知ることの大切さ

2007年12月28日

知らなきゃ良かったと思う反面、知ることの大切さを考える。

ホリロが原子力反対で自給自足を考えて、自分も環境のことを考える。
突き詰めてしまうと、結局自分が生きてることって環境には害悪なんだと思う。
いくらがんばって環境の事を考えて行動しても、害悪にしかならない。
都会に住めば尚更、エネルギーを余計に使ってる。
もともとエコロジストではないけれど、そんなようなことを考えると自分がエセエコロジストに思えてしょうがない。
たぶん最終的には自殺してしまうかもしれない。生きてるかぎり無理だし破綻する。

でもyagiさんの言葉で救われた。
「バランスが大事。知って考えて行動すること。何事も楽しく。」

バイクで自然の中に入って楽しむことは、とても害悪。
環境破壊の何モノでもない。
でも、自然になにも興味が無かった私が、バイクに乗って森に入り、自然の素晴らしさに感動して大切さを知った。これもバイクのおかげで知る事ができた。
成田匠がトライアル選手権のコメントでそんな事を言ってたっけ。
その時は何を言ってんだか良く理解できなかった。
自然について考え、行動することは、知る前とは明らかに違う行動になってるはず。
その行動は続かなければ意味がなく、続けるには楽しくなきゃ続かない。
とにかく知ることは大切だと思います。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | vita | *
この記事へのコメント
人類が出現して以来、人類はずーと自然破壊し続けてきたからねー。ただそのスピードがここのところ半端なスピードじゃなくなっちゃったんだよね。自然の中で生きている人類が、生きるためにその自然を破壊し続ける。このパラドクスに誰もが悩んでいるわけです。程度問題なのか?どのあたりで自然と手を打つのか?yagiさんが言うようにバランスの問題ですよね。でもその按配が難しい。中国やインドの人々は、欧米や日本みたいな高エネルギーの生活を望んでいます。そんなのやめろって誰も言えないやね。どうする?
Posted by ben at 2007年12月28日 01:19
目の前に突きつけられた問題を無視しないで、ちゃんと考え・行動しようとは思います。
できるだけ。
できるだけってところがミソかもしれない。

仕事もほんとうに必要な仕事なのか、無理してとってきてないか、考えさせられます。
巨大になってしまった企業はどんどん要らぬ仕事をバカバカ食い続けなければならない。
社会で必要とされている仕事をやるとやりがいがあるもんだなぁ、と感じます。
‥ココに居てはいけない気がして来た。
Posted by yumuy at 2007年12月28日 23:10
廃棄物が処理できない原子力発電も賛成とは言いかねるんだけど、今主力の火力発電に比べればCO2排出量は格段に少ないという側面もあるんですな。水力発電も直接的な自然破壊につながってしまうこともあるし、今の電力量を賄えない。なーんてことを最近考えてました。

現在の社会で自然を破壊せずに生きていくなんて事はできないし、有る意味破壊されていってしまう事も自然な事なのだと思っています。ただ、少しだけこういった事を考えて行動に移す事は大事ですよね。
Posted by くぼ at 2007年12月29日 11:28
よく考えると、きづかないうち環境破壊やってしまってることだらけだね。
隠されてる秘密も多いだろうし。
破壊されていくのが今の地球の行く末なのは分かる気がします。
そしたら人類は住みづらくなるだけで、他の生物は住みやすくなるのかも。ってナウシカみたい。
とにかく少しでもやれるとはやりましょう。楽しくね。

家の照明をハロゲンから電球型蛍光灯にしたら驚き!
電気代が半額近くになった…。
一ヶ月分で電球型蛍光等の値段がまかなえた。
お店のショーウィンドーはすごい熱量なのだった。
Posted by yumuy at 2007年12月29日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック