カラスとの戦い再び

2007年06月09日

家の裏は東大農学部の寮で、でっかい木がいっぱいある。
その木に毎年カラスが巣を作る。
火事になる前から、毎年5月〜7月くらいまでカラスとの激闘が繰り広げられていた。
3年越しで再び勃発。

070609karasu.JPG屋上に洗濯物を干していると、私のすぐ真横をスー!と通って行く物体。

カラスだ。

夫婦でこちらを伺っている。交互で攻撃してくるから頭脳戦でもある。


「カァ!」と言って怒っているが、私も「カァ〜!」と言って威嚇。
ある時は、洗車用ホースを振りかざし、
ある時は、フライパン叩いて鳴らしまくり。
そんな私を見て怒り爆発のカラスは、
木にとまって枝をくちばしで突っつき、かなり悔しそうだ。

巣の方向に近づいて行くと、当たり前だけどもっと怒る。
私は人質をとったように、カラスを睨む。
怒るカラス…

もうこのカラスに顔は覚えられてしまったので、
外出時も追っかけてくる。
負けねぇぞ〜怒


4年前は究極の作戦に出た。
寮の管理人さんに言って、巣ごと撤去!
それが、もう生まれちゃってて、子供ごとさらわれた。
巣も子供もいなくなってしまったカラスの夫婦はボー然と巣の周りを飛んでおりました。
今年もその作戦に出るか、悩んでいたんですが…

今年、東大の裏の職員の家々が全撤去。
野っぱらとなり、私の家の裏が巨大な庭のようになりました。
そこに枇杷の木があってわんさか実がなってます。
それをカラスが家の屋上で食い散らかすんです。

寮の管理人さんに母が電話。
普通は「迷惑だ!巣を撤去しろ!」っていうところでしょうが、、、
「カラスが巣をつくって襲われるんだけど…」を出汁にして
「カラスが食べてておいしそうな枇杷を穫っても良い?」を付け加え。
070609biwa.JPG

毎日おいしくいただいております。。。
カラスとの戦いは続きますが、究極の手は今年はナシかな。
でもカラス!負けないぞ。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | vita | *
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック