全日本@もてぎ

2019年06月23日

4BA05341-5338-44F4-AC54-E7AAE549E4E2.jpeg
ドベだったんだけど、出て良かった。
出たら出たで注目されて、なんやかんや言われるのが億劫だったけど、
申し込み最終日の21時。
厳しいセクションになるのはわかってた。
でもやっぱり匠さんのセクションを走れるなんてことはもうあまりないだろうと、
後悔するよりやってダメでもいいじゃんという気持ちが勝り、23時にゆうゆう窓口へ提出。
突発的なのでマインダーはなし。くみちゃんに水持ちをお願いした。

大会の前週、体調を崩す。
金曜夜から喉の痛み。
やばいなと思いつつ、雨の中で最終練習。
日曜夜は熱中症と腹痛で帰りは1時間ほど真壁でぶっ倒れてた。
月曜出社したのが悪かったのか、そのまま悪化。
熱が出て3日間休んでしまって、副鼻腔炎併発して平衡感覚を治さなきゃ!と
金曜夜に耳鼻科に駆け込み、抗生物質をもらう。これでギリギリ出られるぞと。

本番前日は4時起きの5時出発、もてぎ8時着。
東北道ー北関東道で高速だったけど、結構料金とられて、これだったら全下の方がいいかも。
高速降りたら、トラ車乗っけた車がちらほら。
黒い車に尾行されて、もてぎ到着。

なにもかもが慣れてないけど、ゆるい時間が過ぎる土曜日。
雨が降ったりやんだり。
下見は関東戦と違って3時間くらいしか出来ない。
セクションは大味だからいいんだけど、
見るからにやったことない部類のステア、ヒルクでビビる。
ステアが三角木馬ばかり、しかも高い。登るのはいいけど、その後真っ逆さまだ。
やったことがないので、どうやっていくのかよくわからない。
吊るっていったって、丸太だから下がない。かなり開けないと上いけない…。

セクションを見ていくと、気づく。
正解ラインは挑戦ライン。
マーカーは広くとってあり、他のラインがいくつもあるけれど、そこいくとしっぺ返しが待ってる。
挑戦ラインが一番すんなりいくけど、かなり挑戦的。
どっちに行くか…。
迷いながら就寝。
今だからわかるけど、関東はちまちまセクションであんなダイナミックなセクションやってない。

結局やったことがないことだらけで、玉砕。
でも、いけるかいけないかわからないけど、3点で抜けるラインじゃなく、正解ラインにトライした。
その方が私らしいし、後悔ない。

終わった後、くみちゃんのスイーツで反省会。
ジャンジャンブルのダブルチーズケーキ!うま〜♪
みちゅさんのいちごババロアもうま〜♪
そこへ省造さんが来てくれました。セクションでは気づくといつも見ていてくれてる。
全日本じゃない、ワールドワイドな面白い話をいろいろ聞いて、いつの間にやら19時。
みんな帰って閑散としたもてぎを後にしました。

あとの反省は…・開けなきゃ行けない
・開けたらステアの上できっちり止まれなきゃならない。
 ブレーキ操作で止まれるように、操る技術を身につけなきゃならない
・踏む&抜くとサスのリズムを自分から取っていかなきゃ行けない
・踏み込みが甘い、かなり深いスクワット状態にしないとならん
・地形に合わせるんじゃなくて、捩伏せるくらいに向かっていかないと行けない
・ツルツルに負けたらダメだ、ツルツルからグリップするところまでかっぽじって我慢しなきゃ
・体が動いてないってのは、バイクよりも「先に」「真ん中」に乗りに行ってないんだ
・ダイナミックでも、必ず通さなきゃならないポイント外しちゃいけない
・どこでもどんな場所でも振れるようにしなきゃならない
・逃げちゃだめだ、真正面からぶつかっていけ

「うーたんはアクションが弱い、ふにゃふにゃだ」という指摘の意味がわかった…。
踏み込みの深度が足りないこともわかった。
苦手で避けてた練習もよーくわかった。
開けるところ、閉じるところ、クラッチつなぐところ、半クラにするところ、明確な考えを持ってやらなきゃ。

いろいろと理解させてくれるセクションで、本当に出てよかった。

後日、やっぱり連絡がきて、叱られまして…
これが実力と猛省しまして、、、
でもこれで終わりだと思うなよ〜今に見てろっ!
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | bike>trial | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント: