弱点発覚

2016年06月06日

午後一発目のセクションは、
下りキャンバーターン上り〜すぐステア〜曲がって岩下りる〜土埃ふわっふわの上り。

まず下りキャンバーターンからの登り始めた後のステア。
微妙なクラッチワークをしないと、すぐ滑る。
ここで初めてクラッチ操作を自分でやってる認識が出た。
じわーっと丁寧につなぐって、してなかったかも。
左手の感覚が脳に伝わる。
そこからのステア。

だけど、行けたり行けなかったり。
これは曲がる、「まっすぐ立て直し」てからステアに臨まず、
曲がりつつステアに行ってしまっているから。とショータ先生。

自分の悪い癖だ。
一つ一つの動作をきっちりやってない。耳痛っ。

その後のターンからのふかふか登りはきっちり膝を入れればいけるかなっ?って感じでだけど、
かならず足がでる。
くっそー。
このセクションは放課後の課題だ。

次のセクションはターン、ターンからのステア。
最初はビビって全然行けなかったステアだけど、
徐々に行け出す。
ターンは得意なのか?サクサク行けちゃうので、課題はステア。
もうちょっときっちりばっちり、ただステアを越えるのではなく、
点で狙っていきたい。

そして時間があまったので、もう一つ。
登り〜ステア、岩ゴロゴロ、最後までストレートで抜ける。

見た目やばそうなセクションだけど、行く。

ここでかなり究極的な弱点発覚!

結構な登りなので、2速に入れるか1速のままか迷う。

1速だと安定してトライできるけど、スムーズではない。
ぎくしゃくしてしまう。

2速だと急に失速したり、速さについていけなかったり、
トルクが弱く感じたり、まったく上手く使えない。
フロント上げられなくなったりもするくらい使えない。
大会でもそうだった。
なので普段もうーたんは1速しか使えない。

そこでショータ先生に聞いてみた。
常時ほとんど2速。。。
125、250も。
ずーっと。

うっそーぉ!わお。。。

そういえばヨシローもそんなことを言っていた。。。

ということで、大改造計画発動。
しばらく2速固定。

最後は江原さんとクミちゃんや
朝がめっぽう弱い西田さん達に混ぜてもらい、
わいわい楽しく練習して終わりました。

終わってみて、
またショータ先生に教わりにいけるように練習するぞ〜。
by yumuy at 21:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | bike>school | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック