
壁のライティングは素敵です。
上っていくと山が見渡せます。駐車場は扇形になっていておもしろい。
2707kyoro18.jpg 2707kyoro19.jpg

2707kyoro20.jpg2707kyoro21.jpg
木工室もあります。ここでこんなものを作ってます。


人間大
キョロロの展示
超高解像度/人間大昆虫写真
テレビに映ってたのをみたときは、ただでっかくなっただけじゃんー。とか思ってたけど、全然違うんだ、迫力が。
2708konchu01.jpg2708konchu02.jpg
まず実物大。

そしてでっかいの。
色の鮮やかさや質感、毛の一本一本までみるととっても綺麗。
2708konchu03.jpg2708konchu04.jpg
2708konchu05.jpg2708konchu06.jpg
2708konchu08.jpg蝶なんて鱗粉も見えるし、毛もふっさふさ!

2708konchu07.jpg人間が小さくなると、こんな昆虫の世界があるんだなぁー。すっごいきれいだなぁー。
とてもおもしろかったです。



棚田定食

2709tanadate03.jpg

キョロロではレストランがあります。
そして今回のトリエンナーレでは棚田定食ってのがあるんです。
これも作品。作家さんが説明してくれます。半纏がかわいいです。
2709tanadate02.jpg2709tanadate01.jpg
棚田っていろいろな形があります。
そのお米が採れた棚田の形の皿を焼いて、その皿に盛ってくれるんです。
2709tanadate05.jpg2709tanadate06.jpg2709tanadate07.jpg
おいしかったよぉーこしひかり。完食です。
2709tanadate08.jpg
by yumuy at 23:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | arte | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック