潰れそうになって悩む

2007年12月22日

あと一つ、やりのこしていることがある。
どうしようか悩ましい。

父の妹さん、おばさんが長野に一人で住んでいる。
もちろん父がなくなったことを知らせたのだけれども、お葬式には来れなかった。
おばさんは来たかったし、私達も来てほしかった。
何しろ父そっくり!昔から仲が良くて面白いおばさん。
是非お別れをしてほしかった。

来られなかった理由は痴呆症。
直近のことが覚えられない。一人で東京に来る事はできない。
何しろ、カレンダーに自分で書いた「巣鴨」の文字が、次に見た瞬間、なぜ巣鴨と書いたのかわからず、電話がかかってくる。
「巣鴨で何かあるの?」
答えて、電話を切って、数分後、またベルが鳴る…これの繰り返し。
でもすごく父と仲が良かったので、どーしてもお別れをしてほしい。

東京に住む大手企業に努めるおばさんの息子さんに頼むが、盲腸で来られないという。
一体、何回盲腸になるんだ?という疑問は置いておく。

納骨は正月。
それに来てほしい。
でも迎えに行って、もう一度送らなければならない。となると長野へ2度の往復。
結構辛い…。
ループしてしまう会話と混乱を回避しながら来れるかも心配。
お金も…。ガソリン高くなっちゃったからなぁ。新幹線の方がいいかなぁ。
でも後悔したくないしな、がんばるか。
年末って道路は混んでますよね?
年始に長野かな…?
雪は大丈夫か?
と自分を追い込むと潰れちゃいそうになる。。。

弱いなぁ、自分。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | vita | *
この記事へのコメント
長野のどのあたりかわかりませんが、松本方面に行くとなると、タイヤチェーンは必携ですね。諏訪あたりまでだったら大丈夫かも。でもあのあたりでも天気次第では雪が積もるよ。無理しないほうがお互いのためだと思うけど。相手方のことも考えてね。
Posted by ben at 2007年12月22日 00:47
つぶされそうになったときは結構簡単。無理をしないことです。お別れも本人の気持ちの問題ですから。分からない事もかえって幸せだと思えばそれほど難しく考えなくてもいいかもしれませんよ。

目標:がんばらない!>うーたん
Posted by kubo at 2007年12月22日 01:13
みなさんありがとー。
勇気ある撤退も時には大事ですよね。
・・・
でもね。うーむ。

場所は長野市。
そうか…タイヤチェーンが必要か。もってないもんなー。
あとは電車かな、、、春を待った方が良いかな。

外見はかなり普通なの。でも忘れちゃうの。
わからないわけじゃないくて、忘れちゃうことに不安を覚えてる。
痴呆って接してみて始めて分かる事が沢山。
でも対処法はあまり知られてないし、知ってる人も少ないし、私自身途方にくれる。
本人は不安で不安でしょうがないみたい。

幸せ感が、私達のいる世界とは全然違う。
「その時が幸せだったらそれでいい。」これがミソ。
何事にも後悔したくない私には限りなく難しい幸せ感だったりする。。。
会得できるかな。
Posted by yumuy at 2007年12月22日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック