外科 v.s. 整形

2015年12月11日

いちはら病院へ到着すると、
すぐ先生は見てくれた。

病巣を見たくない私は顔をそらす。
「これは、もう爪は使えないかもしれないなぁ」
「爪は最近じゃ取らないんだけどねぇ」
「骨に異常がないか調べるから、レントゲンね」
「レントゲン技師を呼んでるからちょっと待合室で待ってて」

と、
待つ事20分。
包帯のまま、撮影。

わざわざこの為にだけ来てくれたレントゲン技師の方へ感謝をお伝えし、
現像を待つ。

絶対何ともないと思う(このぶつけ方、痛みは違う!)と
思った通り、骨は異常なし。
腱も、指が曲がるので異常なし。

傷口を縫うのかと思いきや、
そのままガーゼ巻いて、
「血がにじんでくるかもしれないけど、このままで居て」
「お風呂はシャワーね、幹部濡らさないようにしてね」

その間中もやさしいかわいい看護婦さんが寄り添ってくれて、
心配そうな私を気づかってくれた。
なんて良い人なんだー。

もう今後は外で怪我したら、絶対「整形外科」!
外科の救急なんて行かないぞ!!
真壁で怪我したら「いちはら病院!」もう決めた。

金がない私はQちゃんのバイト代からお借りした。
会計士がいないから預かり金5000円。
また行かねば!

Qちゃんも疲れてるのにずっと待ってくれてて、
結局9時前。
Qちゃんは、仮眠して帰ると。そこまで付き合ってくれてありがとう(T T)

私はちょっぱやで帰る。

そりゃ痛いけど、そこまで酷くない。
麻酔が聞いている今日中に洗車してしまいたい。
片付けしてしまいたい。
洗濯してしまいたい!

ということで、すべて終了して、深夜0時。

明日の仕事より、我が身!
撮影だったけど、午前半休をもらって、東京の病院に行く事にした。

痛くて寝れない夜…。
by yumuy at 18:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>*…* | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック