2008イーハトーブclassic 2

2008年09月04日

08ihatove120.JPG

day3/4[race day 2]
5時起床。朝から大雨。全然やみそうにない。仕方ない。
ごはんもりもり食べて、
ウェアに着替えて、びしょ濡れブーツを履く(;_;)ツメタイ…。
車検を通すため、ブレーキランプを直さねば。
替球をたかべさんにいただいたが、ちゃんとはまらなかったら大事だ。
幸いなことに、はまった。ヨカッタ。
ホーンもならなかったけれど、そんな時のために持って来た防犯ブザーが活躍。ヨカッタ。
、けれど隣で修理をしていたshirkoさんのバイクが深刻そう。
ヘーさんがなんとか直した。。。
レギュレーターが壊れてるらしく電装系が逝っちゃうらしい。
しかーし!shirkoさんがエンジンかけた瞬間、最期の光をはなって、二度とつかなくなってしまった。車検10分前。もうどうにもならない…
本当に悔しそうだけど、結局車検に通らなくても一緒に走れるってんで、はんぶんはヨカッタ。
と、そんなこんなの電装系トラブル。
雨水の時は電装系が逝っちゃう!肝に命じておこう。

雨の中、スタート。天気はどうしようもない。とにかく完走目指さねば。
昨日と同じでどんどん行く。
雨でぬかるんでるせいか、昨日より移動区間が大変だった。
はじめてスタンディングが嫌になる。
EDレースで3時間、立ち続けても全然苦にならなかったのに、
ふくらはぎがパンパンで、立つのが嫌になった。

08ihatove121.JPG写真を撮る余裕ありません。
景色は…空は真っ白。大地だけが色々と変化してます。
牧草〜沢〜林道〜獣道〜溶岩石〜丸太。。。
きっと晴れてたら、すごい景色が広がってたんだろうなぁ。
いろんな景色の変化を楽しめるクラシック。
婆さんになったら風景画を描こうかなと思ったり。
ここらへんから肉体的にしんどかったみたいで…あんまり覚えてません。
そしてこの後、本当に記憶がぶっとびます。

しんどい山道を抜けて、やっとお昼。
ランチポイントで、なぜか先についてたshirkoさんチーム。
ヘーさんのSY、エアクリボックスの雨水がキャブに流れ込んで、止まっちゃうマシントラブルでバックマーカーから舗装を通るように言われ先に到着。
食事をして、再びスタートし、しばらくは一緒に走り、山道を抜けたところで、やっぱりヘーさんのSYがイマイチってことで、我らは先を急ぐ事に。
そしてまた林道…までは覚えてる。


同じようにトラ車でツートラをしている私。
同じように山道を走ってる。
獣道だ。
一緒に回ってた人が転けたので、助けたりした。。
楽しく走ってる。(実は夢の中)

フッ…といきなり場面が変わって、目の前にトウモロコシをぱくつくshirkoさん。
奥は壁のヒルクライム。
トレックかーちゃんが「もうバイクに乗らないでね!」って声が聞こえた瞬間、
私「なんで〜!?」と正気に戻る。
記憶喪失事件。(下記記事参照)

バイクには乗れるので、守られつつバイクでゴール七時雨を目指すことになる。
そして無事ゴール。
だけど喜んでる暇がない。夜になってしまい暗くて寒くて、喜ぶ雰囲気ではない。
一日中ずぶ濡れ、早く乾いた服を着たい!宿でホッとしたい!
焦る気持ちと裏腹に、トランポが雨の牧草地でスタックだ。牽引されてようやく脱出。
ふへ〜。

宿に到着すると、宿のおかみさんが待っててくれた。
「大丈夫だった?!よく無事でまぁ!早くお風呂に入りなさい」
あ〜うれしーうれしーお風呂だ〜♪生き返る。
夜は疲れ果てて、頭痛くて、即就寝。

day4/4[イーハトーブ・バイバイ]
08ihatove122.JPG7時起床。すがすがしく曇り。
こんな天気で走れれば…と心残り。
イーハトーブが終わったペンション街はとても静か。
ゆっくり朝食をいただいて、お世話になったウィングライトを後にする。

二日間水浸し。水着来てれば良かったと思うくらい。
この頃、パンツびしょ濡ればっかで女捨ててるよ…トホホ。
どろんどろんの洗濯物の山だ。目を覆いたい…。


それでも来年もリベンジしたい!
気持ち良いイーハトーブを体験したい!
練習してもうちょっと上手くなろっ。
by yumuy at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>trial | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック