霧降高原トライアル2017

2017年11月29日

P1000521.JPG
もうボロボロ。。。
すべてボロボロ。。。
なにもかも。。。

最大のミスは…
デモの時間を忘れ、MCができず、みんなに迷惑をかけてしまいました(T T)
みなさん大変申し訳ございませんでした。

さらに、中級セクションが難し過ぎて、点数的にぼろっぼろ。
1secのIN手前で転けて、川へダイブし、半分水浸し…。
それはいいんだけど、膝上を打撲して、力が入らない、キックがしづらい状態に。

3secまでこなして、確か去年も1〜3secは難しくって、他はそれほどでも…だったはず。
実は前日、sectionの下見はほとんどしなかった。sectionがどこにあるかだけ確認してた。
それがアホだった。かなり難しくなってた。

困難なセクションのためか、テキパキこなしているにもかかわらず、過ぎゆく時間。
お昼までに1Lapの半分も終えられないぞという焦りからか、デモ時間の記憶が飛んだ。
はたと気づいた時にはデモスタート時間を15分超える11:45。
もう間に合わない。
しかも一番奥地のセクションに来ちゃったばっか。
みんなを置いて行くか、一緒に行くか、
セクションやってから行くか、速攻行くか、
デモをもう吹っ飛ばすか、いやそんなことはできない。
いろんな策が頭を駆け巡る。
とにかくみんな待ってる。心配だってする。だから行くしかない。

そう思った時に来てくれたのはヨッシー♪
「みんなのことは任せて、広場に向かって」と言ってくれた。
すかさず、みずき君と向かう。
P1000509.JPG
到着が11:50。匠さんが代わりにMCをしてくれてた。
そこへ途中から入った。
頭が回らない。
何言ったか覚えてない。完全に飛んでいる。

そうして、sectionへ戻ったけれど、1LAPを終えたのが15時前。。。
あと1時間半で日の入りだ。それで2LAP目を終えなければならない。
みんな焦る。けれど一番大事な楽しむことは忘れない。
楽しみながら焦る。
迫る日の入り…もうすぐ日が沈む。
遭難から脱出せよ!的、切羽詰まり感。

でも日が暮れる寸前でみんな脱出!やったね!
って終わってみれば、連帯感のあるうーたんチームの出来上がり。
みんな楽しんでいただけたようでホッとした。

私の反省は、
引率と選手と運営と、明らかにキャパオーバーでした〜。


さてさて、設営ではこんなことも。
2017-11-25 12.30.09.jpg
by yumuy at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | bike>trial | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント: