電気、ガス、ときたら…水道!

2008年08月04日

080803water.JPG

屋上で野菜を育てる。でも水場がないから、3Fのお風呂場からじょうろ、もしくはホースで水を上げて水まき。これが結構面倒。
でも夢は屋上で緑のカーテン!

構想半年、突然休みになった休日に思いつきで作業をはじめる。
ホームセンターで水道管と蛇口を買って来て、3Fの洗濯機の蛇口から水道を屋上へ引く。

080803water1.JPG昼間は暑いので、夜の作業。怪しい人が上ったり降りたり。かなり危ない作業だけど暗くて見えないから怖くない。
怖くないけど危ないので慎重に。
まだ固定はしてないし、水漏れが一番怖いけど、。。これでどうだ?
一日経っても水漏れなし♪クラシアンに就職しようかしら。

母が見た瞬間、「あんたは間違いなく父の血を引いてるわ」と笑われた。
男に生まれれば、もうちょっとまともだったのに。と時々思う。


080803water2.JPGトマトが赤くなってきた。
インゲンは伸びたけど、そのせいか実がならないなぁ…。


080803water3.JPG
月桂樹の葉を間引き。刈り取った手がとても良い匂い


by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | casa* | *

ロールカーテン

2007年01月28日

今週の山場!
ロールカーテン取付け。これさえできれば、この家で寝られる。

ロールカーテンはヤフオクで。
5枚買って全部で2万!
しかも薄い白と、遮光のグリーンでダブル。

どたたたたたっ!と振動ドリルで打ちまくり!
こりゃ明日筋肉痛決定だ。でもきれいに付けられたー。
いっぽいっぽ住めるような気がして来た。
Tendarullo01.JPG


Teiera.JPGあたらしい急須を出した。
うちはすぐ割っちゃうから金属なんだ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

撤収

2006年11月03日

unacasa11031.JPG施工会社が撤収をはじめた。
工事の門がなくなった。うわーセットバックしたなぁー。
ボルボを合わせてみる。まだ仮設トイレが残ってるから全部は入れられなかったけれど、この分だと入りそうだ。


unacasa11032.JPGunacasa11033.JPG
撤収はいいけれど、できてないところが満載だ。
結局賃貸アパートなどを手がけている施工会社だからイレギュラーな事を頼んでもできないと言われる。で、建築事務所か施主がやることになってる。お風呂はエプロンだけなんだけど、これは私にはできないなぁー、と事務所任せ。右PHは階段の落下防止用。これも単管。結構かっこいいなぁーと思ってるんですけど。これに洋服、コートとかかけるんだ。でも検査してしばらくしたら取っちゃうのだ。
unacasa11034.JPGunacasa11035.JPG
2Fの家の裏に簡易バルコニーを建築事務所が作ってくれてる。が。水平垂直が…‥いいのかこんなんで?まっタオル干すだけだからいいか。

unacasa11036.JPG最近はめっきり秋らしく、夜は冷え込んできた。そろそろ衣替え第二弾!アトリエの地下から毛布やヒーターやらだした。そのとき、本物のハンマードリルが発掘された。マキタだよん。

by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

キッチンがついた?

2006年11月01日

unacasa11011.JPG

ガス器具が一応つきました。
これで問題は一応決着。あとは吊り戸の扉をうまくおさめればいいわけだ。
unacasa11012.JPGunacasa11013.JPG

実はこのキッチンものすごい大変だった。
まず、施工会社がつけてくれない、販売店もつけてくれない、メーカーからの店もイマイチ。
結局建築事務所の方々一同で試行錯誤。それで1ヶ月もかかってしまった。

まず、施工説明書がない!
これも事前にないとできないって教えてくれてれば探したのに。
結局ネットを猛烈に検索して見つけました。

次は吊り戸の扉が梁にあたって開かない!
開き方を変えたり、ぶった切ったり。
ステーをハンズに、ホームセンターに、ネットで探す。
結局、建築家さんは時間がなくてできず、私が動く事に。

次はガスコンロ。
どこを探しても施工説明書はない。
普通メーカーに問い合わせて聞くでしょ。と思うところに、
どうしたらいいでしょ?と逆に聞かれた。
で、これもネットを検索しまくって、結局ハーマンのOEMだってことを見つけ出し、ハーマンに部品を発注。
昨日到着。

今日がシーリングの日でぎりぎりセーフ。
スリリングだ。
そしてシーリングがすべてに施されていた。


11月の金利が上がった。残念〜。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

キッチン吊戸の扉

2006年10月30日

unacasa10301.JPG悩ましい問題が解決。
まずは昨日からトイレの吊り戸をつけた。
ヒンジで吊って、フラップステーを取り付け。
予想外に扉が重くて片側だけじゃダメみたいだったけど、なんとかついた。

unacasa10302.JPGunacasa10303.JPG

今日は会社から帰ってきてからキッチンの吊り戸の作業。
ホールソーで溝をほって、ヒンジ取り付け。
扉を取り付けて、フラップステーをつける。
unacasa10305.JPGunacasa10306.JPGunacasa10304.JPG
音がすごいんだけど、外には聞こえないみたい。
だから夜でも作業ができる。
それだけコンクリは気密性がいいんだけど反響もすごい。。
扉を閉めると面白いようにエコーがかかる。
あ〜〜〜〜〜♪
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

2948mm v.s. ボルボ

2006年10月29日

キッチンの吊り戸の扉に頭を悩ませながらホームセンター通い。
昨日は一日で、新井薬師のドイト、三郷のビバホーム、志村坂上のビバホーム。
なかなか作業に移れずイライラする。
夕方帰ってきてから作業をするが吊り戸の扉をどうやって隙間なく吊るか、頭を悩ます。
蝶番か?ヒンジか?ステーか?

買わなきゃならないボルトクランプを購入しに今度は豊洲のビバホームへ。
バッテリー上げたときに上った坂なんてアクセル一踏みでびゅーん。

unacasa10291.JPGボルトクランプとともにヒンジと玄関上部の木材を購入。
玄関上部の木材は2948mm
ボルボに入るかどうか微妙だったけど、やってみたら入った!
棒状で斜めに入れれば3mは大丈夫みたい。長いなぁボルボ。

by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

電動工具

2006年10月28日

グラインダーとジグソーは家にある。
ドリル系統もあるにはあるが、プロ用のでとても重くて私には使い勝手が悪い。
普通のDIYの工具がほしい。
どでかい本棚、タンスを作る予定。
ライティングレールもつり下げねばならない。
たぶん将来的には吊り戸も買ってつける事になるだろうし。

ということで、買ってしまいました!
ボッシュの振動ドリル & ナショナルのインパクトレンチ
unacasa10282.JPG


unacasa10284.JPG振動ドリルはハンマードリルと迷ってたんだけど、価格の面からハンマーまでいらんだろうと。
また10mm開ければいいだろうと。そして見つけたのが掃除機もついてて、ドリルドライバーとしても使えるもの。やっぱり充電式は弱いからコードイン。


unacasa10283.JPGインパクトレンチはドリルドライバーでも良かったんだけど、本棚を作るときにボルトを閉めるレンチが欲しかった。コードインが良かったんだけどあんまし種類がなかった。そしてボッシュのインパクトは0〜高速回転のスムーズさにかけた。やっぱ日本製?ということで広く初心者DIY向けの物にした。
もうちょっと考えたかったけど、進まんからこれでいくぞ。


明日は吊り戸棚制作だ!

で、扉の開き方が梁にあたってNGだったのでステーを買った。
上開きステーはあまり一般のお店では扱ってない。
店員さんに聞いて、ネットで探してみた。
見つけたのがここ。ヨットのお店です。
ニュージャパンヨット
unacasa10285.JPGヨットの中に使うのか知らないけれど、良いデザインのステーがあった。
しかも片側だけで済む。取り付け方も簡単そう。
購入したら、結構親切で良い感じでした。
ここの車用の照明もキッチンに良い感じ。買おうかな。


だんだんマニアックになってきた、ヤバい。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | casa* | *

点灯☆

2006年10月28日

内部の照明はどうしよう…。
と迷ってました。
当初は普通の蛍光灯を考えていた。
ローゼットはちゃんとついてて照明を買うだけでポン付けできるはできるが、、、
それじゃ蛍光灯はつかない。
ローゼットをとって、コードを引っこ抜く…なんてことはもったいない。

たどり着いたのがライティングレール。
最初は簡易型、ローゼットにくっつくものを念頭においていたけど、
結構数が必要になるのでバカ高い。
そうなると直づけを考える。
が、
やったことがないので不安だ。
ここ数週間リサーチにリサーチを重ね、できそうだと思ったので試す。

部品を買って来て、バラして、つなぐ。
これで良いのか?と慎重になりながら。

大学の光の授業では、こういうことをやって、
一回ビリッと感電したことがある。バチッ!ときたこともある。気をつけねば…

コンセントにいれて…

点灯!すばらしぃー。おぉっぴらにはできないが、これでいこう。
unacasa10281.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

じょじょに

2006年10月26日

結構できて来てるところはできて来たが一歩一歩じょじょに進んでいる。
3歩進んで2.5歩さがるといった感じ。

まず、キッチンの水道をつけてもらうが、お風呂の水道がNGだった。
排水の空間が確保できないらしい。
で、しかたがないのでお風呂の高さを一段あげた。
両親的にはOKらしいのでまぁいいか。
すったもんだして、お風呂とシャワーは無事について水が開通された。

もう一方はガス。
キッチンのガステーブルの施工説明書がなくて工事屋はできないと言っている。ってこれまでも何度もいわれたので、今更驚かない。
webで型番から調べるとどうもTOTOの商品だけど中身はハーマン。
TOTOに電話してもらって型番から施工説明書が出てこないか聞いてもらうことにした。ら、出て来たらしい。
型番調べてメーカーに聞く、そんなこと基本じゃん。とか思ったりするんだけど。。。

写真を載っけたいが、夜帰ってきて真っ暗、朝は寝坊助なので撮ってる暇がないぃ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

侵入者F・C1・C2

2006年10月23日

今日は雨。
でも玄関の扉を塗るために取って横置きにしてある。
あけっぴろげ。

照明の位置を決めるため、帰宅してからマスキングテープを片手に家に入った。
電気をつけて1Fの玄関を入ると、



猫が2匹飛び出してきた。
雨宿りをしてたのかな?と思ったが、違ってた。
部屋の隅にもう一匹の侵入者あり。
カエルだ。

家の前の地主は庭をジャングルのようにしていて、池があり、カエルが湧いている。

unacasa10231.JPG
なにも、ガス管の上にいなくても。。。
カエル注意。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

考えるより行動

2006年10月22日

母はとりあえず動く。無駄な動きが多い。
私はまず考える、計画をする。合理主義。

中長期的な計画なしで行き当たりばったりの人生の母をあんまりよく思ってなかった。
合理的に一石二鳥な緻密な計算から成り立たせようとしていた。
家を建てるときも計画計画で頭フル稼働!

最近思うのは、頭で考えているばっかりでとっても疲れる。全然進まない。
やってみなきゃわからないってことばかりで、頭の中で緻密にシュミレーションしてから動こうとするけれど、思った程合理的に進まない。

もしや、インスピレーションを研ぎすまして、直感で突き進む方がいいんじゃなかろうか?
中長期的計画も大事だけど、目の前の問題を場当たり的にでも突破して解決して行った方が早いのかも…

とラジオから流れる成功者の話を参考に考えてみて、今日は実践してみました。

朝ご飯をすませて、
玄関ドアをはずす。
玄関ドアにオイルステンを母と一緒に塗る。
サンダーで戸があたる部分を削る。
玄関ドア吊り金具を黒に塗る。
キッチン吊り戸をどうするか実際に計って現場で考えてみる。方向性が見える。
unacasa0610222.JPG道具が必要なので4mの単管と一緒にもろもろ道具を買いに行く。
自在クランプ30個やらなんやらを購入。
貸し出し車で運ぶ。貸し出し車を返す。

unacasa0610224.JPG帰ってきてご飯食べて、吊り戸を加工。
吊り戸はただじゃつけられなかった。
隙間が小さくてつけられなかったけど、上下まっぷたつにして別々の所につけることにした。
初めて使うジグソー、切断。うまくできた。
キッチンの吊り戸はかなり悩ましい問題だったけど、これですっきり。

unacasa0610223.JPG玄関ドアも良い色合いに。


一つ一つ実際に目の前にして解決していくのが近道なのかもしれない。

来週はライティングレールをつけるぞ。次は本棚、その次はタンス、その次は引っ越しだ…あー…って先々考えてしまうのは憂鬱になるからやめよっと。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

とっちらかってます

2006年10月21日

何からしたらいいんだか頭の中がとっちらかってます。
更新が滞ってますが、せっかく書いたブログの文章を会社に忘れてきたので
10/13〜のブログはしばしお待ちを。

さて今日はとりあえず、照明の位置を母と相談。あれやこれや、金額の面やらデザイン性やら取り付けられるかどうかなどなど、照明のことだけでもいっぱいいっぱい。

午後から今住んでいる方の家のリフォームの見積もり打ち合わせ。
が、当初頼んでいたのとは全然違う全面改装リフォームの見積もりがきた。
良いお客様にはなれないのよ…
ということでもう一度プチリフォームで見積もってもらうことになった。

ネットで照明の事など調べていたら、もう夕方!
4mの単管を購入しなければならない。これは志村坂上のビバホーム。貸し出し車が借りれるからだ。
電話してみたところ、貸し出し車が迷って帰ってこないらしいぃ。
やることは他にもいっぱいあるので、振動ドリルのリサーチで三郷のスーパービバホームにいくことにした。

飛鳥山の高速から30分。一人ボルボで高速に乗るのも大分慣れた。ETCもついてるし♪
しかし閉店まで1時間半。こんな楽しいテーマパークではすぐ時間が経ってしまう。
はよせねば。

まず1.5mの単管5本を半分にしてもらう。他1mの単管8本購入。
単管の頭、蓋の部分の見本を購入。
他にもキッチン吊り戸の上開きステーとかを探したり、照明器具の装置を見たり、
あっちゅう間に閉店。買い忘れたもの多数。

帰りは付属のでっかいショッピングモールの中をてくてく散歩しました。
いやぁー若い夫婦ばっかだねぇ。こういう所で買い物するんだねぇ。
でも全体的に高いな、イトーヨーカドー。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

iMacの箱

2006年10月18日

会社のMacがintelMacに変わったってのは書いたけど、
その箱が会社に捨てられていたので、すかさずもらう。
引っ越し用にベストじゃん。取手もついてるし。
母に車で来てもらって引き上げ、そのまま豊洲のスーパービバホームへ。
最近豊洲はららぽーとなどができて活気がある。

3F手摺用単管と玄関扉の木材を購入。
店員さんから「何を作るんですか?」と聞かれ、
玄関の戸ですと答えると、「あらー楽しそうねっ」とうれしそうにしてた。

楽しそう?
そうかはたからみると楽しそうなのか。
楽しいんですよぉ〜と自慢しとこう。(でも実際はとっても大変)
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

階段の手すり

2006年10月16日

unacasa10161.JPGローコストハウスなのです。
手すりなんてつけられる予算がありません。
しかしつけないとお役所から「家ではない」といわれ、住めません。
なので単管でつけることになりました。
でも仕方がないっていうわけではなく、ローコストとデザインを考えてのことです。
出来合いのみょうちくりんな偽物っぽいもんをつけるのは避けたい。
という気持ちが建築家さんとぴったりあってます。

unacasa10162.JPGまっ錆びたら次を考えます。
そうやって進化する、白いキャンバスみたいな家にしたかったんです。
でも世話が大変だけど。
最初は見た目で大丈夫か?と心配でしたが、単管で埋め尽くされいくと、いいかもねっとなってきました。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

キッチン

2006年10月16日

当初、キッチン取付けは一筋縄ではいかないような大問題になりました。
施工業者が付けられないと言い出し、購入した店からは面倒だからやってられないよと言わんばかり、メーカーから施工業者を紹介してもらうものの責任が持てないだの追加工事が発生するだのだまされてもわからない危険があるし。

実際の取り付けで困ったのが梁。キッチンの吊り戸をつけたいところに梁があるんです。これが一筋縄ではいかない原因。

でもこのキッチンが良いという母。
unacasa10165.JPG

しょうがないので一つのドアをぶっちぎり。
それでも2つある吊り戸のうち1つがはいりません。
レンジフードがでっかいんです。
レンジフード交換も検討しましたが、

でもこのレンジフードが良いという母。
unacasa10164.JPG

unacasa10163.JPGとりあえず、1つ吊り戸はペンディング。
火・水周りを施工業者にやってもらうのを残して
金さんと盧さんに仮設置してもらえました。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

トイレのドア

2006年10月15日

今日、トイレのドア購入の締め切りだった。
なので前日、険悪なムードの中、守谷のジョイフルホンダに二人で行ったのだ。

険悪なムードでもリサーチ。
unacasa10141.JPGunacasa10142.JPGunacasa10143.JPG

母「骨付き鳥もも肉がほしい」
娘「買っていいよ」
結局これで険悪なムードがなくなる。

で、今日も建築事務所のみなさんが手伝いに来てくれた。
いよいよ問題のキッチンの吊り戸がついた。
そして玄関の吊り扉も吊れた。
unacasa10151.JPGunacasa10152.JPG

この日のお昼は大量の「骨付き鳥もも肉のカレー」でした。
母ちゃんは結局、自分の作った料理を食べてほしいのでした。
それより床をテカテカにしたいんだったら床のワックス塗ってよ。と思う娘でした。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

朝から大げんか

2006年10月14日

火事復旧とか、引っ越し作業とか、家作りとか、何かと大イベントの時は家族で大げんかをする。父x母だったり、母x私だったり、父x私だったり。
今回は母x私だ。

木曜の夜。建築家さんたち2人がいらっしゃったのだけど
長洲さん風邪っぴき、金さんは疲れている。で早く帰りたそうだった。
母は手料理を振る舞いたいらしく、ハンバーグやらなんやら手をかけてこさえてた。
しかし客人は遠慮もあるし私も悪いなと思って引き止めず帰ってしまった。
そのことに不満をいう母。
そんな母に怒る私。

腰が痛いっていっているのにも関わらず、大変な料理を作って、
片付けもせず、家の要望はあれこれ言うくせに、建築の手伝いや、考えるのに参加しないっつうのはどういうことだ?力のかけるところが間違ってる!と大げんか。

というか、私がいっぱいいっぱいでもう許容範囲超えている状態だというのがよくわかった喧嘩でした。

仲直りのきっかけはトイレのドアです。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

網戸

2006年10月13日

unacasa10131.JPG

unacasa10132.JPG網戸がついた。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

有給休暇

2006年10月12日

家を作るために休みをとった。
有給休暇はあんまりとってなかったけど、聞くところによると30日以上たまると消滅してってしまうらしいぃ。なにおぉ〜!と取ることにした。
今日のお題目は3Fベランダ手すりの材料購入。穴あけ。
それにキッチン釣り戸をつけるべく思索。

志村坂上のビバホームに行くがお目当てのがなくて、結局あんまり進まなかった。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

受け継ぐもの

2006年10月10日

今日、役所に行った。印鑑登録をするためだ。

印鑑登録をする印鑑は、父ちゃんの実印だ。
その印は父ちゃんが若いときに固い金属を自分で掘ったもの。
お見せできないのが残念だけど、とても字体がいい。
重さも持った感触もとてもいい。
それを私は受け継ぐ。

まずは父ちゃんの印鑑登録を抹消する。
父ちゃんは新しい印鑑を登録申請。(父ちゃんはいっぱい自分のはんこを持っている)
そして父ちゃんの旧実印で私の印鑑登録。

さて次はv.s.銀行だ!
by yumuy at 23:58 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

3年前

2006年10月09日

3年前の今日、火事になりました。
まさかこんなことになるなんて…と3年経ってみてしみじみ思うのでした。
火事の当初はこんなに大変になるなんて考えてもなかったけど、
振り返るととっても大変でした。
でも大変だから充実してたともいえます。
なぜなら3年前の私とは別人になってしまったように思えるから。
良い面でも悪い面でも。
30歳、家を建てて落ち着いて、良い面を磨いていきたいもんです。

昨日はいろいろと準備に追われて水面下で進行。母ちゃんを三郷のビバホームにご案内。

今日は1F床をニスで塗装。
unacasa10091.JPG

しかし、、、薄いと2度塗りを要望される…こちらはペンディング。
扉も薄いといわれペンディング。
結局完了させたものがない。。。
unacasa10092.JPGunacasa10093.JPG
親戚の建築金物業をやっている順平さんが来てくれて、2F階段手すりをつけてくれた。
父ちゃんの作品だ。結構重くて大変なんだな、これが。 
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *

扉を塗る

2006年10月07日

unacasa100701.JPG

扉の色をダーク色に塗った。
unacasa100702.JPGオイルステンをビバで購入。
今回で2回目のグラインダー登場。木に書かれた刻印などを削り取る。
オイルステンを塗り始める。最初はチャッチャと1時間くらいで塗れるかな?と思ったが甘かった。一日かかってしまった。今日はこれで終了。


さて、家の中に部材がいろいろついてきた。
unacasa100703.JPGunacasa100704.JPGunacasa100705.JPG
2Fにはアイホン!おぉーこんな豪華なもんがついたのか…この時代の普通の家は当たり前なのか?
そして分電盤。今の分電盤ってこんな形なのか。そして下の方には床暖のスイッチ。
階段の上面も金鏝できれいに。

unacasa100706.JPGunacasa100707.JPG2Fのトイレもついた。totoのロータンク。これはもう売ってない代物。ヤフオクで落としたのだ。
手洗いは懐かしい!長洲さん一押しの手洗いです。ホームセンンターで安いんだこれ。


unacasa100708.JPGunacasa100709.JPG
3Fの床も金鏝できれいになってるので土足厳禁。
3F天井は断熱材が塗布されていた。断熱材は年々進化しているようで、NASAが開発した断熱塗料っちゅうもん。屋上にも塗布されているはずです。

unacasa100710.JPGunacasa100711.JPG
洗面台もついた。
これはIKEAで買ってきたもの。
洗面器が11000円、台が5000円、足が1500円。ほんとは扉がつくんだけど、これは自分で作ろうと思ってる。
それにヤフオクで落とした水栓。シャワーホースが伸びるタイプを探しまくった。SANEIの代物。

unacasa100715.JPG3Fのベランダに出る。
きれいにコーキングされていた。

unacasa100712.JPGunacasa100713.JPGunacasa100714.JPG
屋上をみると雨の垂れ止めのアルミ枠がされている。
こちらは洗濯用の水栓。

unacasa100716.JPG
問題のキッチンは2Fで設置を待ってます。
来週からドタバタでいろんな設置をするみたい。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

通れません

2006年10月01日

unacasa10021.JPG

というと通りたくなってくる。
階段の金鏝作業。
unacasa10022.JPG unacasa10023.JPG unacasa10024.JPG

外のマルチシンクがついた。
外配管もできてきた。
トイレのクロスも貼られた。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

さらにブルー

2006年09月30日

建築設計事務所のアシスタントの金さんとのコミニケーションがうまくいかない。
韓国人でも日本語はペラペラだし、いい人なんだけど…
なんかおかしい。
問題が起こらなければいいけれど、いくつか起こってしまってる。
事前確認と責任感が日本人とちょっと違う。

勃発した問題は、
○5日後までにブラケット照明を購入突然要請される。
 →もっと前に言っておいてくれりゃー探したよ。。。電気関係に疎いからどこでどんなもん買ったらいいかわからなくて、ネットで猛烈検索。徹夜するが決定にいたらず…
 =結局、検査には引っかからず、取り付けも施工業者じゃなくて販売業者が安くやってくれるみたいなので先延ばしにできた。

○キッチン設置を施工業者にお願いしたが、搬入後に突然つかないと言われる。
 →施工業者がつけると約束したのに、このキッチンは難しいとかで、設置に追加で10万以上かかるとのこと。ずいぶん前から決まってたキッチンなのに、どうしていまさら…
 →キッチンを購入したところが施工もしてるので電話で頼んだら、金さんとのやり取りが面倒くさくなったらしく、遠慮させてほしいと言われてしまった。売りつけておいて見放すのかよっ…
 →メーカーに電話して施工業者を紹介してもらうが、「責任持てません」「追加部品で2万、3万と高くなるかもしれない」「基本は15万〜」とだまされてもしょうがないような雰囲気になってきたのでやめた。
 →また自力でネット検索!業者向けのサイトをあたり取り説と施工説明書をget!プリントしたらページ150以上。。。すごい量だ。。。
unacasa09301.JPG →その説明書を施工会社に見せたら、これがあったら設置できたと言われてしまった。施工業者はずっとこの説明書を金さんに要望してたらしい。。。それを私が聞いてれば出せたのにぃ。。。
 =どうなるんだ?


お金がどんどん出て行くなぁ。泣
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

フローリング

2006年09月29日

unacasa09291.JPG
2Fの床暖パネル、無事増やしてもらいました。
そしてやっとこフローリングが引かれました。

unacasa09292.JPGこちらは階段の上面を金鏝でならしている最中。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

ブルーになる

2006年09月25日

benさんにハイエースをお借りしたたが、家の第一の曲がり角でこすってへこませてしまいました。benさん、本当にごめんなさいです。お手数ですが見積もりお願いします。
おかげさまでキッチンは運び入れることができました。
ぎりぎりで全部積載できました。換気扇やガス台やらあって意外と荷物だった。
これで水場の資材はすべて購入できた。
次は電気関係です。
(てんぱってて写真取るのを忘れた)
by yumuy at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

door

2006年09月24日

unacasa09241.JPG

玄関の扉を作成した。
なかなかよくできたでしょ?

材木は1枚1000円程。全部で15000円。
それに手間賃を考えると莫大だけれど、いざ作成に取りかかる。
板と板のつぎはぎは接着剤は使用しないで「かすがい」で。
市販のかすがいを使おうとしていたが、
母ちゃん、「これなら父ちゃんが作る」としゃしゃり出て、
父ちゃんが作ることになった。
原型を作成、すぐ鋳込んでもらう。
鋳込んだはいいが、先が鋭くないのでグラインダーで削らねばならない。
削ったあと、打ち込んだかすがいが戻らないようにたがねで切れ目を入れる。
その作業をゆっくりやろうと思ってたが、今日の今日!といわれて慌ててやる。
unacasa09242.JPG父ちゃん、体力落ちているのですぐダウン。
時間が間に合わないので、私も手伝う。

unacasa09243.JPG実は鋳造屋の娘だが、グラインダーを使うのは初めて。
父ちゃんのグラインダーは重くてごつい。音もすごくて、はっきりいって怖い。
が、意を決して作業。

unacasa09244.JPGこれがかすがい。

出来上がったかすがいを長洲さんに打ち込んでもらう。
これもかなり力が必要でなかなか大変だ。
かすがい160本!

unacasa09245.JPG

まだガラスは入ってないし吊ってもいないけれど、立派な扉ができあがりそう。
父ちゃんも満足顔。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

自分たちでやるトコ

2006年09月23日

ローコストのため、自分たちでやらなければならない所がある。
そのために買い物をしたのだ。
unacasa092311.JPG

unacasa092312.JPGunacasa092313.JPG
単管100本くらい、クランプも100個くらい。そして木材。

unacasa092391.JPG窓に手すりがないと検査に通らない。単管はその手すりのため。アンカーでボルトが入るようにしてクランプ+単管設置。窓は完了。あとは3Fバルコニー。


一番悩むのが1F扉。普通に買うとバカ高い。普通のサッシじゃ物足りない。倉庫のような荒さ、コンクリートに勝つ重厚感が欲しい。でもコストはかけられない。
そして作ることになった。
でもただでさえ作るのが大変なのに、母ちゃんはガラスで明るくしたいという…
あーもう。何もやらない人が簡単にいうんではない‥と思いつつも長洲さんは考えてくれた。
unacasa092392.JPGそして木材にトリマでガラスが入るふちを切っていく。これがなかなか大変!
少しずつ削っていかないと前に進まない。完了までに3時間はかかった。

unacasa092393.JPG
木を組み合わせてみる。オォー、ドアだ。
そしてどうやって強く合わせるか…ねじを考えたが、間に合わない。
で、タイダウン登場。引っ張るのがかなり大変だったけど、なんとかキュッと縛る事ができた。

by yumuy at 22:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

問題のトコ

2006年09月23日

それでも問題のトコがいくつかあるのです。

unacasa092361.JPGまず勃発したのが、窓ガラス。
最初からスリガラスを要望していたのだけれど、、、。
悪いことが重なって透明ガラスになってしまった。
今、建築家さんと検討中。


unacasa092362.JPG次も窓。
鍵がかなり下の方についてしまっていた。
これはサッシ業者のミスなので変えてもらった。


unacasa092351.JPGそして2F床暖。床暖の板が貼られた。けれど、要望していたキッチン洗い場の足下にそれがなかった。
貼っちゃったのは接着剤で固定されているのではがせない。
これも建築家と施工会社との情報の伝達ができてなかったようだ。
母と懇願してパネル一枚追加してもらうことにした。
けれど、このパネルを追加するのに、業者に在庫を確認、工事する人を確保しなければならない。月曜からのフローリング工事が伸びてしまった。。。
かなり迷惑な話だけど、床暖いれたのに冬に洗い場が寒いって悲しい。
後から入れるよりは入れてくれるだけありがたい。
by yumuy at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

できてきたトコ

2006年09月23日

unacasa092321.JPGunacasa092322.JPG1Fの床ができた。この床素材は屋根に使われる防火材。燃えない。これを床板に使用するのは初めての試み。そしてこの穴が4つ開けられています。

unacasa092323.JPGunacasa092324.JPGunacasa092325.JPG
床下収納になってます。
初めての試みなのに、職人さんがやってくれました。
でもやはり職人。
扉が3重になっていて重すぎ!これじゃ両親は開けられない。
けれどないよりはマシ!父ちゃんの捨てられない大量の荷物があるからな。

unacasa092331.JPGunacasa092332.JPGunacasa092333.JPG
配管もできてきた。すべて外配管。中が狭くなるのを避け、メンテナンスがしやすそうだから。

unacasa092341.JPGunacasa092342.JPGunacasa092343.JPG
コンセント等の電気関係も配線されてきた。
これ天井です。あらゆるところにコンセント作ってもらいました。
最初は少なくして…とのお願いがあったのですが、。。
ここも、ここも、ここらへんも…と要望してたらあちこちに。
テレビの線も一個天井にあるのだ。
unacasa092371.JPGunacasa092372.JPG
まだできてないトコもあるけどね。

unacasa092381.JPG
3Fはとても明るい。窓を開けると風が通り抜ける。秋風が気持ちよいです。

unacasa092382.JPG3Fお風呂とトイレのドア!高さが高くてドアをどうしよう…と建築家さんと悩んでいたのだけれど、施工会社が用意してくれた!高そうなドア!
by yumuy at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

おでまし

2006年09月22日

unacasa09221.JPG足場と幕を取り外しました。

unacasa09222.JPGじゃじゃじゃじゃーんっ
うーん、、、施主が言うのもなんだけど、威厳があるわ、コンクリート。
窓枠を黒にしたのもgooだった。
いろいろ問題は残っているけど、かなり気に入った!
(そりゃそうだ、間取りから注文つけてりゃね)

unacasa09223.JPG足場の単管関係、けっこうな荷物です。
施工業者の単管はバイバイ。
で、私たちの単管を買いにホームセンターへ。


建築家の長洲さんと金さんと一日中買い物をしてました。
大量に買って全部で8万くらい。
結構使ったけど、これを普通にやると莫大な額がかかる。
それをローコストにするには、自分らでこさえるしかない。
長洲さんや金さんの労力をお借りして、知恵と体力を使って、
ローコストを目指してくれているのだ。ありがたいです。

しかし、有給なのに、会社の横を通りすぎたりしてて、全然休みって感じじゃない。
by yumuy at 23:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

エレベーターと床

2006年09月21日

家の方はどんどこスピードアップで進んでおりますが、この進み具合について行けません…
unacasa09192.JPGエレベーターが設置され、床板が待ち構えています。
1Fはすべて床下が空いていて収納になります。
unacasa09191.JPG

水系の配管も、2Fの床ならしもされている。
ラストスパートがものすごく速い。

22は休みを取って、単管大量購入、設置する予定です。
by yumuy at 00:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

サッシが入るがちと違う

2006年09月13日

unacasa091201.JPGunacasa091202.JPG
サッシが入ったのですが、サッシの鍵の部分が低いところに付いていて、業者が間違ったようです。
これもかっこいいか?と考えたけど、希有なことをやるのがデザインじゃない、機能美をを考えると低い鍵は不便なので、直してもらいます。
by yumuy at 00:03 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

2006年09月11日

tobira0911.jpg

扉のデザイン案です。ALT2にする予定。

さて、1F便器、3F便器、1Fマルチシンク、シャワーフックをネットで購入。
これで水系では必須なものは揃ったかな。
次は光系だな。
by yumuy at 23:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

買うぞっ@IKEA

2006年09月11日

資材をすべてそろえるべく、IKEAに洗面台を買いにいきました。
IKEAで大型商品を買うのははじめて。
あのどでかい倉庫から商品をひっぱりだして車に積んだ。
unacasa091001.JPGunacasa091002.JPG
倉庫には番号がふってあって、そこから自分が欲しい商品の番号を探して倉庫を練り歩く。
やっとあったはいいけれど、一人だと手が足りずなかなかキャリーに積めない。
今度はお手伝いをしてもらおう。

本日その他のめぼしい商品。
まずは吊り戸棚。2F梁にちょうどよさそうな吊り戸棚を探す。
unacasa091003.JPGunacasa091004.JPGunacasa091005.JPG

次は椅子。椅子はなかなか良いのがないなぁ。
unacasa091006.JPGunacasa091007.JPG
unacasa091008.JPGunacasa091009.JPG
unacasa091010.JPGunacasa091011.JPG

unacasa091012.JPG本日の昼食はサーモンとサラダ。パンはお土産用にいっぱい買ったのだ。サーモンはなかなかうまい。



家が完成するのはまだまだ先だなぁ〜と安穏としてたっぽい。
ただ単に安穏としていたわけではないんだけど、一人で突っ走っても空回りするだけだし、歩調を合わせてがんばっていけばいいなと…ぽーっとしていた。

が、、、

今月末までに中の資材を全部搬入設置するとのこと!
 資材を全部用意できてないじゃん、。。。
 人にお願いするのもまだできてないよ。。。
引っ越しは10月頭が予想されるとのこと!
 げっ…また荒れ放題の倉庫の荷物を整理せねばならない、。。。

必須な資材で未購入は1F・3F便器のみだ。もうちょっとだー。
by yumuy at 00:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

楽しくなってきたぞ

2006年09月09日

今日は建築家の先生達とホームセンターで試行錯誤する日。
なにを試行錯誤かというと、「手すり」「裏のバルコニー」「玄関ドア」「トイレドア」。
早朝、建築家の長洲さんと助手のキムさん(韓国人の方です)と守谷のジョイホンへ。
長洲さんの車はAudi。乗ったことがなかったんですが、やっぱり新しい車は違うなぁ。
八木澤さんのS2000に乗ったときも思ったけれど、地面への吸い付く感じと加速感、それに伴うサスペンションの固さが絶妙だなぁ。
と40分で到着!

さてまず単管売り場へ。

外階段・3Fバルコニー・すべての窓に手すりをつけないと、検査が通らない。
既製品のやつはちゃちいし、なんだかおもしろくない。かといって一品ものってぇには銭がない。
ということで工事現場の単管を利用することになってたのだ。
が、どうやってつけるのか話を詰めて行く。
裏のバルコニーも建築現場工事の足場を利用する。
ここは以前の現場でも作ったことがあるらしいので話ははやかった。
単管クランプを60コ程購入。

そして問題の玄関ドア。

木材を利用して、吊り戸。ということだけ決まってる。
幅広の木は高いし重い。工場の玄関ドアは幅3000mm以上あり、3〜4枚ドアになる。
どうやって解決すればいいんだか皆目検討がつかない。
問題は暗いからガラス戸をはめてほしいという母の希望。
ガラスをどうやってはめ込むのだ?
ともかく試しにやってみるということで試作用の材料を買った。

現場に戻って、まずは単管クランプをはめてみる。
特に問題なし。

unacaza090901.JPGさて、玄関ドア。
長洲さん達がぱぱっと作成してくれた。
木材をかすがいで合わせて一枚の大きな板にする。それを吊り戸にする。
これにニスで色に深みを持たせればいい感じ。
かすがいは一個15円!それを見た父ちゃんは作ると言い出した。
父ちゃんの目が輝いているので、まぁ作ってくれるだろう!と期待。
あとはガラスがちゃんと入ればいいなぁ。


その後、お風呂場のドアやらバルコニーの手すりなどの話を現場でつめた。
こういう話をしていくと、やっと作ってるという実感がわいてくる。
なんだかわくわくする。
そして住宅メーカーや他の建築家さんに頼まず、長洲さんに頼んで良かったと思った。
住んでみなきゃわからないっつうのはわかるけど、まずはその家が気に入るかどうかが大事だから。

そして工事の足場をつたって屋上にあがってみた。
真っ平ら!爽快!
unacaza090902.JPGunacaza090903.JPGunacaza090904.JPG
ということで、完成した時にはここでバーベQをすることになりました。
楽しみぃ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

電気の線

2006年09月08日

unacasa0908.JPG

電線が引かれました。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

型がはずれた

2006年08月28日

unacasa08281.JPGunacasa08282.JPGunacasa08283.JPG
ほとんど型枠がはずれました。
unacasa08284.JPGunacasa08285.JPGunacasa08286.JPG
3Fは支柱がいっぱい残ってるけど。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

3Fコンクリ打ち

2006年08月19日

unacasa08200.JPG

コンクリ打設がすべて終了しました。無事終わりました。
父ちゃんこれで一安心。
設計段階から遅れに遅れて、今年の1月にとにかくはじめちゃいましょうーとなって、当初はコンクリ打設が2月終わり頃。冬にコンクリを打つ時は速乾剤を入れるため少し高くなる。けれど結局は梅雨〜真夏になった。

さて、2Fの階段からあがってみました。
unacasa08203.JPGunacasa08204.JPGunacasa08205.JPGunacasa08206.JPG
たくさんの鉄骨がくまれています。天井を見ると水分がしみ出している。

3Fは斜線規制があるので部屋が小さくてバルコニーがあります。バルコニーに出てみました。
unacasa08207.JPGunacasa08208.JPGunacasa08209.JPGunacasa08210.JPG
ちょっと開放的?、でもしっかり重厚感ばっちし。

1Fに戻ってみる。
unacasa08212.JPGunacasa08211.JPG
しっかりとした陰影をつくってます。土間もできてる。
1Fは父ちゃんが仕事をするための場所なのでめずらしく土間があるのです。

unacasa08213.JPGunacasa08214.JPG
1Fのコンクリはピカピカしてきてます。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

3F型枠

2006年08月13日

コンクリ投入を待つばかりの3F型枠。
屋根ができて部屋らしくなってる。
んー落ち着いちゃいそうな部屋だなぁ。
unacasa08121.JPGunacasa08122.JPGunacasa08123.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

タイフーン

2006年08月09日

朝から大雨。台風だ。
今日は3Fコンクリ打設予定だったけれど、延期された。
父ちゃんがっかり、ブツクサ言って、母ちゃんさらにげんなり。
私は延期で良かった〜と思った。失敗したら取り返しつかないもんね。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

ビバビバ…はずれ

2006年08月06日

たしかにトイレがあった。
でもどのホームセンターだか忘れた。。。
場所船橋とわかるが、名称がわからない。。。
船橋はとっても混むから行きたくない。支店に行けばいいんだけど名前がわからない。

たしか、ビバホーム?ジョイホンでもなくカインズホームでもなかった。
ということでトイレ探しの都内の旅へ。

viva08051.JPG最初に来たのが会社の裏にあるというビバホーム。
なんて近いんだっ、こんなところがあっただなんて♪

でも目当てのものがない。

その後王子のケーヨーD2に行く。がやっぱりない。

toto08507.JPGもう一つ行かねばならないとこがある。それはTOTO。ショールームが新宿にある。
TOTOのキッチンにしたのはいいけど、水栓が特種で、フレックスシンクという斜めったところから出ている水栓。これが困ったちゃんで、ビルトイン浄水器をつけたいのだが、このフレックスシンク用の水栓がなかなか探してもない。で、聞いてみた。
「うーん、難しいですね…」
難しいっていうのはつけられないってことか。
なんだそりゃ、天下のTOTOの設計にあるまじき行為じゃん。
工場注文時にしか対応ができないらしい。それじゃ水栓だけ壊れたらもうそのキッチン使えないのか。
んなこたぁないはずなのに、ショールームのお姉さんは「難しいですね」を繰り返す。
キッチン決める前からここのショールームの印象はよくなかったから、TOTOの製品は避けようと思ってたんだった。

たまたま行ったらトイレの歴史という展示がやってたから気分転換。
toto08505.JPGtoto08504.JPGtoto08506.JPG
一番右のトイレは女性用立ちしょんべんトイレ。昔の方が良い形してんじゃん。

次は秋葉原へ。
家のMacのHDが壊れて、なんとかやってきたけど容量がたりずに限界だ。
IDEのHDを買い足す。昨今は250GBで8000円台、価格ドットコムで調べて安い店に行くと売り切れだった泣。けど、そこの店舗の3Fにバイク用品屋があってMOTULの300Vだかトラ車で使っているオイルが2870円で売ってた。4stのMOTULオイルも980円。びっくりしながらもマニアの街をそそくさと退散。

viva08053.JPG日が暮れてしまいましたが、豊洲のビバホーム。
ここにもなーい。ビバホームじゃないのか。

でもいろいろ見つけた資材。
viva08052.JPGviva08054.JPG
viva08055.JPGkeyo08053.JPG
あとで電話しまっくって調べたらロイヤルホームセンターってところだった〜。
by yumuy at 17:23 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | casa* | *

3F壁型枠

2006年08月06日

unacasa08061.JPG unacasa08062.JPG unacasa08063.JPG
3Fまでの足場階段ができてる。クレーンがついてる。2Fのトイレの窓が開けられた。

unacasa08064.JPGunacasa08065.JPGunacasa08066.JPG
3Fに上がってみると型枠の壁ができてた。すっごい狭いなぁ〜。

狭いと思ってた1Fは型枠とその柱が外されて、そんなに狭くないかも…と思ったけど、荷物が入ると狭いんだろうなぁ。
今住んでいる家より涼しいじゃん。なんでこんなに暑いんだ、この家。
by yumuy at 16:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

2Fから3Fへ

2006年07月30日

unacasa07291.JPG2Fの型枠が少しずつ外されてます。
ほんとは入っちゃいけないんだけど、こっそり入ってみました。
2Fから3Fの階段が出来てた。

unacasa0607293.JPGunacasa0607294.JPGunacasa0607295.JPG
3Fまで上がってみると、狭いー。まっいいや、寝るだけだし。
unacasa0607296.JPGunacasa0607297.JPG

unacasa07292.JPG1Fから2Fのコンクリの色が違う。
by yumuy at 18:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

IKEA*3

2006年07月29日

ikea01ent.JPG

またIKEAに来ました。
今回は洗面を確認せねばなりません。
ついでにどんなもんがあるのか写真をばんばん載せます。

ikea02ent.JPGikea03kids.JPGエントランス。まるで空港。屋内スキー場ザウスの跡地を利用して出来た施設になってます。なので大きな駐車場があります。入るとまずキッズルームがあり子供を預かってもらえます。


まずはショールームみたいな展示スペース。気になったものをピックアップ。
ikea04ligh.JPGikea05ligh.JPGikea06ligh.JPG
ikea07ligh.JPGikea08ligh.JPGikea09shel.JPGikea10shel.JPG
ikea11shel.JPGikea12shel.JPGikea13shel.JPGikea14shel.JPG

ikea15shel.JPGikea16shel.JPGikea17shel.JPG
ikea18shel.JPGikea19shel.JPGikea20chair.JPG
ikea21kitch.JPGikea22kitch.JPGikea23kitch.JPG
ikea24kitch.JPGikea25kitch.JPGikea26kitch.JPG
ikea27light.JPG収納スペースが少ないので吊り戸を買おうかな。キッチンのサイドテープルも作らねば。システムキッチン買っても使い勝手を考えたら色々小間物も必要だなぁ。

そして今回のメイン、洗面台。
ikea28senme.JPGikea29senme.JPGikea30senme.JPG
ikea31senme.JPGikea32senme.JPGikea33senme.JPG
水栓金具をヤフオクで落したが、それが大きくてどうも入らなさそうだったので、確認すると、やっぱりでか過ぎた。あー…また買わなきゃ。IKEAの水栓金具は排水ストラップも込みだが普通の値段。だって良く見たらtotoだった。そりゃ安かないわな。IKEAの洗面は大きいわりに単品で買うと安い。1万ちょっと。台座も1万ちょっと。そこに扉を選んでつければいいわけだ。

一通り展示スペースを見終えると、お食事スペースが出てくる。もう3時なのにこの混みよう。
ikea34meal.JPGikea35meal.JPGikea36meal.JPG
名物らしいミートボール。味は…ふつう。だけど、ソースがめずらしい味。あとでみたらクノールのソースだった。それにコケモモジャムをそえていただく。一個30円のパンが意外とおいしかったな。

そしてショップスペース。最初はキッチンの小間物が沢山。コップは積まれて山のよう。
ikea37shop.JPGikea38shop.JPGikea39shop.JPG
ikea40shop.JPGikea41shop.JPGikea42shop.JPG
あーやっと終ったかと先を見ると打ちのめされる倉庫。
ここで大型の商品を自分で探して引っ張り出す。これは一人ではできないな…‥
ikea43shop.JPGikea44shop.JPGikea45shop.JPG

最後の最後はキャッシャー。
ヨーロッパのようなキャッシャー方式です。エコロジーの観点から包装や袋は一切なし。必要な時は購入することができます。大型商品買う場合は車がないと辛いかも。運賃が結構かかりそう。

そして食品コーナー。ここのサーモンソースがおいしいんだけど、売り切れでした。
軽食コーナーではホットドックが100円。ここのドリンクは200円で飲放題です。
お得なホットドックとドリンクセットで200円。ショッピングに疲れたらお休みには丁度良いです。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *

シートで囲む

2006年07月28日

unacasa07281.JPG3Fの型枠をやる前にシートで囲われた。
段々出来てきた感じがするけれど、中はがらんどう。
このシートが外される時は出来上がりの時だ。

by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

2Fコンクリ打ち

2006年07月25日

unacasa0725.JPG2Fコンクリを入れました。
今回は問題の隣とは逆のお隣さんの前にポンプ車を置かせてもらえるようお願いして。
お願いがうまくいって、無事2Fのコンクリが入りました。




話によると、その問題の隣の娘が出てきた時は目を白黒させてたとか。


by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

住宅建材ドライブ

2006年07月17日

今日は美里ちゃんとドライブ。
っていうより建材を見につき合ってもらった。
IKEAに行きたいというので連れてった。
思った通り、喜んでもらえた。

さて私は、トイレを探してるのです。
便器っていくらか知ってます?
キッチンもいくらくらいかわかります?
バスタブは?
こんなん普通は知らなくてもいいんだけどねぇ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

2F骨組

2006年07月16日

unacasa07161.JPG工事現場はお休み。
ちょっと2Fへ入ってみた。

unacasa07162.JPGunacasa07163.JPGunacasa07164.JPG

unacasa07165.JPGunacasa07166.JPG
やっぱ狭いな。。。

unacasa07167.JPG      電線はこんなオレンジ色のパイプに入れて埋め込まれるのか。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

1Fコンクリうちっぱなし

2006年07月12日

unacasa07121.JPG

1Fコンクリの表面が現れた。
ぉおー。
テカテカだ。
テカテカにするのはちょっと高いのだ。
この質感好きなんだけど、、、
やっぱり外断熱のために断熱塗料を塗ることになるのか…悩み中。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

ポンプ車登場

2006年07月08日

unacasa07071.JPG今日は1Fのコンクリ打の日。
ポンプ車登場で、今日は忙しいぞ。ドキドキだ。

帰ってみたら、無事終ってた。
けど、やっぱり一回施工会社の担当者に隣から電話があって、「協定書のことを守ってない」だとさ。コンクリ打つ時は4t車が入るってただし書きあっただろうよ。だいたい4t車が入って隣のお爺さんの娘に何の被害がでるのさ?隣のお爺さん自体は家が建ったら見せてね、などと言ってるのに。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

外階段

2006年07月05日

unacasa07052.JPG

外階段と玄関正面の壁の型枠ができた。

unacasa07053.JPGまた困ったことが発生して、警察の生活課の刑事さんにご厄介になっております。
今週末のコンクリ打ちまでヒヤヒヤ。

by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

1Fの箱

2006年07月01日

unacasa07011.JPG
壁だったのが箱になった。
unacasa07012.JPGunacasa07013.JPGunacasa07014.JPGunacasa07015.JPG
unacasa07016.JPGunacasa07017.JPGunacasa07018.JPGunacasa07019.JPG
とても暗い、狭い。
木造と同じくらい木を削って枠組みを作ってる。
結局こういう手間がかかるのか。

unacasa07020.JPGunacasa07021.JPGunacasa07022.JPGunacasa07023.JPG
正面ナナメ。階段。階段裏。家の裏。

最近、大工さんが早くて先回りして撮れないんだよなぁ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

舞台

2006年06月24日

unacasa06251.JPG

1Fの型枠が作り始められた。
何かの舞台みたい。
unacasa06259.JPGunacasa06258.JPGunacasa06257.JPGunacasa06256.JPG

unacasa06254.JPGunacasa06253.JPGunacasa06252.JPGunacasa06255.JPG
階段とか、窓枠に切り取られた板の壁。

unacasa06250.JPGこの機械で切り取って形にしているようだ。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

1F足場組

2006年06月23日

足場が組まれた。
unacasa06242.JPG

同時に1Fの床付近のコンクリ型枠が作られている。
トイレ(真中)、エレベーター(左)。
unacasa06242.JPGunacasa06243.JPGunacasa06244.JPG


unacasa06245.JPG問題の隣の境界に引っかかる足場の単管。これはどうにかしてもらわねば…
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

地中のコンクリ

2006年06月21日

unacasa06211.JPG

型枠が外された。
おぉー打ちっ放しの表面だ。なんだか嬉しい。
けれど、これは基礎なので地中に埋まってしまう。
木枠が組んであるところは土間・トイレになるところ。
unacasa06212.JPGunacasa06213.JPGunacasa06214.JPG

さて、お隣。
先日、勝手に協定書を作成されたけれど、その時に両親が隣に出向いた。
謝るべきことがあるのなら謝るし、こういう工事はお互い様だからお隣が工事をする時はもちろん協力するから、うちの工事も協力して欲しいと頼みに行ったのだ。

その時、娘が言った「お爺さんをバカにした発言をした」と。
そんなことは言った覚えがないのだが、わからないけれど謝罪。
で、まぁわかりました…と工事の了解を得た。

母の話によるとお爺さんは怒ってないらしい。
しかも父に対して「よく来てくれた、新しい家ができたら見にいきたい」と言ってくれたのだ。
私が朝洗車をしているとお爺さんが出てきて挨拶をしてくれた。私はそんなこと知らなかったもんだからびっくりしたけれど、挨拶を返した。

そう、そこに住んでいるお爺さんは怒ってない。他に住んでいる娘息子からの単なる嫌がらせだ。

その近くに住む、次女。こいつがくせ者。
次女の住む家の近隣でももめ事をしているらしく、評判がよくない。
次女がまくし立て、兄弟達を動かしているっぽい。

で、コンクリ打ちをやっている時に施工会社の責任者にまた脅しをかけてきたらしい。
「4t車でうちの前を通るな」
「足場板を組む時にうちの敷地に1cmたりとも入るな」
「荷物をうちの前の道に置くな」

了解を取ったにもかかわらず、また言い出してきた。その了解を取った話し合いの時に次女はいなかった。やはり次女主導の嫌がらせとしか思えない。

昨日、道で通り過ぎた。いつものように首の肉が邪魔なのかあごをあげて小太りのがに股でプンプンっして歩いてた。
こうはなりたくないね…
母が家の前で近所の人と話していると、その前を通りたくないらしく、遠回りしてお爺さんの家に行く。
なにか悪さでもしてるのかしら…
by yumuy at 09:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

生コン

2006年06月17日

今日は基礎部分のコンクリート流し込みの日。
昨日の金曜に隣と施工業者が話し合って協議書を交わして今日になってしまった。
unacasa06171.JPG大きな生コンを積んだミキサー車が何台も何台もくる。
ちょっと土曜で人通りが激しいのでご迷惑をおかけしてしまった。
できれば土曜は外してほしい…とお願いしよう。

unacasa06172.JPG通りが騒がしいので母ちゃんがそわそわ落ち着かない。


こんな時は外へ出た方がいい。
キッチンを見にいかねばならないのでちょうど良いと思って、外出。
岩槻・浦安を巡りましたが、渋滞にはまってイライラしてしまった。

unacasa06175.JPGunacasa06174.JPGunacasa06173.JPG帰ってきてみると、工事は終わってて、コンクリートが注入されていた。
触ってみるともう固くなってた。
ん?地面よりちょっと高くないか?
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

IKEA

2006年06月10日

水回りの物を買わなきゃ。
建築家さんから教えてもらったIKEAに母と見学に行った。
ikea0610.JPG

IKEA、日本に出来たのが今年の4月。南船橋にある。
スウェーデンの会社で安さとデザインが売りだ。
ニュースで社長が「日本の家具メーカーは相手にならない」とコメント。
おぉーそこまで自信たっぷりに言うんであれば見てやろうじゃないか。

主な目的はキッチン。
ikea0610kitc1.JPGikea0610kitc2.JPGikea0610kitc3.JPG
ここのは組み立て式で自分の好みに合ったパーツを集めて作るシステム。
下の収納棚をチョイス、上部のテーブルトップをチョイス、シンク・蛇口をチョイス。これで約20万〜40万。
これにガステーブル、オーブン、食洗機などつけていく。吊り戸棚が欲しい場合も同じ。
引き出しを開けるのもスムーズ、テーブルトップも悪くない。シンクも選べるし、なんせ収納性がとてもよく考えられている。

北欧スタイルだけあって、センスがいい。
シックなものから派手なものまである。
ikea0610bibi1.JPGikea0610bibi2.JPGikea0610bibi3.JPG
こんな布、派手だけどなんとなく北欧。バスマットはかわいいのがある。子供部屋ライトも派手かわいい。

ikea0610eat.JPG一休憩…ケーキとカフェラテでブランチ。大にぎわいの店内で、食事スペースも大きい。スタバみたいに赤いソファーがあってくつろげる。

ikea0610fing.JPGピンポイントではまったのが指人形全部で700円、買いたくなっちゃった。

ライトも安い。シーリングライト290円。換えの電球もハロゲンライトも安い!
ikea0610lig1.JPGikea0610lig2.JPGikea0610lig3.JPG

ikea0610stoc1.JPGなにからなにまで揃ってる。もう見過ぎて、当初の目的がよくわからなくなるほど目まぐるしい商品たち。母と二人で酔ってしまって頭痛。それほどたくさんある。
実際、生活の場にある雰囲気を出しているフロア、小間物のフロア、最後は写真の部材の倉庫。コストコなんて比じゃないね…

たしかに、日本の家具メーカーで安物を売っているところは敵じゃない。
日本はプライドを持った職人らしい仕事で生き残るしかないかも。

しかし安いなぁー。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

梅雨入り

2006年06月09日

unacasa06091.JPG工事再開してから雨があまり降らず、順調に進みました。でも今日から梅雨入り。

梅雨入りはいいんだけど、ちょっとまた課題が2つ
水回りの製品を至急買わなきゃならなくなって大慌て!キッチン、風呂、トイレ。大事なもんなのにぃ、工務店から建築家へは伝わってたんだけど、そこで止まってて、うちに伝わってなかった。
貯水槽を買わなきゃいけなくなった。40万。お金かかるなぁー。どこで減らすかなぁー。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

伸びる鉄筋

2006年06月08日

unacasa06081.JPGちょっと伸びた?
by yumuy at 20:50 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *

鉄筋

2006年06月07日

基礎の部分の鉄筋が組みあげられてます。
鉄筋量が気にかかる母でした。
unacasa06071.JPG

それよりもまたかっ!ってことが。
先週の土曜に、また例の隣から工事現場監督にクレームというか要望があったらしい。
話しによると隣がうちの工事に関する規定書のようなもんを作って出すというのだ。
たぶんダンプとかが家の前を通って不安になったんだろうか?
監視員も付けてるし常識範囲外の事はやってないのだけど。常識範囲の事は別に受け入れるべきだと思うけれど、隣の常識外の要望はうやむやにするつもり。家が建つのが最優先だから、いざこざ起こすより全体を見渡してうまくやり過ごすのが得策。世渡り上手にならなきゃね。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

墨だし

2006年06月06日

unacasa06061.JPG位置だしです。固まったコンクリートに線と記号がかかれてます。
by yumuy at 23:55 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

地もっと固まる

2006年06月05日

unacasa0605.JPG朝の状態。どんどん白くなって固まっていってる。
by yumuy at 18:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

雨降らず地固まってゆく

2006年06月04日

unacasa06041.JPG

コンクリートの表面がしろーくなっていってる。
お天気が持って良かったー、明日も晴れそうだし。
by yumuy at 14:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

4tミキサーでバック

2006年06月03日

unacasa06031.JPG何度見ても凄い…
驚くべきは200m以上先の幼稚園からバックしてくるのだ。すごすぎる。

みなさんに御迷惑お掛けしてます。行き止まり曲ったところでまだ人通りは少なくて良かった。

unacasa06032.JPG4tと2tミキサーで基礎の基礎、コンクリート流し完了。
来週は墨出しで位置決めからスタート予定。

by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

土掘り完了

2006年06月02日

4t車で持って行けたので基礎の土出しが早く終った。
unacasa06022.JPGマンホールみたいな点々は地盤改良の時にうったコンクリート柱。円柱状に掘ってコンクリートを流し入れ地盤を強くする方法。その後がくっきり。これで地盤はちょい安心。

by yumuy at 18:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

バックのお手本

2006年06月02日

私の辞書には前進あるのみです。
でも時にはバックすればスムーズに行けるのにって時もあります。泣
物理的なことに限らず人生でも。
それは置いて置いて、バイクはバックしないので大好きです。車は…  苦手です。

家の前はものすごく細い道。うちらもそれは重々わかっていた。
建築業者は2t車しか入らないだろうという考えから見積もりが高く出てきたのですが、そこをどうにかならないかと折衝をして安くしてもらいました。
そしていざはじまってみると、、、
unacasa06011.JPGunacasa06012.JPG
さすがプロ!
4t車バックで入れてますっ。すげぇーーー。
大量の土を持っていってます。
これで作業効率upと経費down。良かった良かった。
しっかしすごいなぁ。私にゃ一生できないよ。
by yumuy at 14:18 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

建築再開 建てるぞ!

2006年06月01日

1ヶ月前からストップしてた建築がやっと始まりました。
下請け工事の会社のスケジュール調整と、雨だと地盤が弱くなって土台の土を掘り起こすと隣の家の土台が崩れてくる恐れがあるので晴れの時を狙うしかなく、土地問題から1週間経った今となりました。
今年も折り返し地点。今年中に建てられるといいなぁ。
unacasa06021.JPG

ユンボで地盤をコンクリで埋めるため掘ってます。
ユンボは盗まれたことがあるらしく、毎日持って帰るんだって。すごいねぇ。
by yumuy at 18:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

土地境界線04

2006年05月19日

いろいろと言ってくる相手に対して、溢れるくらいに反論はたくさんあったのだけれど、思いっきり我慢して蓋をしました。パンパンに膨らんでいたけれど、一度膨らんだおかげで度量の容量が大きくなった気がします。

日本列島に台風一号のなれの果ての低気圧が上陸しようとしていました。
暖かい湿った風は吹いていましたが、異様な感じの晴れの天気でした。
10:30に地主、測量事務所3名、隣の飯島家6名、うち斉藤家3名、建築家がうちの土地に集まりました。

kyoukai04.jpg飯島家が主張している青線(側溝の溝)
地主が主張した緑線(樋と屋根がついているところ)
斉藤家が主張しているオレンジ線(確認したところ)
測量士が主張している赤線(登記している点)

地主がまず口をきった、
地主の意図したところ(緑線)ではないところに境界線が入っていた。
しかし登記されてしまった地点を動かすことはできない。
斉藤さん宅では実際に隣が出ている屋根分を切らないという前提のもと今の登記上の位置になっていると測量士と斉藤さんでは言っている。
飯島さんの主張する位置へ動かせないけれども、その事で飯島さんの権利が犯されているのであれば、それだけの保証はできるかぎりする。
なので飯島さんは工事業者に工事差し止めの電話をしないで、直接言ってきてほしい。
とのことだった。

そして飯島さん、
うちは工事業者に工事差し止めの電話なんてしてない。
この境界線が決まっていった経緯に納得していない、こんなところだとは思っていなかった。
隣との話し合いの時に側溝の溝(青線)のところだと思ってたのに。
とのこと。

すっごく憤慨した。
工事差し止めの電話をしてない?良く言えたもんだ。直接何度もしてるくせに。
境界線決定の経緯も、測量士がいなかった最初の話し合いしか出なかった癖に。
測量事務所が来て測って決めると知らせた時も「忙しい・おじいちゃんの土地だからおじいちゃんに行かせます」とおじいちゃん一人を来させて、あとから呆け老人にしちゃって、主張されても困る。
溝(青線)の位置なんてこっちははじめて聞いた。

我慢しきれずに、「溝の位置なんてことは一度も言ってません」と言ったら、
飯島さんの娘2人が「言ったじゃない!何言ってんのよ!、寒いところに呼び出されて、行ってやったのに。言ってないなんて笑っちゃうわ」とせせら笑っている。

あーだめだだめだ、乗せられてはだめだ。
ここの場はとにかく言った言わないで喧嘩してる場合ではない。
うちは工事を進められるようにするのが目的で、こんな言った言わないの喧嘩をしてる場合ではない。
本来ならこういう問題が起こらないようにするよう確認書があって判を押してるのだけれど、
それを相手が納得してない場合、布団ばばあのように嫌がらせ→訴訟になると5年くらい経ってしまう。
とにかく、飯島さんが問題視していることについては聞く耳を持っていないのだから、他の方向から納得させるしかない。
それには地主さんに借地人を押さえ込んでもらう他ない。うちは借地人を相手にする立場にない、相手になるのは地主だ。それと同じく飯島さんはうちを相手どる立場にないことをわかってもらうしかない。

そして測量士が境界線決定の経緯を話した。
それとともに、現状の杭の位置が登記の位置と違っていて間違えた、申し訳ないと話した。

うちとしては腹立たしい内容だ。杭の位置で確認したのに。
そこで測量事務所と地主を相手にして訴訟もできるのだが、今作成している建築図面は登記図面の内容で行っているためなんら支障はない。ここで訴えて5年10年経ってもしょうがない。
そこは譲歩して地主と測量事務所を味方につけた方が得策だ。
(ということを実際訴訟を起こした人から聞いた。)

杭は登記図面の位置に戻す。
戻している時も飯島さんの家の娘息子達は巻尺を「引っ張って伸ばしているんじゃないか」とか、「手をゆるめろよ」とか、言いがかりを言って巻尺に触らずにはいられない。
なんと浅ましい姿かな…
杭は登記図面の位置になり、ばっちりマーキングもして、4者で確認をした。

結局、
飯島さんのうちに出た部分の屋根は建て替えをしない限り壊さないという確認書を交わす(飯島さんはそれを良く読んで返答するとのことだったけど)
土地に関しての事は飯島さんと地主さんとの話し合い、飯島さんの契約から損をするのであれば地主さんがその損をした分を持つ。
斉藤家の工事は進める。
となった。

どーでも良い話だが、
今まで表に出てこなかった地主がこうも自信をもって損失の責任を持つというのも変だ。
それにはちゃんと理由がある。
飯島さんの借地契約は35坪だ。
しかし測量士の話によると36坪なのだ。うちの分1坪取っているのだ。
それを聞いた地主は自信をもって責任を持つ言えているのだ。
それを飯島さんは知らないので、実際に測ってみると違うことになる。そうすると36坪で契約更新しなければいけないということになり、更新料が取られるのだ。
自分の首を絞めてるということをわからずに飯島さんはうちに嫌がらせの打ち合わせをしている。

隣とのわだかまりは消えずに残るけれど、その覚悟を背負って一つ大人になったのかな。
これで工事を進めるぞ。
なんとも後味が悪い感じの空気が残ったけれど、小林さんが工事が進められるようになって良かったわねと、ねぎらいのケーキを焼いて来てくれた。号泣
DSC01087.JPG

ちょっと塩味がきいたバターケーキ。とってもおいしいよん。

落ち着いた頃、こらえていたかのような雨がざぁーっと降り出した。
話し合いの時に降らなくて良かった。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

土地境界線03

2006年05月11日

昨日は地主を呼んで話し合い。
と思ったら一度了解してもらった打ち合わせの場なのに、こちらから再び電話したら「なんで俺がいかなきゃ行けないんだ」と地主の怒り。
こちら女老人3人なので建築家の人にも来てもらってるのに。
はい、そうですか。それじゃ済まないので母は粘ってみたら、やっと出てきた。

地主の見解を聞いた。
建築家の長洲さんがとても冷静な聞き方をして話を引き出してくれた。
地主は怒りながら言ったのだけど、この問題はまるめたいらしい。
どうまるめるかはおまえらで考えろと言われた。
その言いぐさはなんだよ、と言いたいがぐっとこらえる。

現状登記の状態で落ち着かせるにはどうすればいいか。
クレームをつけてきている隣、地主、測量士、うち、の4者で協議をすることになった。
この協議でまとまらなければ司法の場になる覚悟だ。
こうやって大人になっていくんだ、とつくづく思う。

そして、クレバーな人と感情で動く人、その違いを感じる。
仕事でももめ事があるのだけど、この人も感情で動く人。
人の話をまったく聞く耳をもっていない。自分の主張だけ押し通す。
それはまるで小型犬の臆病者のようだ。
クレバーな人は人の話を良く聞く。表面上の字面だけでなく、その奥に秘められた内情までも汲み取るように情報を引き出してくれる。
どちらが得なのか…
自分の主張を押し通してぐいぐい突き進むのだから、一見すると感情で動く人の方が得に見えてしまう。でも周囲には嫌悪感が漂う。その嫌悪感はなかなか消えないで人の心に残ってしまう。相手の力を引き出せなくなってしまう。やがて一人孤立するようになってしまうのかも。

感情で動く人に押し流されないように気をつけよう、そして人の話を良く聞けるクレバー人になろう。
でも感情に取り込まれちゃうんだよなぁ。

バイクでもクレバーな走りの人は地面とタイヤの接地する感覚を良く聞ける人だと思うな。そしてバイクの能力をより引き出せる。無理矢理すぎる?
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

土地境界線02

2006年05月10日

先週の日曜は泥沼化の様相でした。
隣が家族会議をして、兄弟姉妹9人が話し合いをしていて、
60過ぎのスキンヘッドにハンチング帽の金ピカの歯をもつ人とか、土方の親分とか、見た目にインパクトのある人々がやってきました。
「土地を測らせろ」となにやら計測機械をもってきてます。
うちは測量士からも止められているので測ってくれるなと言いました。
そこからまた言った言わないの話になり、いくらこちらが説明しても聞く耳がなさそうです。
隣の家は借地なので、こういう事は地主に言うべき立場で、
隣の家が主張する事は、地主しか言えないような事なんです。っていうのも理解してもらえない。
もの別れに終わったあと、また行ってみると、建築確認のプレート板を見ているので、そこに私は立ってました。どうやらまた工務店に電話して工事差し止めを要求しようとしてたようです。
そのまま立っていると、隣の家の土方の親分らしい長男が私に話しかけてきました。
最初は「いざこざはいやですよねぇー」と、おだやかに話出しました。
そのうち、いざこざはイヤだから隣の家の言う境界線にしろ、というのです。
道理があってないので、測量士や一般の人の考え方を伝えると、
「じゃぁうちは工事のトラックが入れないように道路に車を止めておくことだって、張り紙することだってできるんだ」と脅しともとれるような発言をききました。
それは一番うちにとっても怖いことです。母が一番恐れていることでした。
しかしこんなのに屈していいわけがない。
だいたい道路に車を止めておいていいのか?警察に確かめに行きました。
警察にはあまり良い印象がないのですが、母が必死に訴えると生活安全課の人を出してくれました。
路駐は5分で取り締まりができる。嫌がらせがあったら呼んでくれ。だから工事を進めても良い。
とのことでその日は少し安心して家に帰りました。

次の日に工務店と建築家に工事を進めてほしいと伝えると「紛争が解決しないとできない」というのです。
困りました。
とにかく現状の土地を同じ測量士に確認してもらうことになりました。

そして一昨日、地主手配の測量士に確認してもらったら間違っていることが判明。
測量士曰く、杭の入れる位置を間違えた。
しかしよーく考えると、杭の入れる位置で確認している私たち。
杭の入れる位置ではなく、登記している図面の長さが違うんじゃないの?
登記簿上より実測は長いのだ。
測量士側は杭の位置を変えれば穏便に済むのでそれで終わりにしたいらしい。
みえみえだ。
この前打ち合わせした時とあきらかに対応が違う。

これはまた新たな問題。隣が言ってる問題と別の問題だ。

とにかく隣の問題は、測量事務所から地主を動かして地主から隣を説得するよう伝えた。

この新たな問題、うちは杭の位置を決めるときに譲歩して図面上1坪少なくなっている。
その上また譲るべきなのかどうか悩み中。
こういう悩みはどんどんはまっていくのでバイクの事を考えて逃避中。
でも頭の中しっちゃかめっちゃかです。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

土地境界線

2006年04月28日

今さら隣の家の家族が土地境界線の杭にクレームをつけてきた。
うちと話し合った時の場所に杭が打ち込まれてないというのだ。
当然だけど、うちがもっと狭く、隣の家がもっと広いという地点だというのだ。

詳しいことは書かないが、どう見ても、誰に聞いても、うちの土地に関する書類や杭は不備がなく、相手は訴える権利もない。
もともと土地は両者とも地主に借りていて、地主に聞いてもその書類は正当なものだという。
しかも土地の借り主はその家族のお爺さんで、家族には権利がなく、当事者ではない。
それをお爺さんが呆けてたんだと言ってこれられても、そんな呆けてる人に権利を持たせたのか?今でもとても呆けているようには思えない人だ。勝手にぼけ老人にされたかわいそうなお爺さん。
迷惑なのが、そのクレームをうちの工事の建築家・施工業者に工事を止めろと直接言ってきてる点だ。おかげでゴールデンウィーク前の工事が止まり2週間も工期が遅れた。
もしかしたらうちが本当に悪かったりして、クレームに対して状況を確認せねばならなかったので仕方ない。
隣は地主に土地を借りてるわけで、杭に対しては地主も同席のもとで取り決めたもの。
杭にクレームがあるなら地主に言うのが筋だ。

これは境界杭が決まっていく過程へのクレーム。しかし、すでに確定してしまった物に対して覆すことは容易ではない。
でもクレームは続く。
断固とした強い意志ではね除けなければならないのだが、やっぱり女性はこういうのに向いてない。
女性差別というのではなくて、もともと構造が違うのだからしょうがない気がする。
でもがんばらねば。こうやって頑固になってくのが嫌だなぁー。
土地持つって大変だ。

ということで更新がおろそかになっております(泣)

0605swallows.JPG

つばめが2匹飛んでた。写真は飛んでないけど見えるかな…もうすぐ5月だね。
by yumuy at 12:09 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *

地盤改良工事*01

2006年04月18日

landre02.JPGlandre03.JPGlandre04.JPG
どでかい機械が狭い敷地に入ってます!びっくりです。
by yumuy at 16:04 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

地盤改良工事*00

2006年04月15日

landre01.JPG月曜日から地盤改良工事が入ることになりました。
やっと再び動き出します。


地盤改良にもいろいろなやり方があるそうです。
うちは浅めの5mのところまで改良すればOKとのこと。
コンクリの5mほどの支柱を埋める、正しくは穴を掘ってコンクリを流す工事になりました。
その流す位置が印ししてありました。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

モエ・エ・シャンドン

2006年03月13日

それはQueenのkiller queenの歌詞で聞いたことがある。
建築家の長洲さんが地鎮祭の時に持って来てもらったのは日本酒ではなく、シャンパンだった。酒が飲めない私に配慮してくれた。
のに。。。
父ちゃんは箱があるとなんでも開けてしまう。
私が不在の時に当然のように箱をあけてた。
シャンパンの口はワイヤーで縛られている。たぶんワイヤーが気に入ったんだろう。
いじってたら「パンッ!」っていって開いてしまったらしい…その後はシャンパンシャワー泡泡泡…あーあ。
昨日の午後4時のこと。まだ明るいじゃん…
でも父ちゃん驚いたろうなぁー。心臓止まんなくて良かった。
moetchandon.JPG

by yumuy at 18:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

稲城のS邸

2006年03月12日

麻子さんの甥っこさんの友人の坂本さんという方のオープンハウスに行かせてもらいました。
ちょっと遅くなっちゃって家を出たのが1時。2時待ち合わせ…ちょっと間に合うか微妙でしたが、稲城大橋までなんとか辿り着いて電話できた…。はぁ〜良かった。
inagiStei01.JPG

坂本さんは若い建具職人。斬新なアイディアの建具がいっぱいあった。

障子の作りはすべて木わくの外を和紙で覆ってしまい、樹脂のようなものでコーティングされている。取っても丸三つでかわいい。
inagiStei02.JPGinagiStei03.JPG
実は障子はうちも作ろうと思っておった。水張りが得意なのでそのくらいはできると思う。1フロア壁がないので障子のようなもので仕切ろうと思ってた。なにも薄い和紙じゃなくてもいいので絵でも描けるようにしようかと思ってたんだ。まぁ暇ができたらやろうと思う。
inagiStei04.JPGinagiStei05.JPG

inagiStei06.JPG

玄関の扉も立派だが網戸はおもしろい!
寒冷紗のような透けたガーゼのような素材を木わくに貼ってある。
inagiStei07.JPGinagiStei08.JPG
家の中のドアはどれも引き戸で吊り戸。吊り戸は床に溝を掘らなくていいからとってもうらやましい。
inagiStei09.JPG

inagiStei10.JPGinagiStei11.JPG
1F2Fで113�А�
構造は中にコンクリートの柱を建てて、強度はそこでもたせている。
階段部分が家の中心にあり、その左右に1部屋ずつ。
階段の障子の窓がそれぞれの部屋を区切り、開けるとつながる。
inagiStei12.JPGinagiStei13.JPGinagiStei14.JPG
1Fの階段下にバストイレ。
inagiStei15.JPGinagiStei16.JPGinagiStei17.JPG
2Fの片方の部屋にキッチン。キッチンも造作で水切り台が広くていいなぁ。
その上の収納は後ろからのライトアップがきれい。
収納もたっぷり。うーん…いいなぁ。
窓もペアガラス。いいなぁ。

お金があればなんでもできるが、金がないので贅沢は言ってられん。
我慢するところは我慢せねば。
必要なところは出すけどね。

うちのコンセプトは、白いキャンバスのような箱だから中身は何にもない。作っていくことが楽しい家にするんだ。(たぶん)
by yumuy at 14:00 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | casa* | *

地鎮祭

2006年03月11日

ようやく地鎮祭となりました。
ここまで辿りつけたのもひとえに皆様のおかげでございます。
しかしこれが始まり。
スタート地点に立てた喜びもありますが、気を引き締め直し最後までやりとげられるようがんばります。
引き続きお力をお貸しいただくと思いますので、よろしくおねがいいたします。

という、施主の気持ちになりました。
11:45から地鎮祭ということでしたが、11時頃から神主さんが祭壇を設置してくれて用意をしてくれました。四方に斎竹(イミダケ)を立て、しめ縄を張り紙垂を下げます。祭壇に神饌(シンセン)の米・塩・山の幸・海の幸・畑の幸を飾り、お神酒をお供えします。これらは神主さんが全部用意してくれました。
そのうち、建築家の長洲さん・金さん、施行の協和さんの多田さん・高橋さん、父の知り合いの小原さん達がいらしてくれました。
地鎮祭が始まると、施主の私は白い上着を着せられました。施主という実感とともに、責任の重さが肩にのしかかる感じがしました。

jichinsai01.JPG

▼修祓(しゅばつ)
参列者全員がお払いを受けます。
▼降神(こうしん)
神主さんが祝詞を上げると神様が降りてくるらしい…
何度もおじぎをします、神主さんがその都度教えてくれます。
▼四方祓
神棚にあった小箱を施主の私に渡されました。その中には紙吹雪みたいな紙と米と塩?が入ってました。敷地の四隅・盛砂の5箇所に、神主さんがお払いをしてそのあと私がその小箱のなかのものを「左・右・左」にまきます。
▼鍬入れ
「苅初(かりぞめ)の儀」で設計者が鎌(カマ)
「穿初(うがちぞめ)の儀」で施主が鍬(クワ)、施工者が鋤(スキ)の順で盛砂を3回「えいっ、えいっ、えいっ」っと言いながら盛砂に「左・右・左」と作業をする仕草をします。
▼鎮物(シズメモノ)
土地の神様へ埋納するお供えものをいただきます。これは施工者に渡されました。
同時に上棟の時に家にお供えするものもいただきました。
これは建つまで神棚に置いておき、建ったら一番高い所の南か東に置いておくものと教わります。
▼串奉奠(たまぐしほうてん)
榊に紙垂をつけたものを一人一人神前に奉り拝礼します。
▼撤饌(てっせん)昇神(しょうしん)
いつやってたんだかわからないけれど、お食事を下げて、お招きした神様をお送りしたらしい…
▼直会(なおらい)
神様へのお供え物のお神酒を神主さんと参列者でいただきました。

30分くらいで終わりました。
そのあと皆様に仕出し弁当を振る舞いました。
春風の中お外でみんなで食べておいしかったです。

しかーし!地盤調査であんまし芳しくない結果が告げられた。
関東ローム層がなくなって、そこに違う軟弱な土砂が入ってるらしい…
地盤改良が必要だけど、これからその施策を練るという…。
いくらかかるんだろう?

まぁ今までが今までなので早く建たなくてもいいから確実に建てたい。
気を引き締めなければ!


jichinsai02.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

地盤調査

2006年03月07日

朝見ると、荷物を一杯載せたトラックが一台とまってる。
もしや…
Ricerca01.JPG Ricerca02.JPG
そう、やっと地盤調査が入った。
帰ってきたら、ボーリングするための機械がそびえ立ってた。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

電信柱が立ってる

2006年03月04日

land04.JPGいつの間にか電気を供給するブレーカーのようなものが立ってた。
今日は天気が良いので、何もない土地に布団を干しました。
熱で出た大量の汗を吸って湿気てたのがふかふか。

by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

申告

2006年02月28日

大分、楽になりました。がインフルエンザなので会社は休みをいただきました。

しかし、
確定申告しなきゃいけないし、
生前贈与の申告をどーするか決めなきゃいけないし、
所得税の猶予届けしなきゃならんし、
地鎮祭をどーするか決めなきゃいけないし、

国の税金関係ってなぜこんなにややこしいのだ!?
税理士業務は栄えるけど、国民全体に税金理解しやすくした方がいいんじゃないのか?分かりにく過ぎ!

この歳になるとしっかりしなきゃいけないということなのか…
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

施主

2006年02月25日

land03.jpg
施主です。
工事中の札がかかげられました。
良くみると施主が私になってる!
こうして実際に書かれると責任と重圧と少し恥ずかしい感じがします。
land02.jpgland01.jpg
実際に上物がなくなって土地だけになると狭く感じると建築家の人に言われたけど、狭いなぁ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

HDなおる!

2006年02月16日

体はノロウィルスのせいでボロボロですが、だいぶ楽になってきました。

体はまだ復活途中ですが、別に復活したものがありました。

2年半前の火事の時、ダメかと思ったMacは生きていた。
でも内臓させていたHDが認識されなくなって、いっくらつなぎ直してもだめだったので捨てようと思いつつ保管しておいた。
別に大したものも入ってないと思っていたけれど、
火事で作品のポジや実物がでんでバラバラになってしまい、
そういえばこのHDに就活の時にスキャンして入れておいたんだった!と思いだした。
ダメでもともと、つないでみた。…ら!認識してくれた〜!!
screenshotHD.jpg
ありがとーMac。君は最高さ!

ということで良く見たら2年半前の画像などなどがいろいろ入ってた。
その中のQちゃんの写真。
Qchan01.jpg
火事で召されてしまったQちゃんは天国で朝でも「コンバンワ」って言ってるんだろうな。

携帯デジカメも電源入れ直したら直った。
HDも携帯デジカメも終わる予感がするので新しくせねば…
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

つらら

2006年02月05日

外から2Fの部屋の窓をみると、きらきらしたものがぶらさがっている。
もしかして、つらら?
でもなんであんなところにつららが?

窓から取り出してみると、確かにつららだった。
ghiacciolo1.jpgghiacciolo2.jpg
もともとここの窓だけ結露が酷い。
最近わかったのだけれど、ここだけ出窓で外気が当たりやすく、冷たい外気と部屋の温度差が激しくて結露してる。

出窓→冷たい風がよくあたる→結露発生→水が滴る→冷たい風にあたる→つららができる
結露は問題だけど、つららはきれいだ。


ocasa02051.JPG
解体の後を見に行った。
ocasa02052.JPGocasa02053.JPGocasa02054.JPG
うーん晴れ晴れだ。
土は結構フワフワ。
関東ローム層、頼むぞ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*12 完工

2006年02月04日

解体最終日なので持ってってもらいたい物を倉庫から出す。
もちろん父には内緒。
ちょうど良く仕事は部屋での鑞切りなので、倉庫にGO!
いらない鉄を中心に引き取ってもらった。
また倉庫がぐちゃぐちゃになっていたので整理する。

そして夕方。
解体が終わった。今までが大変だったので晴れ晴れした感じだ。
0(ゼロ)っていいな。
スタート地点に立てた、これからだね。
ocasa02041.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*11

2006年02月03日

ocasa02031.JPG ocasa02032.JPG
地面のコンクリートの解体に入ってる。
結構ご近所に音が響いてることだろう。お騒がせしております…

昔、隣のおじいちゃんがうちとの境界線代わりに持ってきた大きな石がある。
うちの地所にも入ってるからどうにかしてほしいと数度交渉に行ったら、逆に「そちらが勝手に動かしたんだから…」みたいな事を言われた。
まぁ、うちの父ちゃんが結構身勝手な事をしてたから守り石代わりに石の目印を置きたかったのはわかるけれど、そっちが勝手においたんだからどうにかしてほしいなぁ。と思うのは普通だよなぁ。

ということで解体業者に持ってってもらうことになりました。
今回お願いした阿賀野商事さんはかなり親切で気持ち良く仕事をしてもらってます。
明日が完工予定。
by yumuy at 13:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*10

2006年02月02日

ocasa02021.JPG
昨日との違いは大きな鉄筋がなくなっている。
駐車場に出しておいた鉄筋も持って行ってもらった。
あー良かった。。。
今日は晴れたから作業も昨日よりはいいかな。
おつかれさまです。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*09

2006年02月01日

ocasa02011.JPG ocasa02012.JPG
壁がない。
今日は雨、
寒い中、作業員の方達に御苦労おかけしますが、よろしくです。
by yumuy at 15:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*08

2006年01月31日

ocasa01311.JPG ocasa01312.JPG
正面がなくなってる。
この重機はtakeさんが川内村で使ってるのと同じ大きさだ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*07

2006年01月30日

ocasa01301.JPG
さて今日から重機がはいるという。
帰ってきたらなくなってるのかなぁ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*06

2006年01月29日

ocasa01291.JPG
2Fがない"っ
ocasa01292.JPG
階段で2Fにあがってみる。
2F正面の壁が内側に倒れて窓の面影が残ってる。
月曜からは重機が入るそうだ。
ocasa01293.JPGocasa01294.JPGocasa01295.JPG
父ちゃん、砂袋が心配で心配でたまらない。
40袋程の砂を入れた袋。
心配なので駐車場に持って行くと言い出した。
手伝っても後から後から大変なことになるので、やらせておく。
ocasa01296.JPGocasa01297.JPG
そして昨日の夜に持ち出した倉庫の大量のゴミ。
これだけ持ち出すのも大変な作業。
ブルーシートで隠しているが、見つからないかヒヤヒヤだ。
soco01291.JPG
ちょっと時間があったので、久しぶりに水張りをしてみた。
01291.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*05

2006年01月28日

ocasa01282.JPG
あ"ー。
屋根がない。
しかもトラックが入ってるっ…。
ocasa01281.JPG
今日は解体屋がいなくなる前に、
処分しなければならないのを集めておかねばならない。
父ちゃんにバレると捨てられないのでコッソリと。

父ちゃんは倉庫に行っている。
倉庫もゴミ溜のようにしてしまった父ちゃん。
soco01281.JPG
ベビーバスなんていらんだろうよ。
こんなプラスチックバケツを何個も取っておいてある。
しかし父ちゃんがいるので捨てられない。
soco01282.JPGsoco01283.JPG
鬼の居ぬ間に駐車場の荷物を。
こっちは解体業者の人に父ちゃんが頼んで工場から持ってきた荷物だからかなり重い。
soco01284.JPGsoco01285.JPG
H鋼も鉄芯もいらないし、
父ちゃん自体が持てないのになんで取っておくんだ!
家の裏側にあったのでえらい苦労して出しておく。
砂は近くの駐車場に捨てる。土嚢のように一つ一つが重たい。
木材は駐車場に持って行ってバレないようにブルーシートで隠す。
なぜにこんなに重い物を整理するのにコソコソやらねばならんのだ!
まだアルミの枠も満載であるけれど、これは地金屋に売れるのでこの次だ。
ヘトヘトの母ちゃんだ。

そして夜になり、父ちゃんが寝静まる頃を見計らい夜逃げ…ではなく倉庫の荷物片付け。父ちゃんお願いだから寝ててくれ。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*04

2006年01月27日

ocasa01271.JPG
屋根裏が壊された。
外された窓から薄いトタン屋根がみえる。
2Fの床も一部はずされている。
ocasa01272.JPGocasa01273.JPGocasa01274.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*03

2006年01月26日

ocasa01261.JPG
横に保護用幌がついた。
ocasa01262.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*02

2006年01月25日

ocasa01251.JPG
初日は内部の持っていけるものを持っていった。
2日目は足場を組む。ガラス窓を外す。
ocasa01252.JPG
廃屋って感じ。
ocasa01253.JPGocasa01254.JPGocasa01255.JPG
倉庫に行ってみたらばゴミのようなものが持っていかれてた。
父ちゃんに見つからないように処分せねば…
でっかい材木…どうしよう。
by yumuy at 16:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体*01

2006年01月23日

ocasa01231.jpg
解体の最初の日。
解体っていうのはちょっと寂しい気分だけれど、
今までの苦労の結晶なので
La casa e rotta !
ということでしょうか。ちょっとイタリア語にすると陽気?

会社から帰ってきたら…
解体屋の人々に手伝ってもらって、
捨てたいと思ってた大木などすべて倉庫に運ばれていた…
父ちゃんのわがままが炸裂したのだった。
これで倉庫は足の踏み場もなく、バイクも外に出せない状態だろう…
その晩はうなされる父ちゃんでした。
新しい家は狭くなるし、母と私が引越ししなければならないから
今、対策しておかないとまた母も私も壊れてしまう。うーん…
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

布団干し

2006年01月15日

解体しちゃうと布団をまとめて干すことができないので
布団・洗濯物を屋上に干す。布団3組・洗濯機3回まわす…
うーん…これが限界か…
時間がもう2時、お昼作るぞ…とカチカチのフランスパンを見つける。
このフランスパンを処理すべきか、他の簡単な料理を見つけるか…
もったいないお化けが出たので、前者にする。
フレンチトーストじゃ。と冷蔵庫を見るが卵がない!
うーぬ…チーズと牛乳しかない…
牛乳を浸して焼いてちょっと固めのホワイトソースを作ってほうれん草炒めて、トーストグラタン風にした。
牛乳に浸すとフランスパンって元にもどるんだなぁと、半ば実験。
0601151.JPG
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

最後の荷物

2006年01月14日

なんだか空気が生温かい。
路川さんが来てくれて解体へ向け最後の大片付け。
しかし午後から本格的な雨で早めに切り上げました。

いろいろ残ちゃったけど、私には捨てていいものにしか見えない、
古材やら、鉄くずやらでそのまま解体でいいかなと思ってる。
しかし父は全部運ぶ!と言い出した。
またか…どうやってなだめよう?
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

解体契約

2006年01月12日

家の工房の片づけもやっとメドがついた。
はぁー重かった。
しかしまた倉庫から新しい建物に引越ししなきゃならないと考えると…また背骨がいたくなっちゃうよ。

と先の事はおいておいて、
解体の契約をしました。
ICDが渋谷に移転。
渋谷の事務所で解体業者さんと契約をして23日から解体となりました。
2週間で完工、2/4で解体完了。

阿賀野商事
http://www2.gol.com/users/agano/
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

あけまして!

2006年01月01日

今年の目標
★家を建てる
★トライアルをまじめにやる(一回はツートラに出てみる)
★内緒(言っちゃうとやらなくなっちゃうから)
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *

すがもの家:契約!

2005年12月20日

やっっっっと、契約しました。

長洲さんという建築家の事務所に駆け込んだのが、2年前の冬。
http://www33.ocn.ne.jp/~icdtky/

「建築家の自邸」というmookで見た長洲さんの家の考え方。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870998610/250-2993084-2715469
うちらの価値観がその考え方に一番近かった。

それに加えて設計事務所が要町にあるという。
しかも要町の「熊谷守一美術館」にあった。
こちらの事は後日ブログってみたいと思います★

なんかかんか、いろいろつながりがあるかも…と思い引き寄せられて、いろいろ調べつくしたけれど、やっぱり価値観が似ている人に作ってほしい。その想いで事務所に駆け込んだ。

そこから保険屋とのやり取りで金額やっと決まり。
借地組み合いや税理士や弁護氏やらのやりとり。
地主との交渉が約1年半。やっと土地が購入できた。
矢先に父ちゃんの心不全入院。相続問題。
それに2年間が使われてしまった。

その2年間の間に設計をストップさせていたわけではなく、
いろいろとつめていた。
最初はこちらの要望を出しつくし、
それに加えてどんな外観にするかモックが何個もできあがり、
方向性をきめた。
が、見積もりがあわず、数百万がでてしまった。
こりゃ方向転換しなきゃならなくなったりしたけれど、
工務店を探しまくってなんとか路線は転換せずに収めることになった。
設計の事もまた後日★

紆余曲折を経て、やっと契約となりました。
契約場所として長洲さんのお宅へ訪問。casanagasu01.JPGcasanagasu02.JPG
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/html/housou/03/031122.html
http://allabout.co.jp/house/architect/closeup/CU20031215/
全面ガラス張りの家です。
とっても整理されててショールームみたい。
詳しくはリンクページを。
こんな家で暮らすの?って思われるかもしれませんが、
その中にはこだわりがいっぱい。
こだわる、その人らしい暮らしが建物にありました。
うちもそんな建物にしたいし。
きっと父ちゃんがこだわりがつよいのでそんな風になっちゃうだろうな。

ちなみに工務店は協和建物
http://www.asyc.co.jp/kyowa/kaisyagaiyo.htm
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | casa* | *