NB優勝@県大会魚沼

2017年06月15日

19105724_1422264221201476_7641041169031758729_n.jpg
魚沼の県大会でNBクラス優勝しました!
自分でも信じられない、すごい驚き!!

とても楽しいツートラみたいな大会だということを聞きつけ、
1年前から行きたいなぁと思ってた大会。
すでにNAへの道はあきらめ、県大会だからと行く必要もなかったんだけど、楽しそうなので参加決定。
行ってよかった!セクション、風景、自然、人々、ごはん、みんなよかった!!
天気というスパイスもあったかもしれませんが、雰囲気が山遊びと似てたのが楽しさを感じたポイントかもしれません。

場所は魚沼トライアルクラブホームグラウンド。

Google Mapに登録がなかったので、申請登録しちゃいました。
なので、難なく到着。

前日は白井でヒルクライムの復習&キャンバーターンの練習。
でも喋ってばかりで練習そっちのけw
2017-06-10 10.43.53.jpg
一人で第一で乗ってたら亀のウラッ返しになってしまって、どうしようかと思ったけど、抜け出せてよかった。

16時過ぎに切り上げて、ツヨポンママが居るうちに、リアタイヤを逆履きに。
洗車して、タイヤ外して逆履きし、エアクリ交換して、フロントの芯出しも。
そうこうして、またコーヒーで休憩させてもらって18時。
かまやでご飯食べて、スーパーで買い出しして、お風呂入って…してたら21時。
関東道経由で関越道「小出」で降りて、0時過ぎに到着、就寝。

清々しい朝。
2017-06-11 07.18.54.jpg

参加者は50人くらい。
NBは19人!少な!!ポイントゲットのチャンス!!
まぁでももう昇格は諦めてるんですけど…。
スタートが9時なのに、なぜか8:50でもスタートしちゃうという緩さ。
天気はぴーかん!だけど、日陰に入るとひんやり涼しい。

8sec×3lap
2017-06-11 07.53.57.jpg
前日下見もしてないので、よくよく下見しなければならん。
2secが混んでいたので、3secから。

3secはキャンバーターンとヒルクライム。
丁寧なターンと、ヒルクライムでの踏み込みと開けがポイント。

4secでは沢を渡る時に石ゴロゴロに右足を取られて、ステップから外れてしまったけれど、間一髪足はつかずに済んだ。

2sec。今回一番難しかったセクション。
入り口の滑る石にリアが持って行かれないようにターンをするのが超絶難しい。
さらに、沢へ下ってからのヒルクライム。助走がまるでないところから、ヒルクライムを登って行かなきゃならない。下りもヘビィ。
1lap目、まるでダメ状態で、ターンは足つくは、下りでつんのめって前転しそうになるわ、ヒルクライムで危うく止まっちゃいそうになるわで、必死で3点を死守できたのが嘘のよう。
くっそぉ。
それで確か、へーちゃんが1点で抜けてたんだ。
またへーちゃんと大きく差をつけられちゃうよ…と狙い出したのが良かったのかもしれない。。。

5sec、ここのポイントは根っこ上でのターンだ。濡れてる。いかに滑らないで足をつかないで行けるかどうか。奥側からのゆるいターンを選んでクリーン!

6sec、長いヒルクライム。助走がほとんど無く、少しターンが入り込む。ここは練習の成果をいかんなく発揮できた。アクセルを開けていけたし、踏み込みも完璧。ただ、胸を張りきれなかったことが1ラップ目残念でした。それが以降のラップにいい影響を及ぼす。完璧なフォームを追求できたから。

7secここも難しそう。沢で濡れてて滑りそう。これもしっかりと開けるのがポイントだったのはわかったんだけど、滑って足が出てしまった。それでも辛抱して、ゆっくり丁寧なライディング守って1点で出られた。そしてこの時点で7secはクリーンで出られる自信がついた。

8sec細い木をどうやって避けて、ヒルクライムへ臨むかが問題だった。
細い木をよけ、ターンしようとすると結構エグいターン。どうしようかな…と考えあぐねていると、地元の人らしき青年がトライ…したらば、細い木の根元をフロントで踏みつけそのまんまリアも通過していっちゃった!!行けるんだっ…!
いいラインを見つけてしまい、安定クリーンのセクションになった。

1sec朝、プラクティスエリアになったところ。かなり緩めに作ってくれてたセクションだったのでなんなくクリーン。見ると、みーーーんなクリーンだ。

1lap目
2017-06-11 11.29.05.jpg

2lapに入り、

2secで2点、この2点はかなり改善された2点だった。みんなが引っかかってた最初のターンはいけたのだ。ヒルクライムでとっちらかってしまって足を2回ついてしまった。それ以外は下りもいけたし、すべてOKだった。ヒルクライムでいければ行ける。次は行ってやる!と妙なワクワク感があった。

4secで石にふられて足をついてしまったのは、前の人がリアでかいてしまい、石が移動して、どうしようもなかった。。。不運だったとしか言いようが無い。

2lap目
2017-06-11 12.33.25.jpg

採点カードを提出する時、
運営の人が「小川さんの指導が効いてるのかねぇ」と褒めてくれた。えへへ。と、
その脇にスコアボードがあったので、見てみた。
ん?んん??!
1lap目、1位じゃん!(へーちゃん抜いたんだ)
2lap目、みんな書いてあるから、私がかなりドベなんだなぁと見てたら、
ん???あたし3点だから…2lap目も1位じゃん!!
で、へーちゃんが2位!ってことはだよ、
へーちゃんより少ない点数で回ればいいってことぉ!!?
ということで、へーちゃんから逃げ切ることだけを考え、さらに残り1時間しかないという時間との勝負を抱え3lap目へ突入。

残り1時間はギリギリと判断し、さっさとクリーン取れたところは下見もせずにトライ。
難関の2sec。執念に燃える。
ここをへーちゃんは1点で切り抜けたはず(妄想)
なので、それを上回るクリーンが出せたら、どえらい差になる。
クリーンだ。出せそうなんだからやるっきゃない。
開けるところは開け、ターンはきちんとフォームを固めて自分から動いて切り抜けた!
泥沼ターンはゆっくりと滑らせないように。ヒルクライムはアクセル開けて回転上げてからクラッチを優しくつないで戻さない!下りは腕立て状態で辛抱してゆっくりと。最後のターンも回転あげてから踏む、抜くポイントを考えて登って行ってターン!抜重で丸太越え!
決まった‥
ちょー気持ち良かった!!
このままオールクリーンになりたかったけれど、次の5secでラインをタイヤ1個分外してしまい、根っこターンで1点ついてしまったのはご愛嬌。
あとは慎重に全てのセクションを淡々とこなしていく。
時間を目一杯つかって、下見する。
他はクリーンだ。
2017-06-11 13.16.59.jpg
これでへーちゃんに勝っただろ!!!と念願の打倒へ〜ちゃんを達成したのでした。
2017-06-11 19.00.50.jpg
もう二度となかろう。。。

2017-06-11 11.30.32.jpg
会場は、パラグライダーの全日本が行なわれる地域。
空にいっぱいパラグライダーが飛んでた。すごい数。

居残り練習して、川で洗濯。
2017-06-11 19.00.01.jpg
この時すでに毛虫に犯されかゆくて仕方が無い…。


帰りはお風呂入って、毛虫の毛を洗い流し、
調べてあったレストラン小樽で
トリプル肉!!!
2017-06-11 19.07.09.jpg
プリンアラモード!!!
2017-06-11 19.57.10.jpg
お腹いっぱい、幸せいっぱいで帰路につくのでした。

んで、一人反省会。19060158_1423744491053449_4371183275288269871_n.jpg

後からよくよく考えた勝因は…
苦手な‥
・直角ステアがない
・2連続ステアがない
得意な
・キャンバーターン満載
練習した
・ヒルクライムがいっぱい
・踏む、抜くのポイントが判断できるようになった

要はトリンバのような人口セクションの反対だったということで、
私の苦手はトリンバのようなセクションだということが分かってしまった。。。
課題は山積み、来年NAへの目標を考えると、浮かれてる場合ではないのです。。。
(来年も10点取りに行くぞ!)

さて、今週は久しぶりの嵐山だっ。
by yumuy at 17:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック