成年後見人

2008年04月09日

おばちゃんは長野の一軒家に一人暮らし。
そして痴呆症。
ヘルパーさんが毎日1時間訪問。お昼と夜のお弁当を買って来てくれる。
お弁当だって野菜が少ない揚げ物が入った普通の弁当。
それだけ。
だけなのです。
父ちゃんの介護の時も思ったけれどヘルパーって思った程やってくれない。やれないのだ。
1時間じゃ、掃除・洗濯・料理のどれか一つやれるかやれないかで終わってしまう。
それだけであの料金を取ってるヘルパー派遣業社が許せんっ。
ほとんどがうちらの血税じゃん。(と若い素人の私は思う)
ヘルパーさんだって交通費はでないし、移動時間は報酬ないし、介護者がめまぐるしく変わったりするから把握できないし、なんだか上手いシステムになってない。
だからって私が何できるんだ?ってことですが…。

ヘルパーさん曰く、おばちゃんはもう一人暮らしはできないとのこと。
息子に相談しているがドタキャンされっぱなし。
で、今回もとうとう来なかった。

ヘルパーさんから事情を聞くと、
何度も鍋を焦がしていて危ないらしい。鍋に火をかけたことを忘れてしまうのだ。
ゴミも捨てるのを忘れてしまうし。
近所の人も怖がっているという。
かなり貯蓄はあって、有料老人ホームには入れるだけのお金があるとのこと。
でも決定権がある息子に連絡がつかないで、ここまで引きずってしまっている。
なので、息子のかわりに「成年後見人」を決めてこの状況を打開したいと。
その「成年後見人」になってほしいと言われた。
母ではなく血縁関係のある私にだ。
「成年後見人」?
調べてもよくわからない。
どういうものなのか知らないと危なそうだなぁ…。

何が危なそうって、、、息子と対決になってしまう気がする。
息子は会った事ないわけではないけれど、そんなに親しくない。
元電通マンの元博報堂勤め、現NEC勤務。ベンツを乗り回しかなり裕福そうだ。
お嫁さんは某有名建築事務所に勤務の建築家。
息子は嫁さんの両親の面倒を看ると豪語。
お嫁さんを紹介してほしいと親族はお願いしたが、3度もドタキャンされた。
それだけではない。
いろいろとあって親族カンカン、「あいつは身内じゃない」と言っている。
だからって親族はおばちゃんのことを面倒みれるわけでもない。

あたしってそういう役回りなのか?
父ちゃんに聞いたら、父ちゃんの母ちゃん、会った事ない婆ちゃんは
「娘が生まれたらいい子になる」と言って死んだらしいが、
そういういい子なのか!?
なるしかないのか…。むぅ。

と思ってたら…
ヘルパーさんから連絡あり。
息子に言ったら慌てて自分が面倒みる!と言って来た。
財産があると分かると人って変貌するよねぇ。
でも良い方に変貌するといいなぁ。
おばちゃんが良い人生を送れるようになればそれでいいんだからさ。





そして、一ヶ月経過。
また息子と連絡がつかなくなったらしく、
長野の社会保険事務所から連絡が。
「4/30までに息子から連絡がなかったら、成年後見人になってくれ」と。

成年後見人ってなんなの?
情報が少なすぎて判断できない。
by yumuy at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | vita | *
この記事へのコメント
大人だけど判断ができない状態の人につける、
子供で言う「保護者」のことだよ。
一般的には息子の仕事だねえ。

認知症には絶対的に介護者が必要。
老人だからなるんじゃなくて、年取るとなりやすい脳の病気だからね。
ほかの病気と同じように、治療と介護がしないといけない。
後見人になれば、病気のケアをする責任も、あれも、これも出てくるよね。
お母さんがいるんだし、自分の人生を、よくよく考えて決めてください。

医療に近しいところで仕事をしていると、高齢化がすごく気になる。
田舎はお年寄りばっかりだよ。
Posted by O里 at 2008年04月11日 07:52
制度について詳しくは知らないけど、なんか大変そうだよね…
住んでいる場所自体も全く違うから、なにかといっちゃー長野に行かなくてはならなくなったりしたら、それだけで大変そうな気がします。
息子さんから委任状を貰うとかで、事務手続きだけしてあげるとかは出来ないのかね?(それも変な話だけど)まぁ、出来ないからこそ、そういう話になっているんだろうけど…
Posted by さくな at 2008年04月11日 08:54
>O里さん >sakunaさん

なんかおかしいな?と感じてて、
言われてみてやっぱりおかしいと思ったよ。

私がやるべきことは、
まずは後見人になるんじゃなく、
息子を叩き起こす事だと気づきました。

私には父がいて、母がいて、その生活があって、きちんと責任は果たして行きたいと思ってる。その責任は義務だけじゃなく、自分の成長につながって、いろんな+要素を含んでる。成長した自分は強くなって、生きるのが楽しくなったりする。

その過程を、おばさんの息子から奪っていいものか、
おばさんの人生を考えたら、いやいやでも息子に看取ってもらうのが嬉しいんじゃないかと思います。
嫌だ嫌だも好きのうち。

確かに後見人制度、酷いです。
交通費も実費です。
時間報酬もなにもありません。
義務が発生して、何か問題が起こったら責任取らなきゃなりません。
たぶん、私の身を追いつめる。
追いつめられた私はおかしくなって、おばちゃんにも迷惑かけるでしょう。

とりあえず息子の住所はわかってるんで、首根っこ捕まえてテーブルにつかせます!!
Posted by yumuy at 2008年04月11日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?


コメント:

この記事へのトラックバック