レディース

2017年01月18日

MFJからこんなもんが手紙で届いた。
全日本選手権レディースの申込書
写真 2017-01-18 10 21 56 (1).jpg

「全日本選手権」=日本最上位クラス

こんな重い申込書が、案内の手紙も説明もなく、
この申込書だけが入っている。
ぶっきら棒にもほどがある(悲

日本最上位クラスに、誰でもが参加できるっておかしい。
そんなに気軽にでられる大会ではない。
地方選から必死に練習してのし上がってきた他の参加者に失礼に思う。

レディースは半額だ。
マインダーも半額。
やることは他のライダー達と同じ。
ましてやレディースが入ると時間が押せ押せになるし、セクション設定も難しくなる。
大会運営者側に負荷をかけるのに、半額?
他の参加者の方々のお金がこれに補填されてるって考えると…。。。
申し訳なくて参加できない。

去年全日本キョウセイにIBヨシローのマインダーとして参加させてもらったからなんとなくわかる。
タイムが厳しくて、すべてのセクションにinできない。
後からスタートのIASに追いつかれないかが鍵となっていた。
それだけみんな必死なのに、ノービスで参加できるって、、、
神聖な勝負の場に土足で上がるような感覚になる。

そもそもレディースの人口が少ない。
そんな少ない分母で勝負になるのか…。
もっと女性の人口を増やす施策である底辺拡大はやっているのか。
頂点をつくれば底辺が拡大する? 底辺つくればおのずと頂点ができる。

そしてなにより、
レディースにでていい成績を残したからって、NB<NA<IBの路線には乗らない。
NAレベル目指すなら別途で地方選手権にでなければならない。
NAレベルを目指したい私はレディースなんて出る余裕が金銭的にも時間的にもない。
練習だけでも整備の時間を捻出するのに四苦八苦しているのに…。

個人的には、
セクションコーディネーターの匠さんが真壁のセクションを設定していたのにもかかわらず、
去年このレディースセクションのせいでMFJとの意見の相違があり、
匠さんは今年からやらなくなってしまった。
匠さんの作るセクションにいつも驚きと発見と感動を覚えていたのに、その機会が失われてしまった。

MFJが考えるレディースのあり方が、男目線すぎて、かなり残念だ。
なんだかもうMFJのNAは目指したくなくなってきてしまう程、MFJには呆れさせられる。

結論は「シンプル」に!うまくなるために関東選にでます。
by yumuy at 18:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック